News

2010年11月6日(土)

観客のノリのよさに静さん&かな恵さんも大喜び!! 『オオカミさん』イベントレポ

文:電撃オンライン

 10月24日、東京・秋葉原にあるishimaru soft 本店において、TVアニメ『オオカミさんと七人の仲間たち』のトークイベントが開催された。

 このイベントは、9月22日に本作のBlu-ray Disc&DVDシリーズが発売開始されたことを記念して開催されたもの。トークショーには、伊藤静さん(大神涼子 役)と伊藤かな恵さん(赤井林檎 役)が出演。作品にもかかわりの深いさまざまなおとぎ話や童謡をくじ引きで選び、それをテーマにトークしていった。では以下で、その模様をお届けしていく。

『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ 『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ 『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ
▲観客からの「オオカミさーん! 林檎さーん!」というコールで出てくる静さん&かな恵さん。最初のコールに対して姿を見せずに「声が小さいっ!!」と静さんがツッコむと、さっそく客席から笑いが。

 さまざまなおとぎ話について語るも、ちょっぴり記憶があやふやなところも。特にかな恵さんは、自分で引いてしまった『森のくまさん』と『赤ずきん』を混同してしまい大混乱! そのまま『赤ずきん』について話すことになるも、「え~と、オオカミがおばあちゃんのところに行って……なんで行けたんだろ!?」、「赤ずきんちゃんがオオカミに食べられて、オオカミが猟師に川に落とされた!! あれ? それだと赤ずきんちゃんは!?」と、自分の発言にツッコミながらも静さんに誘導されてなんとかオチまで思い出せていた。

 “2人が好きだったおとぎ話について話す”というテーマでは、かな恵さんが学生時代の話を披露。新入生歓迎会でいろんなおとぎ話の人物を登場させた劇をやるも、イマイチうまくできなかったという話を披露。静さんは、以前とあるラジオ番組で『さるかに合戦』をネタにした時に、自分が知っているものとは違うキャラクターが登場していて驚いたというエピソードを話してくれた。静さんが驚いたキャラクターは牛糞で、その話を聞いたかな恵さんも「知らなかった!!」とビックリ。静さんは「今になって思い出してみると、記憶があやふやなせいもあるけれど、お話自体も唐突だったりハチャメチャだったりで結構おもしろいね」と話していた。

 またTVアニメ第8話の元ネタとなった『ねずみの嫁入り』は、かな恵さんがしっかりとねずみの婿候補を覚えていたようで、「最後は、壁からのねずみですよね?」とうれしそうに話すと、今度は静さんがきょとんとした表情に。どうやら静さんは『ねずみの嫁入り』をまったく知らなかったようで、かな恵さんがねずみの婿候補になったキャラクターを順に並べていくと、「太陽!? なんでそんなものを……!」とツッコミを入れ、さらに司会者に「おとぎ話、おとぎ話!!」とツッコまれるシーンも。

『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ 『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ
▲「太陽でしょ……そして雲で……?」と1つ1つ確認しながらお婿さん候補を挙げていくかな恵さん。ちゃんと最後まで言えた瞬間、客席から暖かい拍手が贈られていた。

 続いてトークのテーマになったのは、『エリザベス&フランソワ』、こちらはおとぎ話ではなく、作中で亮士くんが飼っていた2匹の犬の名前で、この2匹を演じていたのは野島裕史さんと浅沼晋太郎さん。ここでかな恵さんと静さんがアフレコに関するエピソードを披露してくれた。かな恵さんによると「最初はSE(効果音)にしようかという話もあったようなんですが、2人が見事勝ち取ったんですよ(笑)」とのこと。また静さんは「亮士と涼子のいい雰囲気のシーンにエリザベスたちもいたんです。本番前のテストの時に、エリザベスとフランソワがあまりにもほえ過ぎて、スタッフから「犬うるさい!!」なんてダメ出しが出たこともありました(笑)」と、2人がいかにノリノリで演じていたかを楽しそうに話していた。

『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ 『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ 『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ

 そして、観客からあらかじめ集めておいた質問に答えていくコーナーへ。「2人が演じてみたいキャラクターは?」という質問では、2人とも「魔女さん!」と答えていた。その理由は、CD『オトギソングス BEST10』に収録されているキャラクターソングでのビックリするような歌い方や、ストーリーに絡んでいるのかいないのかわからないくらい自由に動いているところ、公式サイトでも確認できるビジュアルなどで、まるでゲームのラスボスのように描かれてしまう上に、まったくそれに違和感がないところなどにあるようだ。

『オオカミさんと七人の仲間たち』トークイベントレポ
▲トークが終わると、プレゼントを賭けたじゃんけんコーナーに突入。普通のじゃんけん大会とは異なり、勝った人が「見ないで~」と、極度の恥かしがり屋な亮士のモノマネをしつつ脱落していくルール。ノリのいい観客の「見ないで~」の声に、かな恵さんも静さんも笑いながら大喜び!

 最後は、訪れてくれた観客にあいさつして2人はステージを後にした。イベント終了後、2人に伺った本日の感想は以下の通り。

――イベントを終えた現在のお気持ちはいかがでしょうか?

静さん:TVアニメの放送も終了して1カ月が経つのに、大勢のお客さんがいらしてくれたのは、うれしかったですね。暖かく見守ってくれているんだなぁとヒシヒシと感じました。

かな恵さん:イベントの最後にやった、プレゼントを賭けてのじゃんけん大会がとてもおもしろかったです(笑)。皆さんしっかり「見ないで~!」って、亮士くんのマネをしてくれたので。

静さん:アレは確かにおもしろかったね。お客さんのノリもよかったし(笑)。

かな恵さん:「本当にやってくれてる~!」なんて、ちょっぴり感動しちゃいました(笑)。それと、愛されてるな~なんて思いました。

――これからも応援してくれるであろうファンの皆さんにひと言メッセージを!

静さん:本日のイベントに参加してくださった人も、残念ながら参加できなかった人も、応援してくださっている気持ちは届いていますよ~! 『オオカミさんと七人の仲間たち』は1クールの作品なのですが、たっくさんイベントをやらせていただいて、本当に楽しかったです。原作もそうですが、これからDVDやBDもまだまだ出ますので、応援してくださいね!

かな恵さん:おとぎ話をテーマにしていることもあって、皆さんになじみ深い話やキャラクターがたくさん出てくる作品ですので、まだ見ていない人もTVで見た人もぜひBDやDVDで見てください! 私自身は、今日のイベントでもそうでしたが、イベントでおとぎ話について話すことが多かったのが印象に残っています。今になっておとぎ話をよく見直してみると、新鮮な発見もあって楽しかったですね。

――ありがとうございました!

(C)2010 沖田雅/アスキー・メディアワークス/オオカミさんと製作委員会

データ

▼BD『オオカミさんと七人の仲間たち』第1巻
■発売元:
■品番:
■発売日:2010年9月22日
■価格:7,140円(税込)
 
■BD『オオカミさんと七人の仲間たち』第1巻の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼DVD『オオカミさんと七人の仲間たち』第1巻
■発売元:
■品番:
■発売日:2010年9月22日
■価格:6,090円(税込)
 
■DVD『オオカミさんと七人の仲間たち』第1巻の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。