News

2010年6月25日(金)

マリオ強し! Wii『スーパーマリオギャラクシー2』4週連続1位

文:電撃オンライン

 6月第3週のランキング(集計期間:2010年6月14日~20日)は、Wii『スーパーマリオギャラクシー2』(任天堂)が推定5.2万本を売り上げ、4週連続で1位を獲得しました。

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 1 Wii スーパーマリオギャラクシー2 任天堂 10/05/27 51,872 587,573
2 - DS ゴーストトリック カプコン 10/06/19 25,347 25,347
3 3 PS3 グランド・セフト・オート:
エピソード・フロム・リバティーシティ
Take-Two
Interactive
Japan
10/06/10 22,339 83,889
4 2 Wii ゼノブレイド 任天堂 10/06/10 22,163 92,974
5 4 DS ドラゴンクエスト
モンスターズ ジョーカー2
スクウェア・
エニックス
10/04/28 21,389 1,205,989
6 - DS 絵心教室DS 任天堂 10/06/19 18,739 18,739
7 8 PS3 ワールドサッカー
ウイニングイレブン2010
蒼き侍の挑戦
KONAMI 10/05/20 17,800 129,634
8 - DS たまごっちのピチピチおみせっち バンダイナムコ
ゲームス
10/06/17 16,456 16,456
9 14 PSP ワールドサッカー
ウイニングイレブン2010
蒼き侍の挑戦
KONAMI 10/05/20 14,177 74,392
10 11 DS トモダチコレクション 任天堂 09/06/18 13,171 3,183,577

(アスキー総研調べ)
※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

 これで『スーパーマリオギャラクシー2』の累計販売数は58.8万本に。前作(同期間40.8万本/累計100.3万本)を20万本近く上回るペースで販売実績を伸ばしており、まだまだ数字の上乗せが期待できそうです。

 続く2位には、カプコンが贈る新感覚のDS用ミステリーゲーム『ゴーストトリック』が初登場してきました。人気AVG『逆転裁判』シリーズの生みの親である巧舟さんがディレクションを担当した本作。販売実績は推定2.5万本(店頭消化率40%前後)。実数的にはやや伸び悩んだ印象も受けますが、GBAで発売された『逆転裁判』シリーズの1作目も初週実績1.2万本(累計5.7万本)からスタートし、その後シリーズを追うごとにユーザー層を拡大して人気シリーズへと成長しています。本作についても、今後の伸びに期待したいところですね。

 この他の新作では、初心者から上級者までタッチペンを使って気軽に絵を描くことができるDS『絵心教室DS』(任天堂)と、『たまごっち』シリーズの最新作DS『たまごっちのピチピチおみせっち』(バンダイナムコゲームス)がベスト10圏内に初登場。また旧作では、サッカーワールドカップが開催されたことで、KONAMIの『ウイニングイレブン』シリーズをはじめとしたサッカーゲームが総じて販売実績を伸ばしています。(アスキー総合研究所)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。