News

2010年12月16日(木)

3年の月日をかけて作った珠玉の作品――『シャイニング・ハーツ』抽選会レポ

文:電撃オンライン

『シャイニング・ハーツ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 本日12月16日にセガから発売されたPSP用RPG『シャイニング・ハーツ』の発売記念抽選会が、東京と大阪で開催された。その東京会場の模様をレポートする。

 『シャイニング・ハーツ』は、“ココロ”が物語や攻略上のカギとなるスローライフRPG。パーティメンバー候補やヒロイン候補が数多く登場し、メインキャラそれぞれを掘り下げた個別シナリオが用意されているのも特徴だ。電撃オンラインでは、本作の特集ページを展開しているので、詳細な情報はそちらをチェックしてほしい。

 抽選会では、キャラクターデザインを担当するTonyさん直筆のキャラクターイラスト色紙や、出演声優寄せ書きサイン色紙などが当たるとあって、東京会場のクラブセガ秋葉原 新館には大勢の人が詰めかけた。セガの広報担当によると、14:00までに900人のファンが抽選に訪れたという。

『シャイニング・ハーツ』 『シャイニング・ハーツ』
『シャイニング・ハーツ』 『シャイニング・ハーツ』
▲大勢の人が訪れた東京のクラブセガ秋葉原 新館。平日の昼間にもかかわらず、長蛇の列が形成されていた。
『シャイニング・ハーツ』
▲会場には、主人公のパートナーの1人であるエアリィの衣装を身にまとった、コスプレイヤーの姿も。道行く人々に販促物を配布していた。
『シャイニング・ハーツ』 『シャイニング・ハーツ』 『シャイニング・ハーツ』
▲抽選会の賞品は、Tonyさん直筆キャラクターイラスト色紙や、Tonyさんサイン入りイラストパネルなどさまざま。残念ながら抽選に外れてしまった人にも、参加賞としてオリジナルクリアファイルが配られていた。

 また、本作のプロデューサー・澤田剛さんや、楽曲制作を担当した菊田裕樹さんも抽選会の様子を見るため、会場を訪れていた。お2人に発売日を迎えた現在の心境や、『シャイニング・ハーツ』の見どころなどを伺ったので、以下に掲載する。(インタビュー中は敬称略)

――発売日を迎えた現在の心境は?

澤田:3年くらい時間をかけて作ってきた作品で、非常にボリュームがあります。今回の作品は、普通のRPGのおもしろさもあるのですが、“スローライフ”という“生活する部分”をかなりこだわって作りました。特に、パンに関するこだわりはすごいので、その部分をやり込んでいただきたいですね。

菊田:コンシューマのRPGを担当するのが10年ぶりくらいだったのですが、このゲームの“優しい世界観”を表現するのに、僕が持っている個性が非常にマッチしたと思います。70曲くらい作りましたが、その中でも多くの曲がかわいく優しい曲で、僕の中のそういった部分が好きな人にはとても楽しんでもらえると思います。

澤田:今回は、癒し系やスローライフといったほのぼのした部分を表現するために曲をかなり作っていただいて、ほのぼの曲がいつもより多めになっています。そこがやっぱりポイントですね。

――今作ではパンが重要な要素になっていますが、お好きなパンの種類は?

澤田:パンは本当に重要です。開発が始まる際に、スタッフにパンの図鑑を配ったくらいですから(笑)。苦労した点は、おしゃれなパンと町のパン屋で売っているようなスタンダードなパンの比率ですね。僕はカンパーニュみたいなヨーロッパ系のパンが好きなのですが、最終的にはメロンパンみたいな庶民的なパンが多くなりました。結果的にはよかったと思います。

菊田:メロンパンはロマンですよね(笑)。僕はおしゃれなパンだったら、クロワッサンが好きですね。あと、下町のあんパンが大好きです! あんぱんは絶対つぶあんじゃないとヤダ!

澤田:本作を遊ぶと、いろいろなパン知識が増えると思いますよ。

――Tonyさんが描かれるキャラクターも本作の魅力の1つだと思いますが、お好きなキャラクターはいらっしゃいますか?

澤田:全部のキャラクターが息子や娘みたいなものなので、あまり差を付けることができないんですが、Tonyさんが一番気に入っているキャラクターは(主人公のパートナーの1人である)アミルですね。アミルは、“魔法のパン屋”というこのゲームの世界観を象徴するキャラクターなんです。あのキャラクターを最初に作って、そこから世界も広がっていったので、Tonyさんの中でも思い入れが深かったようですね。露出度は一番少ないんですけど(笑)。

菊田:僕は派手でカッコイイ女の子が好きなので、海賊のミストラルですね。RPGの敵の象徴みたいな感じで、ほのぼの感とは対照的なところが。

――開発期間中、一番苦労したことはなんですか?

澤田:ボリュームが本当に多いので、デバッグやチェックが大変でしたね。あとは、きちんとしたシナリオのRPGと、自由度の高いスローライフの融合という部分で、シナリオのつじつま合わせに苦労しました。どこの場面でサブイベントが発生しても、違和感がないよう調整するのが本当に大変でした。何度も何度もプレイしましたよ。シナリオを進める上でイベントを取りこぼすような設計にはしたくなかったので、実はエンディング後に各キャラクターのサブシナリオをイチから遊べるようにしています。ただ、どれがメインシナリオで、どれがサブシナリオかわからないようには作っています。一応メインシナリオをクリアするのに30時間とうたっていますが、寄り道をしたらいくらでも時間がかかるので、50時間はかかるんじゃないでしょうか。

――最後に、読者へメッセージをお願いします。

澤田:ゲームをプレイしてクリアするころには、皆さんが幸せな気分になっているようなゲームを作ったつもりです。今年1年の疲れた心を癒すのに、ピッタリなゲームだと思います。冬休みは、ぜひこのゲームを遊んでください。

菊田:僕のファンの人や、昔の僕のゲームを遊んでくれた人が、『シャイニング・ハーツ』の音楽を聴いたら、まったく変わっていないことをわかってもらえると思います。僕が表現する、純粋なものやかわいいもの、美しいものがそこにはあります。絶対にがっかりしないと思いますので、ぜひプレイしてください!

『シャイニング・ハーツ』
▲左から菊田さん、澤田プロデューサー、エアリィのコスプレイヤー。

(C)SEGA

データ

▼『シャイニング・ハーツ』
■メーカー:セガ
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2010年12月16日
■希望小売価格:6,279円(税込)
 
■『シャイニング・ハーツ』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『シャイニング・ハーツ』ダウンロード版
■メーカー:セガ
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2010年12月16日
■価格:5,600円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。