News

2010年11月12日(金)

【電撃G’sオンライン】第4回ではKey期待の新作PCゲーム『Rewrite』を特集!

文:電撃オンライン

 電撃オンラインとアスキー・メディアワークスの美少女キャラクター誌『電撃G’sマガジン』のコラボレーション企画“電撃G’sオンライン”。今回は、美少女ゲームブランド・Keyの最新作『Rewrite』について、Key担当編集コアラが詳しく解説します! Keyのこれまでにないテイストの作品なので、ファンならずとも要チェックですよ!

■登場人物紹介■

【電撃G’sオンライン】 【電撃G’sオンライン】
▲電撃オンラインのギャルゲー番長。生粋の鍵っ子であり、Keyの作品はすべて愛をもって遊び尽くす。田中ロミオさんの大ファンでもあり『Rewrite』ではシナリオに注目している。▲『電撃G’sマガジン』の編集。カワイイ女の子の研究に余念がない、腐らないオタク女子。誌面では『ラブプラス』、『恋チョコ』などを担当している。

●Key×田中ロミオさん&竜騎士07さん=無限の可能性

俺のこの手で運命を……いや、記事を書き換える! 皆さんごきげんよう、ギャルゲー番長・ごえモンです。
当たり前のことをカッコよく言われても……。今回のテーマはKey作品なんですけど、個人的には今『Angel Beats!』の14話がすごく楽しみー! 早く観たい観たい!
鍵っ子として『AB!』も無論大事なのだが、今回はそれではないのだよ。『電撃G’sマガジン』12月号でついに発売日が発表された、最新作『Rewrite』だ!

■今回のゲスト:コアラ

電撃G’sオンライン
▲『電撃G’sマガジン』でKey作品の担当編集をしている。サッカー大好きで、かつて学生時代に某Jリーガーと対戦したこともあるとか。

な、なんなんですか……? どうしてボク、また連れてこられたんですか?
今回は、『電撃G’sマガジン』でKey作品を担当しているコアラ先輩がまた来てくれました! ありがとうございます、先輩!
アメでも食べるかい? よしよし、お兄さんになんでも話してごらん?
ボク、BLの気はないのでさすがに引いちゃうよお……。
さて、じゃあ先輩、一緒に『Rewrite』について話していきましょう! その前に……この作品って、かなり前から発表されていましたけど、どんな経緯で制作されているんですか?
それは俺がまず説明しよう。『Rewrite』は、全年齢対象のPC用ソフトとしてKeyが現在鋭意制作中の作品だ。これまでの作品はすべて社内スタッフで制作していたが、この『Rewrite』では、新たに外部から超ビッグなシナリオライターを2名お呼びしての制作が行われている。それが……。
『CROSS†CHANNEL』などでおなじみの田中ロミオさん、そして『ひぐらしのなく頃に』の竜騎士07さんなんだ。
本当に俺得なメンバーだよな。どうやったらこんな豪華なメンバーを集められるというのか、そこが気になる。
作品の企画自体は、Key作品の原画家としておなじみの樋上いたるさんなんだ。樋上さんが「こんな話をぜひやってみたい!」と自分で企画を立ち上げて持ち込まれたとか。そして、以前から樋上さんが大のファンだったという、田中ロミオさんにシナリオライターとしてまずオファーされたそうなんだ。
樋上さんが企画なんですね!
そして、もう1人シナリオライターが必要だろう、ということで、当時『ひぐらしのなく頃に』を大ヒットさせていた竜騎士07さんに、社長さんの発案でオファーしたそうだよ。Key内でも「さすがにビッグネームすぎるでしょう、常識的に考えて……」って言われていたんだけど、竜騎士07さんがKey作品の大ファンだったそうで、快諾されたんだって。
制作スタッフ以上にユーザーがビックリだよ。特に俺が。
ビッグネームお2人を外部から招き、『リトルバスターズ!』で実績のある都乃河勇人さんを加えて、今、3人体制でシナリオを進めているようだよ。樋上さんの企画にそって、シナリオの一番の大きな幹をロミオさんが、その方針に合わせて竜騎士07さん、都乃河さんが細かい部分を書いているそう。
そんなシナリオがいち早く楽しめる、『Rewrite』の体験版が『クドわふたー』についていたそうですけど、ごえモンさんはもちろんやりましたよね?
愚問だな……それにしても、すごい長かった。体験版といいつつ、ものすごいボリュームがあって、ヒロインたちと全員会えたし世界観をバッチリ体験できたな。

●世界は“オカルト”へと書き換えられていく――

それじゃ、『電撃G’sマガジン』12月号を見ながら進めていきましょう! まず最初のページでは“発売日が2011年4月28日に決定”という重大発表が!
紳士として、発売日まで全裸で正座待機させていただく所存。
さすがはヘンタイ番長さんですね♪ ところで、私『Rewrite』の世界観がよくわからないんですけど、どんなストーリーなんですか? 先輩。
『Rewrite』
▲これが『Rewrite』のキービジュアル。巨木のたもとに、ヒロインの1人・神戸小鳥がたたずんでいる、神秘的なイメージのイラストだ。

物語の舞台は、緑が多くある緑化都市・風祭市というところだね。そこに住んでいる天王寺瑚太朗っていう平凡な男の子が主人公。秋に市をあげての大きなお祭り、収穫祭が毎年行われていて、それに向けて、瑚太朗はアルバイトを始める。今の自分の生活を変えたくて、ね。そのアルバイトとは、町のオカルト現象を記事にするお仕事で、情報を集めているうちに、やがて本当のオカルト現象を体験することになるんだ。テーマはそのまま、“オカルト”だね!
な、なんだってー! オカルト! それはおもしろそう♪
今までのKey作品にはなかったストーリーだよな。以前に掲載された『電撃G’sマガジン』のインタビュー記事だと、“竜騎士07さんのシナリオに入ると、テイストが一気に変わってすぐわかる”という気になるコメントがあったんだが、竜騎士07さんの他の作品にあったような、驚愕(きょうがく)の展開とかもあったりするのか?
フフフ……♪
また不敵な笑いきた! すごく気になるじゃないか……。あと、システムなんだけど、またKeyならではのおもしろいシステムが体験版には入っていたな。
テキストを読み進めていくタイプのAVGじゃないんですか?
基本はそうなんだけど。Key作品では、少し変わったシステムを入れるのが定番になっていてな。
それが、ゲーム内で歩いた場所が町のマップに記されていく、“Mappie”というシステムなんだ。実際に、ストーリー中でどういうふうに生かされるのかはまだわからないけどね。
会話画面の左下にある丸いマークも気になるところだな。まだまだ『Rewrite』ならではのオリジナルシステムがたくさんありそうで楽しみだ。

(C)2010 VisualArt's/Key All Rights Reserved.
イラスト:夏宮ゆず

1 2

データ

▼『Rewrite』
■メーカー:Key
■対応機種:PC(対応OS:Windows XP/Vista/7)
■ジャンル:AVG
■発売日:2011年4月28日
■希望小売価格:初回限定版 9,240円
 
■『Rewrite』初回限定版の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『電撃G’sマガジン』2010年12月号
■発売日:2010年10月30日
■希望小売価格:990円
 
■『電撃G’sマガジン』2010年12月号の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『電撃G’sマガジン』2011年1月号
■発売日:2010年11月30日
■希望小売価格:990円
 
■『電撃G’sマガジン』2011年1月号の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。