News

2010年9月16日(木)

自称アイドルも男の娘も見逃せない!? 『ブルーローゼス』予備知識を総チェック

文:電撃オンライン

『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『ブルーローゼス』

 日本一ソフトウェアから、本日9月16日に発売されたPSP用ソフト『BLUE ROSES ~妖精と青い瞳の戦士たち~(以下、ブルーローゼス)』。本作のおさらいと新情報をまとめて掲載する。

 『ブルーローゼス』は、人間の魂や妖精を食らう異形・ファントムと、妖精を見られる青い瞳を持った戦士・ブルーローズとの戦いを描いたシミュレーションRPG。それぞれ異なる物語を持つ男女2人の主人公の選択から、キャラの組み合わせによって戦術が変わるバトル、キャラの親密度によって変化するマルチエンディングまで、さまざまな場面で“どのキャラを組み合わせるか”、“どのキャラを選ぶか”といった、キャラの選択が重視される作品だ。また、9月27日発売の『電撃マ王11月号』よりコミカライズ作品の連載もスタートする。

『ブルーローゼス』 『ブルーローゼス』 『ブルーローゼス』 『ブルーローゼス』

 今回は、ブルーローズの新たなメンバーと、5体目の妖精を紹介。加えて、これまでの紹介情報をまとめてお届けしていく。

■そもそも『ブルーローゼス』って? -世界観とあらすじ-

 まず最初に、『ブルーローゼス』を知る上で基本となる世界観や、2人の主人公それぞれのあらすじを紹介する。

○世界観○

 物語の舞台は、妖精と人が暮らすアウストレイル王国と、その王都ウィンダリア。
 妖精は、世界に満ちた魔力を管理することでバランスを保つ役割を果たしていた。
 しかし、平時ならば妖精の浄化能力によって危険には及ばなかった、妖精を食らう異形“ファントム”の数が、人々と妖精を襲うほどに増え始める異常事態が報告されるようになる。

 王都ウィンダリアには、市民を守る組織・ブルーローズの本部があった。
 ブルーローズは、妖精を見ることができる青い瞳を持った戦士たちの集団である。
 かかる事態に対して、彼らは妖精たちの力を借り受け、人々と妖精を守るためにファントムとの戦いを繰り広げていく。


○ストーリー○

~ロシェ サイド~
『ブルーローゼス』

王都の下町で配達屋を営む少年・ロシェ。

彼は、ある日の配達の帰り道に、
街がファントムに襲われるのを目にする。
ファントムたちの暴挙を止めるべく、
剣を手に争いの中に飛び込んでいくが――

かねてより知り合いだったマリウスを頼りに、
ロシェはブルーローズに加入する道を選ぶ。

~アリシア サイド~
『ブルーローゼス』

アリシアは恵まれた環境で育ったお嬢様。

しかし堅苦しい貴族の暮らしを嫌い、
自らブルーローズに入ることを決意する。
そして、初任務のパトロールをしていた途中、
ファントムの襲撃事件が発生してしまう。

アリシアは、襲撃から少女クレアを助け出し、
彼女を連れて本部に帰還するのだった。


~それからの2人~

 各地のファントムを討伐していく中で、ブルーローズのメンバーは、ファントムの陰に暗躍する集団“ファントム英団”と対立することになる。ファントム英団は、ファントムを召喚して操る謎の技術を持ち、一連のファントム大量発生を裏で操っているという。

『ブルーローゼス』 『ブルーローゼス』

 ただファントムを倒すだけでは、平穏は訪れない。ファントム英団の意図を知り、それをくじかなければ真の平和はありえないことを知ったブルーローズの戦士たち。さまざまな思惑が絡まり合う中、ロシェとアリシアたちの戦いはさらなる前へ――。


→新キャラと【ブルーローズ】のメンバーたちを紹介!(2ページ目へ)

(C)2010 Nippon Ichi Software, Inc./APOLLOSOFT Inc.

1 2 3 4

データ

▼『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:SRPG
■発売日:2010年9月16日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ブルーローゼス ~妖精と青い瞳の戦士たち~』ダウンロード版
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2010年9月16日
■価格:4,800円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。