News

2010年12月10日(金)

圧倒的な強さで『モンスターハンターポータブル 3rd』がトップ

文:電撃オンライン

 年末商戦がいよいよ本格化してきましたね。年末商戦最大の注目作であるPSP『モンスターハンターポータブル 3rd(以下、MHP 3rd)』(カプコン)を筆頭に、31本の新作が発売された12月第1週。ハードが前週比113.7%増の51.4万台、ソフトが同130.8%増の330.6万本と、両市場とも今年度最高の販売実績を記録するなど、大きな盛り上がりを見せました。

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 - PSP モンスターハンターポータブル 3rd カプコン 10/12/01 1,955,239 1,955,239
2 - PS3 テイルズ オブ グレイセス エフ バンダイナムコ
ゲームス
10/12/02 224,455 224,455
3 1 PS3 グランツーリスモ5 SCE 10/11/25 64,339 462,374
4 3 Wii MARIO SPORTS MIX 任天堂 10/11/25 58,395 142,363
5 - DS マリオvs.ドンキーコング
突撃!ミニランド
任天堂 10/12/02 58,105 58,105
6 4 Wii スーパーマリオコレクション
スペシャルパック
任天堂 10/10/21 49,594 661,790
7 - DS 桃太郎電鉄WORLD ハドソン 10/12/02 41,745 41,745
8 - PSP 仮面ライダー
クライマックスヒーローズ オーズ
バンダイナムコ
ゲームス
10/12/02 36,323 36,323
9 - Wii 仮面ライダー
クライマックスヒーローズ オーズ
バンダイナムコ
ゲームス
10/12/02 33,800 33,800
10 - Wii 太鼓の達人Wii
みんなでパーティ☆3代目!
バンダイナムコ
ゲームス
10/12/02 33,587 33,587

(アスキー総研調べ)
※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

 そんな中、12月最初のソフト販売ランキング(集計期間:2010年11月29日~12月5日)は、『MHP 3rd』が圧倒的な強さで1位を獲得しました。メーカーの発表によると出荷本数は初週で早くも200万本に達したようですが、発売5日間の販売実績は推定195.5万本と、『MHP 2nd G』の86.8万本を100万本以上上回る、PSP歴代トップの発売週実績を記録。また、店頭消化率も95%前後に達し、週末には品切れ店が続出する猛烈なスタートダッシュを見せました。2008年3月に発売された『MHP 2nd G』は、廉価版を含めて410万本超の大ヒットを記録していますが、今作がどこまで数字を伸ばせるか、次週以降の動きに注目したいところです。

 なお本作の発売に合わせて、『モンスターハンター』仕様にカスタマイズされた限定モデルのPSP本体が発売されたこともあり、PSPが前週比4.7倍増の32.5万台と急伸。薄型・軽量化された新型PSPが発売された2007年9月17日週の24万台を上回る過去最高の週間セールスを記録するなど、新規ユーザーの獲得という点でも大きく貢献したようです。

 2位には、Wiiで人気を博したRPG『テイルズ オブ グレイセス』に新ストーリーが追加された、PS3『テイルズ オブ グレイセス エフ』(バンダイナムコゲームス)が初登場。販売実績は推定22.4万本(店頭消化率70%前後)と、Wii版(初週12.4万本/累計21.6万本)の販売実績を大きく上回り、昨年9月にPS3で発売された『テイルズ オブ ヴェスペリア』(22.6万本/39.1万本)とほぼ同じようなスタートを切っています。

 この他の新作では、ゼんまい仕掛けのミニマリオが活躍するアクションパズルゲームの最新作、DS『マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド』(任天堂)が5位にランクイン。DS『桃太郎電鉄WORLD』(ハドソン)や、PSP&Wii『仮面ライダー クライマックスヒーローズ オーズ』(バンダイナムコゲームス)、Wii『太鼓の達人Wii みんなでパーティ☆3代目!』(バンダイナムコゲームス)といった、定番・キャラクター作品がトップ10内に顔を並べました。(アスキー総合研究所)

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月25日~10月01日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。