News

2010年6月25日(金)

頭をカラにしてみてほしい! 映画『宇宙ショーへようこそ』の舛成孝二監督が語る

文:電撃オンライン

 6月26日より新宿バルト9、シネ・リーブル池袋他でロードショーの劇場アニメーション『宇宙ショーへようこそ』。本作を手掛けた舛成孝二(ますなりこうじ)監督にインタビューを行った。

『宇宙ショーへようこそ』 『宇宙ショーへようこそ』

 映画『宇宙ショーへようこそ』は、5人の小学生と1匹の宇宙人が、宇宙を駆けめぐるSF冒険ファンタジー。監督を舛成孝二さんが、脚本を倉田英之さんが、キャラクターデザイン・作画監督を石浜真史さんが担当するなど、実力派スタッフが制作している。世界3大映画祭の1つ・ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門(Kplus)にノミネートされるなど、公開前より国内外で話題を呼んでいる作品だ。

 今回、『宇宙ショーへようこそ』のメインスタッフの1人、舛成孝二監督にインタビューを行った。本作が気になっている人、公開を心待ちにしている人はぜひご覧いただきたい。

『宇宙ショーへようこそ』
▲舛成監督は、『R.O.D』シリーズや『ココロ図書館』、『かみちゅ!』などを手掛けてきた。現在は、倉田さん、落越友則さんとともにアニメ制作集団・ベサメムーチョを立ち上げて活動中。

――まず、制作に至った経緯を教えてください。

 前作TVアニメ『かみちゅ!』が終わった後、ベサメムーチョのメンバーで「次に何をやろうか」と集ったんです。ご存知かもしれませんがボクら、『かみちゅ!』で賞をもらっちゃったんですね!

――はい(笑)。文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門優秀賞を授与されましたね。

 それでちょっと鼻が高くなっちゃって(笑)、「もしかしたら、今なら劇場をやらせてくれるんじゃない?」とか話していたんですね。そうしたら落越くん(プロデューサーの落越友則さん)が、「劇場、動かせますよ!」と言ってくれた。そこから、企画が動き出しましたね。

『宇宙ショーへようこそ』

――シナリオに1年、コンテに2年掛かったということですが、『かみちゅ!』のすぐ後から制作を始めたのですか?

 実は『かみちゅ!』が終わって3カ月くらいは、別の企画を動かしていたんですよ。それも劇場アニメだったけど、『宇宙ショーへようこそ』の前の企画ですね。プロット段階までやっていたんですが、ボクのほうで「これは無理だ」とストップをかけました。その後に、イチから新しいものを作り出して出来上がったのが『宇宙ショーへようこそ』のプロットです。

――本作は、舛成監督の初の劇場作品ですが、制作するうえでTVシリーズとの違いはどこにありましたか?

 圧倒的に労力が違いました(苦笑)。とにかく絵作りをするのが大変でした。そのぶん、いろいろな方に迷惑をおかけしてしまいましたが、無事に完成してよかったです。

『宇宙ショーへようこそ』

――神宮司さんをはじめとするさまざまなクリエイターが、場面ごとにプロダクションデザインを担当されていますが、このアイデアは監督から?

 シーンごとにスタッフ・プロダクションをばらすというのはボクのほうからの指示ですね。1つの惑星が舞台になっているのなら、1人のほうが雰囲気を全部作っていくのがいいと思うんですが、いろいろな場所にいき、いろいろな雰囲気を出したいと思っていた。できるだけ固定された設定ではなく、雑多な感じにしたかったんです。

――本作のテーマとコンセプトを教えてください。

 コンセプトはエンターテインメントです。これを念頭にしています。テーマは、子どもたちの友情をベースにしたジュブナイルです。

『宇宙ショーへようこそ』

――キャッチコピー