News

2010年7月30日(金)

ヴァレリア島の歴史が再び動き出す! 『タクティクスオウガ 運命の輪』情報公開

文:電撃オンライン

『タクティクスオウガ 運命の輪』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 スクウェア・エニックスは、PSP用ソフト『タクティクスオウガ 運命の輪』の新情報を公開した。

『タクティクスオウガ 運命の輪』
『タクティクスオウガ 運命の輪』

 1995年にスーパーファミコンで発売され、今なお根強い人気を誇るシミュレーションRPG『タクティクスオウガ』がPSPに復活。覇権に揺れるヴァレリア諸島を舞台に、青年・デニムの視点で物語が描かれる。開発には、オリジナル版を制作したスタッフが再集結しており、見た目だけでなくバトルデザインにも新たな要素が加わっているという。

 今回の記事では、プロローグやキャラクター情報、そして新たに追加されたポイントなどを掲載する。15年来のファンだけでなく、S・RPGファンもぜひご覧いただきたい。

◆◇ プロローグ ◇◆


『タクティクスオウガ 運命の輪』

オベロ海に浮かぶヴァレリア島。
古来より海洋貿易の中継地として栄えたこの島では
その覇権をめぐり、民族間で紛争が絶えなかった。

そうした永き戦いに終止符を打った男がいた。
後に覇王と呼ばれたドルガルアである。

ドルガルア王は民族間の対立を取り除くことに努め、
ヴァレリアは半世紀に渡り、栄えることとなる。

しかし王の死後、その後継をめぐって、貴族階級のバクラム人、
人口の大半を占めるガルガスタン人、少数民族のウォルスタ人の
3民族が覇権を争い、ヴァレリアは再び内乱状態に陥った。

バクラム陣営、ガルガスタン陣営が島を二分する形で
一旦沈静化したかに見えた内乱だが、
それがつかの間の静寂であることを知らぬ者はいなかった……。


『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
▲オープニングのワンシーン。崖の上にいるのは、頑強な鎧に身を包んだ騎士たち。町に火を放ち、住民を虐殺している様子がわかる。最後のシーンでは、教会から神父を連れ去っている。彼らに必死に食い下がる青年こそが、主人公のデニムだ。

◇◆ 主な開発スタッフ(敬称略) ◆◇

 ディレクター 皆川裕史(代表作『伝説のオウガバトル』、『タクティクスオウガ』、『ファイナルファンタジータクティクス』)

 ゲームデザイン 松野泰己(代表作『タクティクスオウガ』、『ファイナルファンタジーXII』、『ベイグラントストーリー』)

 キャラクターデザイン 吉田明彦(代表作『タクティクスオウガ』、『ファイナルファンタジータクティクス』、『光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝』)

 キャラクターデザイン 政尾翼(代表作『光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-』)

 作曲 崎元仁&岩田匡治(代表作『タクティクスオウガ』、『ファイナルファンタジーXII』、『ファイナルファンタジータクティクス』)

◆◇ 世界観 ◇◆

 物語の舞台となるのは、ゼテギネア大陸のはるか彼方、ヴァレリア島と呼ばれる小さな島国。そこには広大な土地が広がり、雪深い山々もあれば、豊かな緑も存在する。そんな島を支配すべく、さまざまな思惑を抱く人々の衝突が繰り広げられていく。

『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
▲アルモリア城:ウォルスタ解放軍の拠点。ガルガスタンにより、ウォルスタの指導者であるロンウェー伯爵がこの城に捕らえられている。▲バンハムーバの神殿:島の西側に位置するバンハムーバ島にある神殿。ここに向かうためには、活火山を越える必要がある。
『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
▲クァドリガ砦:海の近くに建てられた砦。高低差があり、侵攻しにくい地形となっている。島の覇権を争ったドルガルア王とロデリック王が、ここで戦ったという逸話も。▲ゲッコー砦:ヴァレリア島の北東・ベニクンガ島にあるが、現在は放逐されている。砦は海賊のたまり場になっているようだ。▲ブリガンテス城:かつては肥沃な土地だったが、現在は冷たい雪に覆われたブリガンテス地方にある城。標高が高く、極寒の土地に存在する。

◇◆ キャラクター紹介 ◆◇

デニム・パウエル (変更可能)
『タクティクスオウガ 運命の輪』
「僕は理想のためにその手を汚すことができるのか…?」
『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
▲18歳のウォルスタ人。港町ゴリアテが、暗黒騎士団に襲撃された際に、父・プランシーを連れ去られてしまう。以後、ウォルスタ解放軍の一員として、姉のカチュアや幼なじみのヴァイスとともに、バクラム、ガルガスタン陣営に対してゲリラ活動を行う。正義感が強く、さらに理想をかなえるための実行力を持つ。その一方で、戦う意味について思い悩む思慮深さも持ち合わせている。

カチュア・パウエル
『タクティクスオウガ 運命の輪』
「約束して。姉さんから離れないって。ね?」
『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
▲19歳のウォルスタ人で、デニムの姉。幼いころに母親を亡くし、それ以来、父と弟の3人で暮らしてきた。弟・デニムには過剰な愛情を注いでいる。神父である父の手ほどきで、プリーストとしての修行を積んでおり、ウォルスタ解放軍のメンバーとしてゲリラ活動に参加する。しかし、その行動は理想のためではなく、弟を失うのを恐れるがゆえのこと。

ヴァイス・ボゼック
『タクティクスオウガ 運命の輪』
「戦いたくて戦ってるんじゃねぇや。犬死にしたくないだけだ、俺は」
『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
▲ウォルスタ人で、現在18歳。唯一の肉親であった父親を暗黒騎士団によって殺され、天涯孤独の身となる。ウォルスタ人が虐げられていることに強い反感を抱き、積極的にゲリラ活動に参加する。行動力があり、デニムとはお互いを補い合える関係だ。

ラヴィニス・ロシリオン(新キャラクター)
『タクティクスオウガ 運命の輪』
「勘違いしないでね。私は貴方たちに期待しているのよ」
『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
『タクティクスオウガ 運命の輪』 『タクティクスオウガ 運命の輪』
▲23歳の若さだが、ウォルスタ陣営の指導者・ロンウェー公爵に仕えるウォルスタ人の有能な女性騎士。公爵が抱えるアルモリカ騎士団の千人長の1人で、その実力は広く認められている。冷静沈着な指揮官として振る舞う一方で、曲がったことが嫌いという頑固な一面も持つ。

→次のページで変更ポイントを画像とともに紹介!

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※画面は開発中のもの。

1 2

データ

▼『タクティクスオウガ 運命の輪』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PSP
■ジャンル:SRPG
■発売日:2010年11月11日
■希望小売価格:5,695円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。