News

2010年8月20日(金)

メーカーの垣根を越えて『恋姫†無双』などが激突! 『トウィンクル クイーン』

文:電撃オンライン

『トウィンクル クイーン』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 マイルストーンは、Wii用FTG『トウィンクル クイーン』を、8月26日に発売する。価格は6,090円(税込)。

『トウィンクル クイーン』

 本作は、PC用AVG『真・恋姫†無双~乙女繚乱★三国志演義~』と、『G線上の魔王』、『祝福のカンパネラ』、『タユタマ -Kiss on my Deity-』に登場するヒロインたちが、メーカーの垣根を超え、入り乱れて戦いを繰り広げる対戦格闘ゲーム。対戦の基本は2キャラクターを選んで行うタッグバトル形式だが、1キャラクターずつ選んでの1対1形式や、コントローラを4つ使っての4人対戦なども楽しめる。クラシックコントローラとGCコントローラに対応。

『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』
『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』
『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』
『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』
『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』
『トウィンクル クイーン』 『トウィンクル クイーン』

 本作の登場作品とキャラクターを紹介するので、ぜひご覧いただきたい。

■登場作品&キャラクター

◆『真・恋姫†無双~乙女繚乱★三国志演義~』

 本作は、2008年にPCゲームブランド・BaseSonから発売されたPC用AVG。『三国志』に登場する武将たちが、ほぼ全員美少女化しているのが話題を呼び、販売店やメーカーなどが主催する萌えゲーアワード2009年では金賞にも輝いた人気作だ。『トウィンクル クイーン』では、魏・呉・蜀の三国からそれぞれの代表キャラクターが参戦する。

●登場キャラクター

『トウィンクル クイーン』

桃香(劉備)

 戦乱におびえる庶民を救済する方法を求めて、義姉妹の愛紗(関羽)、鈴々(張飛)とともに世の平定を目指す。お人よしで義と情に厚く、大きな心を持っており、彼女の器量によって多くの武将、軍師が集まった。ただそのドジっぷりから国の内外で“天然ボケ”と称されており、別の意味であなどれない人物とも認識されている。

『トウィンクル クイーン』

華琳(曹操)

 戦乱の時代を覇道によって世の平定を目指す。文武両道に長けるだけでなく、文化、芸術などあらゆる方面に類まれなる才能も持った完璧超人であり、女性に対しての色ごとにも旺盛(おうせい)。誇り高く、他人の妬み(ねたみ)など歯牙にもかけず自らの信念を至宝とする。臣下たちへの情は深いが、自分にも他人にも厳しいため信賞必罰は厳格である。

『トウィンクル クイーン』

雪蓮(孫策)

 世の平定より孫呉の平穏を重視している呉の王。国内をよく収め、家臣には情と義を、敵対者は冷酷に処断する。基本的に大らかな性格のため、よく事務仕事をサボって酒を飲んでいる。武芸に秀でているが、長時間の戦闘による異常な状況が続くと、興奮状態がしばらく続いてしまう。

◆『G線上の魔王』

 2008年に、PCゲームブランド・あかべぇそふとつぅから発売されたAVG。義父の有能な片腕として夜の“ビジネス”を行う裏の顔を持つ主人公・浅井京介が“魔王”と呼ばれる天才的な犯罪者を追うストーリーになっている。美少女ゲームアワード2008(現・萌えゲーアワード)では、8部門中6部門で1位に輝き、大賞を獲得した完成度の高い作品。一見格闘とは無縁に見えるヒロインたちが『トウィンクル クイーン』でどんな戦いぶりを見せるのか、原作ファンには見どころの1つになるだろう。

●登場キャラクター

『トウィンクル クイーン』

宇佐美ハル

 ぼさぼさのロングヘアーが特徴の、自らを“勇者”と名乗る不可思議でマイペースな風情の女の子。しかし卓越した思考能力を持ち、会話の中のわずかな矛盾やウソ、相手の行動から隠された真実を見つけ出せる切れ者である。彼女は天才的な頭脳犯罪者“魔王”を追って、京介の学園に転校してくる。

『トウィンクル クイーン』

浅井花音

 天才肌のフィギュアスケート選手で、厳しい練習を積み重ねてオリンピック代表候補の筆頭にまで登り詰める。性格はマイペースで、天真爛漫(てんしんらんまん)。京介の義理の妹で、周囲を気にせず大胆に京介に甘えるかなりのブラコンだ。しかし、心の奥では苦悩と絶望を抱えており、京介への甘えは無意識の助けを求めた行動でもある。

『トウィンクル クイーン』

時田ユキ

 物語途中から京介の学園に転向してくる、ハルの昔の友人。妖艶(えん)な雰囲気がありながらも気さくな美女である。趣味は“サド”と言っており、たまにその性格が見え隠れする。人との会話が彼女の生き方にとっては重要で、その優秀な洞察力により抜群の交渉力を持っている。学園で発生した立て篭もり事件に、その交渉術で犯人と対することになるが……。

◆『祝福のカンパネラ』

 『祝福のカンパネラ』は、PCゲームブランド・ういんどみるOasisから2009年に発売されたAVG。“世界の宝物庫”と呼ばれる都市・エルタリアを舞台に、アイテム技師の主人公・レスターや、謎の自動人形(オートマタ)・ミネットといった冒険者クラン“Oasis”に所属するメンバーたちの冒険が描かれる。現在はTVアニメ版が放送されており、9月30日にはPSP移植作も発売される。『トウィンクル クイーン』には、Oasisのオーナー・カリーナをはじめとする3人のヒロインが登場。魔法や剣技など、劇中の設定を生かした戦いを披露する。

●登場キャラクター

『トウィンクル クイーン』

カリーナ・ベルリッティ

 レスターの幼なじみでありエルタリア国家元首の公女でもある彼女は、“エルタリアの宝石”とも呼ばれ広く名が知れ渡っている。クラン“Oasis”のオーナーで、今は使われなくなった技術“魔法”を操る。気さくでありながらたおやかな才女と一見完ぺきに見えるが、わりとすぐにオロオロして困ってしまったり、レスターへの好意を恥ずかしそうにしながらも積極的に伝えたりと、少女らしい面の方が目立つ。彼女の杖の名前は“モンテッキア”と言い、レスターが作成した。

『トウィンクル クイーン』

チェルシー・アーコット

 神都“ラングバース”の神殿騎士の1人で、神秘的な美しい女性騎士。騎士の腕前はかなりのもので、その剣技は神殿騎士の中で群を抜いている。涼やかで美しい顔立ちから近寄りがたい雰囲気があるものの、丁寧で礼儀正しいもの言いと穏やかな表情は相手を安心させる。ただ、豪快に転んだり、頭をぶつけたり、アーティファクトの警備のためにエルタリアにやってきたはずが、方向音痴なために街中で迷っていたりと意外と抜けたところもある。レスターやカリーナの両親とは知己であり、その縁によりクラン“Oasis”の仕事を手伝いはじめる。

『トウィンクル クイーン』

アニエス・ブーランジュ

 自らが作成したオートマタ(自動人形)とともに各地を旅している少女。自称“世界一の人形師”と公言しており、彼女のオートマタは言うだけあって高性能である。いなくなった師匠の手掛かりを探すためにエルタリアを訪れ、路銀稼ぎのためのオートマタ大道芸を披露しているところで、レスターたちと知り合い意気投合する。師の作品に偶然出会うことになり、以降“Oasis”に住み込むようになった。活発そうな若い容姿の通りに明朗快活で誰とでも仲よくなれるが、少々お調子者で悪戯(いたずら)好きなため、よくレスターたちをおもちゃにしている。ただ時折大人びたもの言いをするところから、人生経験は豊富のよう。

◆『タユタマ -Kiss on my Deity-』

 2008年にPCゲームブランド・Lump of Sugar(ランプオブシュガー)から発売されたAVG。“太転衣(たゆたい)”と呼ばれる霊的な存在と、人間との共存を目指す主人公とヒロインたちのハートフルな物語がつづられる。2009年にはTVアニメ化や、Xbox 360への移植などが行われた人気作だ。『トウィンクル クイーン』には、主人公・泉戸裕理を取り巻く4人のメインヒロインのうち、3人が登場する。

●登場キャラクター

『トウィンクル クイーン』

泉戸ましろ

 悠久の時を生きる霊的存在“太転依”で、裕理の妻を宣言し彼と同居を始める。現在の姿に転生する前は“きくらみかみのひめ”と言う太転依で、化成(生まれ変わり)後の姿はほぼ人間の少女だが、狐のような耳と尻尾は残っている。“ましろ”という名は裕理が名付けたもので、彼女が好きなマシュマロが由来。寛容的な性格をしているが怒るとかなり恐ろしく、裕理の“退魔の霊能”を覚醒させる訓練で彼は地獄を見るハメになる。創聖学院女子学部(フローレス)に通うことになり、裕理と一緒に“人間と太転依が共存できる世界”を目指すが……。

『トウィンクル クイーン』

河合アメリ

 創聖学院一般学部(スライトリー)の裕理の同級生。一般学部の理事である父と大手建設会社の社長である母を持つお嬢様で、幼いころから泉戸家とは家族ぐるみで付き合いがある。“ごーいんぐまいうぇい”な性格で、裕理とは悪友のような関係。実は彼に想いを寄せているが、恋愛に対して臆病なところがあり、ましろの裕理への猛アタックに、少しパニックになってしまう。太転依の応龍にそこを突かれて、大きな事件を起こしてしまうことも。西洋人のような名前だがハーフではない。

『トウィンクル クイーン』

如月美冬

 創聖学院女子学部(フローレス)の最上級生にしてミレディ。ミレディとは女子学部の総代であり、全校生徒8割以上の票を得て選出される。名家である如月家の出であり、美しい容姿と冷静沈着で思慮深い姿は下級生からのあこがれとなっている。名家にありがちな、すでに将来が決まっている自分の立場についても達観している。フローレスに入学したましろを巡って、裕理と敵対することになるが、双方の誤解が解けた後は、よき協力者となった。太転依のヌエによる事件の後、ヌエの保護者のような立場になる。

(C)2010 MILESTONE INC. All Rights Reserved.
(C)AKABEi SOFT2. All Rights Reserved.
(C)ういんどみる・祝福のカンパネラ製作委員会
(C)BaseSon
(C)Lump of Sugar All Rights Reserved.

データ

▼『トウィンクル クイーン』
■メーカー:マイルストーン
■対応機種:Wii
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2010年8月26日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。