News

2010年9月17日(金)

『タクティクスオウガ 運命の輪』体験版プレイレポート・シリーズ初心者編

文:電撃オンライン

『タクティクスオウガ 運命の輪』体験版プレイレポート・シリーズ初心者編

 こんにちは。おなじみの方もそうでない方も、へっぽこ系ライターのサガコでございます。『電撃ゲームス』で、本作の記事を担当しております。そんな私めが、今回の東京ゲームショウで、待望のPSP『タクティクスオウガ 運命の輪』を試遊することができました! もちろん体験版ですので、すべてが製品版と同じというわけではないと思いますが、それでもかなり! かーなーり楽しく遊べましたよ。

『タクティクスオウガ 運命の輪』体験版プレイレポート・シリーズ初心者編 『タクティクスオウガ 運命の輪』体験版プレイレポート・シリーズ初心者編
▲体験版を遊んでいるユーザーさんたちは、みんな真剣そのもの!▲予約特典である吉田明彦氏描き下ろしのタロットカードも、サンプルが陳列中。デキはかなりよさそうです。

 今回の体験版はセーブデータも用意されていたので、ニューゲームから始める以外にも、序盤のいくつかの状態から、好きなところを遊ぶことができました。バトルの部分だけではなく、シナリオ進行のイベントシーンも見ることができたわけですが、ドット絵の懐かしい動きと新たなデザインとなった顔グラフィックの雰囲気でつづられるキャラ同士の会話が、実にいい感じです! 個人的にフォントがすごく見やすくて美しく、本作のイメージにとてもあっていると思いました。

 さて、そんな私が特に印象に残ったのは、体験版最終ステージとなるクリザローの町。プレザンスという名の神父が、アンデッドに囲まれて絶体絶命のところへ、颯爽とデニムたちがやってくるマップです。勝利条件はリーダーを倒すことですが、やはり神父様も救出しておきたいところ。用意されているユニットをすべて投入し、いざバトル開始であります。

 そしたら、困ったことにね……雨なんですよ。

 いや、幕張が、ではなく。

 クリザローが。横殴りの雨。

 このゲームは、天候が変わることも重要な要素の1つ。雨が降ることによって、ユニットにさまざまな影響が出るようです。さらに、このマップでは敵ユニットが使用してくる魔法がわりと強い! 結構危ない! それなのにプレザンス神父はHPが満タンなのをいいことに、果敢に敵ユニットへ近寄り、杖を振り下ろして近接攻撃しちゃうわけです。あああ、神父様逃げてぇぇ~。

 助けようとあがいたのですが、雨の影響もあったのか、味方のアーチャーの弓が外れて敵ユニットにトドメがさせなかったり、ヒールをかけようとしたのにあと1マス届かなかったりして、神父様ご臨終……。もう少しユニットの動きに気を配っていれば、回復が間に合ったのに!! というわけで、序盤ではありますが、いきなり抜くことにしました、伝家の宝刀を。

『タクティクスオウガ 運命の輪』体験版プレイレポート・シリーズ初心者編
▲今こそC.H.A.R.I.O.T.発動! 使ってもなんのデメリットもないので、詰まったらどんどん使っていいと思います。

 新システム“運命の輪 C.H.A.R.I.O.T.”を使い、さっそく試行錯誤に突入!! 樹形図のようなイメージで行動が記録されていて、任意の手にカーソルを合わせると、その時の行動がキャラクターのアニメーション付きで再生されるので“どのあたりへ戻れば、この悲劇を繰り返さずにすむのか?”をスムーズに考えることができます。隣でTDBが「俺はC.H.A.R.I.O.T.は絶対使わないぜ」なんてことを言ってますが、そんなこだわり知ったこっちゃねぇ! 使用になんのデメリットもないんだし、私は使えるものは使って、最良の結果を導いてみせる!!

(まぁ、彼には“やり直しはしない縛り”という、シリーズ経験者ならでは(?)のこだわりがあるようです。そんなTDBのプレイレポートはコチラで読めますよ~)

 というわけで、新たな戦略を立て直したことで回復が間に合って、無事に神父存命の状態で、敵のリーダーを倒すことができました。バンザイ。C.H.A.R.I.O.T.を使用したとはいえ、ほどよい緊張感を維持したまま、さくっとクリアできたので純粋に楽しかったです。今回の体験版はUMDとのことでしたが、プレイしている間、ほとんど読み込みがないのもすごく好印象でした。

 実際にプレイしてみて確信したのは、やはりC.H.A.R.I.O.T.の存在が、オリジナル版を難しく感じた私にとって相当頼れるものになりそうだということ。頼りにしすぎるつもりはありませんが、使うことで“考える楽しみ”が増し、プレイヤー自身が実際に経験を積むことができます。マップを最初からやり直すことなく、戦うことがうまくなっていく実感を得られる──この不思議な“俺、レベルアップしてる感”はぜひいろんな人に触れてもらって、実際に体験してほしいです。

 それにしたって、いったん倒してカウントダウン状態になっているアンデッドに、対アンデッド魔法・イクソシズムを全然かけてくれなかったプレザンス神父。あなたのイクソシズムじゃなきゃ、アンデッドユニットが完全消滅させられないんですってば! そうして、ほったらかしてる間に復活しちゃったアンデッドにボコボコにされ、1人後方で再び死にかけるプレザンス神父。あー、もうコントじゃないんだから!! まぁ、今回は体験版ということなので、このあたりもどうなっているのか、製品版に期待しちゃいます。

 そして、そんなプレザンス神父に、率先してヒールをかけてくれたのがカチュア姉さん。もちろんNPCがNPCへと普通にヒールかけてるだけなんですが、神父様に彼女、どんな顔してヒールかけてるんだろうなぁ……などと考えてしまうのも、本作の楽しみ方の1つかもしれません。

『タクティクスオウガ 運命の輪』体験版プレイレポート・シリーズ初心者編
▲カチュア姉さんってば、新登場の女性キャラ・ラヴィニスの背中に向けてこのひと言ですよ。女って生き物は、恐ろしいのぅ……。

 というわけで、短い時間ではありましたが、再構築された『タクティクスオウガ 運命の輪』のおもしろさは存分に体感することができました。壁に飾られていた吉田明彦氏描きおろしのタロットカードも繊細で美しかったし、これはもう、初回特典は絶対手に入れるぜ、と心持ちを新たにした次第です。

 プレイ後は、物販スペースのスクウェア・エニックス ミュージックブースで、CDを購入。数量限定のサンプラーCDも手に入れました。『タクティクスオウガ 運命の輪』の楽曲が先行で収録されてるのも当然うれしいのですが、少し前まで担当だった『ニーア レプリカント』『ニーア ゲシュタルト』のアレンジ楽曲もすごく楽しみだったりします。あー、帰って早く聞きたいよー!!(ライター・サガコ)

(C)1995,2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
※画面は開発中のもの。

■東京ゲームショウ2010 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2010年9月16日~17日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2010年9月18日~19日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売り1,000円(税込) ※小学生以下は無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。