News

2010年6月17日(木)

キャラで広がる戦略とエンディング! 新作S・RPG『ブルーローゼス』を紹介

文:電撃オンライン

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 日本一ソフトウェアは、PSP用ソフト『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~(以下、ブルーローゼス)』を9月16日に発売する。価格はUMD版が6,090円(税込)、ダウンロード版が4,800円(税込)。

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

 『ブルーローゼス』は、『サモンナイト』シリーズなどに携わってきたメンバーが集結した企画集団・アポロソフトと、日本一ソフトウェアがタッグを組んだシミュレーションRPG。ファンタジーな世界観のもと、妖精と人間の暮らすアウストレイル王国を舞台に、人間の魂や妖精を食らう異形・ファントムと、青い瞳を持つ戦士・ブルーローズとの戦いが描かれる。男女2人から主人公を選択することができ、どちらを選ぶかによって物語が変化。マルチエンディング制が採用されているのも特徴だ。

 第1報となる今回は、世界観やキャラクター、基本的なバトルシステムなど、ゲームの概要をお伝えしていく。

□■世界観■□

妖精と人が暮らすアウストレイル王国。
各地に存在する妖精が、世界に流れる魔力を管理することで均衡が保たれている世界。
しかし平穏な世界は、突然のファントムの増加によって脅かされる。
ファントムとは人間の魂、妖精を食らう異形の者だからだ。
この異変に対して、妖精を見る青い瞳をもつ戦士たち・ブルーローズが動き始める――

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』 『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』 『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

●世界に流れる魔力の均衡を保つ 妖精

 妖精たちは普段、森や泉に暮らし、各地に存在して魔力を制御する“妖精のほこら”を管理している。妖精のほこらを管理することで、世界の魔力の均衡を保つ妖精たち。彼らの姿は、妖精を見る青い瞳“ブルーローズ”をもつ人間にしか見ることができない。

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

●青い瞳を持つ戦士 ブルーローズ

 ブルーローズとは、妖精を見ることのできる青い瞳を持つ人間によって構成された貴族の集団のこと。彼らは、妖精の力を借りて人々を襲うファントムたちと戦い、市民の平和を守っている。組織には個性派ぞろいの若いメンバーが集まり、活気にあふれる。

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

●人々を襲う異形の者 ファントム

 ファントムは、人間の魂、妖精を食らう魔物。普段は妖精のほこらの浄化作用によって数を抑えられているが、最近突如増加し、人々を襲い始めるようになった。その変化には、何か原因があるようだが……。


■配達屋の少年と名家の少女、どちらを選ぶ?

 ここからは、キャラクター情報を掲載していく。キャラクターイラストは、『サモンナイト クラフトソード物語』でキャラクターデザインを手掛けた大塚真一郎さんと、イラストレーターのすーぱーぞんびさんが担当している。まずは、2人の主人公から紹介しよう。

ロシェ CV:梶裕貴アリシア CV:喜多村英梨
『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』 『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』
▲男主人公、17歳。配達屋として生計を立てている。一見クールな性格だが、心を許した相手には優しい一面も見せる。貴族にしか現れないはずの“妖精を見る青い瞳”を持ち、その力を使うことができる。▲女主人公、16歳。貴族の名家に生まれ、ブルーローズの見習い構成員として頑張る。明るく前向きな性格だが、やや無鉄砲。かわいらしいものや、買い物が好きという女の子らしい一面もある。

 性別も生い立ちも違う2人は、本編に入るきっかけとなるエピソードも違う。今回は、それぞれの主人公の導入部もお届け!

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

STORY~ロシェ~

下町で配達屋を営む少年・ロシェ。
彼は幼いころ、ファントムによって
両親を殺された過去を持っている。

ある日、街でいつものように、
配達屋の仕事をしていたロシェは、
街の中で人々を襲うファントムに遭遇する。

ファントムの凶行を目の当たりにした
ロシェは剣を握り、ファントムに立ち向かう。

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』
『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

STORY~アリシア~

意気揚々と街へ繰り出すアリシア。
今日は、彼女がブルーローズの構成員として
初めて任務に向かう日。

街を巡回するアリシアと、教育係のマリウス。
パトロールしていた2人は、
ファントムに襲われている少女を発見する。

そして物語は、
1人の少女を助けるところから始まる。

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』

→続いてはブルーローズの面々や仲間となる妖精たちを紹介!(2ページ目へ)

(C)2010 Nippon Ichi Software, Inc./APOLLOSOFT Inc.

1 2 3

データ

▼『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2010年9月16日
■価格:UMD版 6,090円(税込)/ダウンロード版 4,800円(税込)
 
■『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。