News

2010年9月17日(金)

コンパニオンをヌレヌレに!? 話題のSTG『ぎゃる☆がん』を使ったドキドキ体験会

文:電撃オンライン

 幕張メッセで開催されているイベント“東京ゲームショウ2010”内にあるアルケミストブースで、Xbox 360用STG『ぎゃる☆がん』のドキドキ体験会が行われた。

 『ぎゃる☆がん』は、“3D・眼(ガン)STG”と銘打たれた完全新規のタイトル。さまざまな美少女ゲームをリリースしてきたアルケミストが発売を、数々のアクションゲームを手掛けてきたインティ・クリエイツが開発を行っている。プレイヤーは、見習い天使によってモテモテになってしまったテンゾウを操作して、言い寄ってくる女の子たちを眼力でなぎ払いながら、意中の人に告白することになる。

 この『ぎゃる☆がん』は、アルケミストブースとマイクロソフトブースに出展されているのだが、アルケミストブースではドキドキ体験会と題して、前代未聞のイベントが行われていた。内容は、ブースに展示されている後ろに詰まれている体験版をプレイしている人が、女の子を昇天させてゲージをためていき“ドキドキモード”に突入すると、車の中にいるコンパニオンが、他のコンパニオンから水鉄砲で実際に撃たれて濡れるというモノ。ゲームとマッチしつつ、健全な男子の欲望を満たす仕組み! これは取材するしかない!

『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
アルケミストブースの様子。昨日はPS3『うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~』のデザインが正面に来ていたが、今日は『ぎゃる☆がん』になっている。
『ぎゃる☆がん』
体験するのは、『ぎゃる☆がん』ドキドキ体験会バージョン。この画面を見る段階で、すでにドキドキしてしまう人もいるのでは?

 というわけで、途中をすっとばして“ドキドキモード”に突入! すると痛車のドアが開き、中にいたコンパニオンに向けて、水鉄砲から水が飛び出すと、シャッター音とフラッシュ音があたりに響き渡る。以下、記者の妄想を交えつつ、写真多めでお届けする!

『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
「へっへっへっ、ベトベトのヌレヌレにしてやるぜ。覚悟しろ!」「オラオラ、ここがいいんだろ? それとも、こっちか?」「背中だって、容赦しないぜ。後ろを向きな! ぶっかけてやるぜ!!」
『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
「お前がッ、泣くまで、(水を)出すのをやめないッ!」「やめてと叫んでも、バスの中に逃げ場はないんだよ!」

 (はあはあ)というわけで、(はあはあ)テンション高めにお伝えした。本来ならここで終了してもいいところだが、本日最後のイベントはさらにハイテンションでいくというウワサを聞きつけたため、飛び入りで取材することに。あとしつこいようだが、セリフはあくまでも記者の妄想だ!

『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
「最後だから、2丁拳銃でいくぜ! ジョ●・ウーもビックリだ!」「背中がグッチョリだな! こんなヌレヌレでいやらしい背中だっ!!」
『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
ここで終了かと思いきや、ファイナルドキドキ体験会ということで、アンコール水鉄砲!「これ以上背中は濡らすところがないから、今度は前(主に胸あたり)だっ!」
『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
「顔はやめて~~じゃない! 腕をどけろ~~!!」「まだまだ、出るぞ! ドンドン出るぞ!!」
『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
「最後に、近距離から全部出してやる~!」というわけで、ここでタイムアップ。ブースではさらにもう1回アンコールがあったのだが、記事ではここまで。

 というわけで、ゲームの内容をすばらしく(?)表現した『ぎゃる☆がん』ドキドキ体験会。このイベントは19日限定で、16:00までの毎時0分に開催されるので、東京ゲームショウ2010の最終日に行く人は見逃さないように!!

『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』 『ぎゃる☆がん』
ゲームの女の子をメロメロにすると、ギャルがビショビショになるドキドキ体験会。なお、マイクロソフトブースでは、「いや~、そこダメっ」と女の子がキワドイ声を出すゲームをしっかり楽しめる。

(C)INTI CREATES CO., LTD./Alchemist

■東京ゲームショウ2010 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2010年9月16日~17日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2010年9月18日~19日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売り1,000円(税込) ※小学生以下は無料

データ

▼『ぎゃる☆がん』
■メーカー:アルケミスト
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:STG
■発売日:2011年1月27日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。