News

2010年9月16日(木)

発表より5年――凍結されていたPS3『仁王』の開発がTeam NINJAの手で再開!

文:電撃オンライン

 本日9月16日、コーエーテクモゲームスは、幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2010内の同社ブースでステージイベントを開催。PS3用新作と発表していた『仁王』の開発を、Team NINJAが担当することを明らかにした。

発表より5年――凍結されていたPS3『仁王』の開発がTeam NINJAの手で再開!

 ステージに登壇して概要を語ったのは、同社ゼネラル・プロデューサーのシブサワ・コウ氏と、Team NINJAプロデューサーの早矢仕洋介氏。5年前に『仁王』を発表してパイロット版を作成しながらも、「納得できない」という理由で開発を凍結していたと話すシブサワ氏。しかし、コーエーとテクモが合併した際に、再度『仁王』についての話が浮上し、「早矢仕プロデューサーならいいものを作ってくれると確信して、開発を再開しました」と、シブサワ氏は今回の経緯について話している。

 ゲームは、戦後時代を舞台に金髪碧眼の主人公を操作して戦うアクションゲームとなる。Team NINJAでは、『仁王』を“侍アクションゲーム”と名付けているそうで、「皆さんの思う侍ゲームのもう少し上を目指したいです。最初は侍ゲームじゃないよ、と思うかもしれませんが、やっているうちにこれが現代の侍ゲームだと感じていただけるはずです」と自信をうかがわせた早矢仕氏。シブサワ氏も、新たなメジャータイトルとして『仁王』を打ち立てたい意気込みを見せた。

発表より5年――凍結されていたPS3『仁王』の開発がTeam NINJAの手で再開! 発表より5年――凍結されていたPS3『仁王』の開発がTeam NINJAの手で再開!
▲シブサワ氏は、「Team NINJAのアクションゲーム制作ノウハウとエッセンスを注いだキレのいいアクションゲームに、歴史ゲームを作り続けてきたコーエーの強みを生かした作品にしたい」とも話している。対して早矢仕氏は「いろいろアイデアをもらって、小さくまとまらずに作れている。こんなに楽しくゲームを作れるパートナーはいない」と語った。

 なお、開発の再開した『仁王』のハード展開は、「PS3を中心に(シブサワ氏)」行われるとのこと。発売日については、「いずれ時期を見て開催する発表会で具体的に話したい」として、ここでの言及は避けた。また、金髪碧眼の主人公が実在の人物か、架空の人物かということについて質問が出た時も、シブサワ氏は言葉をにごし、同じく発表会で明らかにする旨を語った。

発表より5年――凍結されていたPS3『仁王』の開発がTeam NINJAの手で再開!
▲シブサワ氏とTeam NINJAがタッグを組んで開発する『仁王』。最後には握手を交わしていた。「私と早矢仕プロデューサーは、年齢を考えれば親子でゲームを作るようなもの。違った年代層で刺激し合い、新しいゲームを作り上げたい」とシブサワ氏はコメントしていた。

■東京ゲームショウ2010 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2010年9月16日~17日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2010年9月18日~19日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売り1,000円(税込) ※小学生以下は無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。