News

2010年8月5日(木)

【電撃攻略本・座談会】ゲーム攻略本の過去・現在・未来Vol.1-1

文:電撃オンライン

『電撃ゲームス』

 7月29日発売の『電撃ゲームス Vol.11』(アスキー・メディアワークス刊)に掲載されている座談会を、電撃オンラインで3回に分けてお届け。ゲーム攻略本について、電撃の攻略本制作に携わったメンバーがアツく語る!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 『電撃ゲームス』の前号(Vol.10)では、“ゲーム雑誌の過去・現在・未来”と題して、編集長座談会をお届けしました。これが一部で好評だったので、ちょっと調子に乗って今回も座談会を実施。お題はゲーム攻略本です。皆さん、攻略本に関することって、実はそんなにご存知ないですよね?

【座談会 参加者紹介】

電撃攻略本編集部/デスク
多田羅洋平
攻略本編集部の心臓とも呼べる、神経質なイケメン。『MH3(トライ)』をはじめ、大作の攻略本を数多く担当し、現在は『電撃ゲームス』も手伝っている。

電撃攻略本編集部
木原大輔
攻略本編集部の現場編集者として、近年エース格に成長しつつある男。最近では『ニーア』の完全攻略+設定資料集や『ゼノブレイド』の攻略本を担当。

元・電撃攻略本編集部/副編集長
野村一真
現『電撃ゲームス』副編集長で本記事の執筆も担当。過去に攻略本編集部で『MHP 2nd』『MHP 2nd G』『サカつく3』『SO3』などの攻略本を手掛ける。

元・電撃攻略本編集部/編集長
倉西誠一
過去に『電撃PlayStation』や電撃攻略本編集部の編集長を務め、現在は『電撃ゲームス』を手伝ってくれている偉い人。狩られ道さんとも呼ばれるブロガー。


野村 今回のお題はゲーム攻略本についてです。

倉西 攻略本は話題が豊富だから、まずはテーマを絞ったほうがいいと思う。たとえば、よく言われている「ネットや攻略Wikiがあれば攻略本はいらない」ということに対して、あえて反論してみるかとか。

木原 それはすごい(笑)。

倉西 あるいは電子書籍とかね。

多田羅 では、このコーナーのタイトルが“過去・現在・未来”ですから、どこからいきますか?

倉西 過去の話は、なかなかいいかもしれない。

野村 それは1つのテーマにするとして、そのほかに装着率の話とかどうですか? 攻略本における装着率の概念って、なじみがないぶん、逆に新鮮かと。

木原 あと、攻略本の作り方とかはどうですか?

倉西 それ、いいかも。ゲームメーカーさんから、あらゆる資料をもらって、それを単純にそのまま載せているだけじゃなく、可能な限り調べ直しているという、電撃の攻略本ならではの作り方もあるし。

野村 一般的に攻略本は、楽に作れるものだという認識が結構蔓延(まんえん)しているみたいですね。

多田羅 ネットで一般の方が、攻略サイトとか近しいものを作っているご時世ですから。

倉西 じゃあ、そのあたりからスタートしますか。

木原 そもそも、誰が攻略本を作っているのかってことですよね? 実はゲームメーカーさんが作っていると思ってる人もいるようです。

野村 えっ、そうなの?

倉西 そういえば、攻略本の作り方、なんて記事が今までにあったことないもんなー。少なくともゲーム雑誌では見たことがない。

木原 誰が作っているのかとか、どうやって作るのかとか、ほとんど知られていない世界ですから。

倉西 じゃあ、現場の木原に語ってもらおう(笑)。

多田羅 木原君もそうですが、私も過去に自分でプレイして、攻略本を作っていた時期がありました。

倉西 多田羅だけじゃなく、みんなそうだよね。

多田羅 ええ。みんな若いころはそうですね(笑)。あと昔といえば、“攻略本の編集者=ゲームがものすごくうまい”と思われていましたけど……。

倉西 ゲーム雑誌の編集者も、そう思われがちだな。

多田羅 でも、私自身に関してはまるでダメ(笑)。

倉西 まあ、多田羅に限らず大半はそうだな(笑)。ところで、攻略本の作り方ってどうよ、木原?

木原 私がネタを振っておいてなんですが、いきなり作り方と言われましても、思考の準備が……。

倉西 う~ん。前回のゲーム雑誌座談会もそうだったけど、みんな具体的なことを話し始めるまでに考え込むよな~。じゃあ、まず俺から。攻略本ができるまでって考えると、かつての俺の仕事が最初のファクターになるわけだよね。タイトルが発表される前後にゲームメーカーさんとお話をして、いつごろこんなタイトルが出るよ、というのを聞いてきて、じゃあ、その攻略本をやらせてくださいと打診する。

野村 攻略本は基本的に“そのゲーム1本のみ”に関連する“書籍”で、マスメディアという位置づけの“雑誌”ではないから、扱い的には2次著作物、場合によっては3次著作物となりますね。

多田羅 言い換えれば、そのソフトのメーカーから許諾がもらえないと、攻略本を出せないわけです。

野村 ちなみに、版権許諾物なのでロイヤリティをメーカーさんなどの版権元に支払います。これが攻略本制作の予算を圧迫して、地味につらい……。

倉西 で、いろいろ交渉をしたりして、攻略本の許諾をとってくるのが俺の仕事だった。

(8月6日掲載 Vol.1-2へ続く)

『電撃ゲームス』攻略本アンケート

 電撃ゲームスでは、ゲームの攻略本に関するアンケートを募集しています。アンケートにお答えいただいた方には、抽選で“『電撃ゲームス』編集部のお宝グッズ詰め合わせ”をプレゼントいたします。なお、アンケート結果は、『電撃ゲームス』の“ゲーム攻略本の過去・現在・未来”という連載コーナーで、議題として取り上げさせていただきます。


『キングダム ハーツ』

この記事が掲載されている『電撃ゲームス Vol.11』は、全国の書店で定価650円(税込)で好評発売中です。


データ

▼『電撃ゲームス Vol.11』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2010年7月29日
■価格:650円(税込)
 
■『電撃ゲームス Vol.11』の購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。