News

2010年10月2日(土)

伝説のドライバーも登場したPS3/Xbox 360/PC『F1 2010』完成披露イベントレポ

文:ごえモン

『F1 2010』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 コードマスターズは9月29日、都内の“F1 PIT STOP CAFE 六本木”で、10月7日発売予定のPS3/Xbox 360/PC用ソフト『F1 2010』の完成披露発表会を開催した。

『F1 2010』完成披露イベント

 『F1 2010』は、“2010 FIA フォーミュラ1世界選手権”に参戦するチーム、ドライバー、サーキットなどすべてを収録した公式レーシングゲーム。今シーズンより復帰を果たしたミハエル・シューマッハ選手や、新規参入チームなどもゲームに登場する。

 完成披露発表会は、アナウンサー・ピエール北川さんの司会のもと進行。まずコードマスターズ代表取締役社長・三宅一壽氏が登壇し、「コードマスターズは、創業以来一貫してレースゲームやドライブゲームを開発し、高い評価を得てきました。今回、F1のゲーム化権を得られたのは、まさに天の配剤です。リアリティを徹底的に追求したこの『F1 2010』で、自身がF1ドライバーとなり、そのリアリティを体感してください」とあいさつを行った。

『F1 2010』完成披露イベント 『F1 2010』完成披露イベント
▲鈴鹿サーキットで行われる、F1日本グランプリで実況を務めるピエール北川さん。▲コードマスターズ代表取締役社長・三宅一壽氏。

 続いて、ゲストとしてモータージャーナリストの川井一仁さんと元F1ドライバーの片山右京さんが登場。Tシャツ姿で登場した片山さんは、控え室で『F1 2010』の練習で白熱し、Yシャツとジャケットが汗でびしょびしょになってしまったため、急遽(きゅうきょ)隣の店でTシャツを購入したそうだ。そんな練習の成果を見せるため、ここで片山さんによる本作のデモプレイが行われる。

『F1 2010』完成披露イベント 『F1 2010』完成披露イベント
▲ゲストとして登場した片山右京さん(左)と川井一仁さん(右)。▲デモプレイは、川井一仁さんの実況のもと行われた。

 コースは鈴鹿サーキット、チームはレッドブル・レーシング、ドライバーにセバスチャン・ベッテルを選択した片山さんは、24チーム中5位という好調な滑り出しを見せる。しかし、4位のジェンソン・バトンと競ううちに、コーナーでハーフスピンを起こしてしまう。さらに、コーナーを見誤ってピットに入りかけてしまうアクシデントもあり、最終的に22位という結果に終わった。

 デモプレイを終えた片山さんは、「さっき裏で練習した時はもうちょっとうまかったんですよ(笑)」とコメント。また「もちろんGはないですが、最近のシミュレーション技術がすごいしっかりとしていて、こういうことをやったらこういうことが起きる、という想定がすべて入力されているんです。ラインを変えてゴミを拾ったり、タイヤが温まっていなくてグリップが悪いなど、ゲームのレベルじゃない」とレースの再現度について熱く語った。

 そしてさらに、特別ゲストとして日本人初のF1フルエントリードライバー・中嶋悟さんと、1977年にF1日本グランプリに出場した高橋国光さんが登場。ここからは、高橋さん、中嶋さん、片山さんの3人が、F1ファンからTwitterで寄せられた質問に答えていくコーナーが行われた。

 1つ目の、中嶋さんと片山さんへの「今、現役時代に戻れたとして、今のF1チームでどこのマシンに乗りたいですか?」という質問に、それぞれ「やっぱりトップ3でしょ。オレならマクラーレンかな(中嶋さん)」、「乗りたい車はないなー。逆境が好きなんで、2番手、3番手で追い上げるのが好きなんです(片山さん)」と答えた。

 続いて「F1の魅力は?」という質問には「ひと言、“戦い”だと思います(高橋さん)」、「自動車を運転する楽しみです。それと16の国を旅できたこと(中嶋さん)」、「戦いを通して、自分の存在証明ができるところ(片山さん)」とコメントしていた。

『F1 2010』完成披露イベント
▲F1ファンの質問に答える高橋さん(左)、中嶋さん(中央)、片山さん。片山さんが答えたF1の魅力について、中嶋さんは「ずいぶんえらいことが言えるようになったな」とコメントし、会場を笑わせた。

 イベントの最後に、ゲストの4人から会場へのメッセージが送られたので、以下で紹介する。

中嶋さん:『F1 2010』は本当にプレイしたいんですが、右京には負けたくないので家で訓練してから戦いたいと思います。

高橋さん:片山さんのプレイしている姿を見て、僕もハマってプレイしたいなと感じました。大変いいゲームだと思うので、多くの方々に遊んでもらって、モータースポーツに親しんでもらえればと思います。

片山さん:今ごろF1のゲーム? という気持ちがどこかありました。でも、プレイしてみたらやっぱりF1っておもしろいなとか、レースで勝負する楽しさを感じられました。なかなかコントローラーなど環境を整えるのが難しいとは思いますが、家で1人でヴァージン・レーシングくらいから始めて、チャンピオンを目指してみたいな、とプレイしてもう1度思いました。

川井さん:『F1 2010』は熱くなれるゲームです。これはウソじゃありません。熱くなって、実際にプレイすると汗をかきます。(片山さんが)ここに来てTシャツを買って着替えたぐらいですから、それぐらいおもしろいゲームです。私はジムに行くのが面倒な人間なので、このゲームで汗をかきたいと思います。

『F1 2010』完成披露イベント
『F1 2010』完成披露イベント 『F1 2010』完成披露イベント
▲イベント後半では、会場から選ばれた3人と片山さんとの対戦会が行われた。途中、余裕から片手で運転したり、ハンデでスピンをした片山さんだが、最後の最後に手前の女性に抜かれて2位になってしまう。
『F1 2010』完成披露イベント 『F1 2010』完成披露イベント
『F1 2010』完成披露イベント 『F1 2010』完成披露イベント
▲イベント終了後には、ケーキと料理が振舞われた。電アスレース部のYK3は、片山さんがデモプレイを行ったF1マシン型筐体でプレイしてご満悦。左の画像は、F1のシャンパンファイトで実際に使用されるオフィシャル・シャンパンのマム。“F1 PIT STOP CAFE 六本木”で味わうことができる。

(C) 2010 The Codemasters Software Company Limited ("Codemasters"). All rights reserved. "Codemasters” and the Codemasters logo are registered trademarks owned by Codemasters. An official product of the FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP.

,The F1 FORMULA 1 logo, F1 logo, F1 FIA FORMULA 1 WORLD CHAMPIONSHIP logo, FORMULA 1, FORMULA ONE, F1, FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP, GRAND PRIX and related marks are trade marks of Formula One Licensing BV, a Formula One group company.
Licensed by Formula One Administration Limited. All rights reserved.

All other copyrights or trademarks are the property of their respective owners and are being used under license.

データ

イメージ
▼『F1 2010』
■メーカー:コードマスターズ
■対応機種:PS3
■ジャンル:レース
■発売日:2010年10月7日
■希望小売価格:7,400円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『F1 2010』
■メーカー:コードマスターズ
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:レース
■発売日:2010年10月7日
■希望小売価格:7,400円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『F1 2010』
■メーカー:コードマスターズ
■対応機種:PC(対応OS:Windows XP/Vista/7)
■ジャンル:RCG
■発売日:2010年10月7日
■希望小売価格:8,000円(税込)
 
■『F1 2010』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。