News

2010年5月13日(木)

あの互助家族がPSPでよみがえる! 『家族計画』8月12日発売

文:電撃オンライン

『家族計画』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 サイバーフロントは、PSP用ソフト『家族計画』を8月12日に発売する。価格は通常版が5,040円、限定版が7,140円(各税込)。

『家族計画』 『家族計画』

 2001年にPCゲームブランド・D.O.から発売された同名作品を原作とするアドベンチャーゲームがPSPで登場。PSP版は、インターチャネルから発売されたPS2版の『家族計画~心の絆~』をベースとして、PSP向けに独自のアドベンチャーシステムを用いてリメイクされる。加えて、20点以上のグラフィック追加、演出の見直し、各種音声のリマスタリングも行われる。

 本作の主人公・司は天涯孤独。そんな司が、外国人の密入国者、家出娘、自殺願望を持つ女性など、“社会から冷たくされる者”たちとともに擬似家族を作って日々を過ごすストーリーだ。

 限定版には、ゲーム中のBGMやオープニング&エンディング曲を収録したサウンドトラックと、シナリオ担当・山田一さんによる作品解説入りの“攻略チャート&設定資料集”が付く。山田さんの作品解説は書き下ろしになるとのことだ。

■プロローグ

『家族計画』

 家族計画──それは赤の他人同士が生きるために結束する、互助計画。モラルも考えも嗜好も異なる、噛み合わない歯車のような彼らの行く末に、果たして幸福はあるのだろうか?

 王春花(ウォン・チュンファ)が、路地裏に隠れて身をひそめて2日。目的を持って日本に来たが、日本に来たところまでしか果たせないままだ。働かされていた店から逃げたのはいいものの、お金もなければ食料もない。そして。ちょっぴり幸せな夢を見た。

 バイト中の司が、ゴミを捨てに路地裏に出ると、そこに少女が行き倒れていた。第1発見者というだけで、店長に後始末を言いつけられ、とりあえず家に連れて帰ることにする。あの少女は、人間関係のトラブルの産物だ。そうに決まっている。巻き込まれたくないなら、捨てておけばよかったのに。「……俺の馬鹿」

『家族計画』 『家族計画』
『家族計画』 『家族計画』

■登場人物

『家族計画』 『家族計画』
▲高屋敷 春花(本名:王 春花)▲高屋敷 末莉(本名:河原 末莉)
『家族計画』 『家族計画』
▲高屋敷 準(本名:大河原 準)▲高屋敷 青葉
『家族計画』 『家族計画』
▲高屋敷 真純(本名:板倉 真純)▲高屋敷 寛(本名:広田 寛)
『家族計画』 『家族計画』
▲久美景▲劉 家輝(ラウ・カーフェイ)

(C)Contents Traffic, Inc./CYBERFRONT

データ

▼『家族計画』
■メーカー:サイバーフロント
■対応機種:PSP
■ジャンル:AVG
■発売日:2010年8月12日
■価格:通常版 5,040円/限定版 7,140円(各税込)
 
■『家族計画』通常版の購入はこちら
Amazon
 
■『家族計画』限定版の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。