News

2011年1月3日(月)

夏にPSPで新作登場! 劇場版の公開日も決定した『戦国BASARA』5周年祭レポ

文:電撃オンライン

『戦国BASARA クロニクルヒーローズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2

■5周年を記念したお祭りはライブからスタート!

 イベント“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”は、abingdon boys schoolのライブからスタート。PS2/Wii『戦国BASARA2英雄外伝』のOPテーマ『BLADE CHORD』の演奏に、ファンは総立ちで手を振る。続くPSP『戦国BASARA バトルヒーローズ』/TVアニメ『戦国BASARA』のOPテーマである『JAP』では、ファンとメンバーによる手拍子で曲がスタート。途中ではファンが歌詞を歌う、一体感を味わえるライブが繰り広げられた。

“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲バンドメンバーとファンが1つになったabingdon boys schoolのライブ。なお、ボーカルの西川さんはT.M.Revolutionとして1月1日、2日に日本武道館でライブを行っており、3日連続での武道館ライブとなった。

 ライブの興奮が冷めぬステージに、舞台“『戦国BASARA』~蒼紅共闘~”のメンバーが姿を現す。さまざまなキャラクターが入り乱れて登場し、激しいアクションを披露。ファンは固唾(かたず)を呑んで見守っていた。

“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲ステージ狭しと動き回るアクションファンを魅了した、舞台“『戦国BASARA』~蒼紅共闘~”の面々。中でも、森蘭丸役・椎名鯛造さんのバク転や、猿飛佐助を演じた村田洋二郎さんのアクション、長澤奈央さんの濃姫の演技に、大きな歓声と拍手が上がっていた。
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲これまでの歴代作品の中から、あるシーンに生アフレコするコーナー。戦いのシーンだけでなく、人間性が観られるシーンも用意されていた。

 最新作PS3/Wii『戦国BASARA3』のED曲やTVアニメの挿入歌を担当する石川智晶さんは、3曲を披露。幻想的でノビのある歌声を武道館に響かせた。

“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲会場にいるファンが聞き入っていた石川さんの歌。『戦国BASARA3』のED曲『逆光』、『戦国BASARA弐』の挿入歌『落涙』、TVアニメ『戦国BASARA』の挿入歌『涙腺』と、3曲続けて歌い上げた。

■スペシャルトーク、そして再びライブコーナー

 “西川貴教×小林裕幸スペシャルトークショー”のコーナーでは、2人の出会いから始まり、思い出の楽曲や好きな武将など、5年を振り返るトークが展開。これまでさまざまな楽曲を通して苦楽をともにしてきた2人だが、思い出に残っているのはPS2『戦国BASARA』の『crosswise』だという。西川さんは「ゲーム業界にしては、ギリギリのタイミング」と、この曲のタイアップが決まったタイミングについて振り返った。

 今でこそ、多くの人に認知されている『戦国BASARA』シリーズだが、当時はまだ誰も知らない状態で、2人とも不安を抱えていたという。しかし、声をかけてくれた気持ちがうれしかったそうで、西川さんは精一杯の気持ちを曲に込めたとのこと。

 「アニメ化以降はとにかく時間の流れが早かった」という西川さんは、地元である滋賀を治めていた浅井長政の敗れるシーンについて「ぐっときます」と語る。しかし、「本当に好きな武将は?」と聞かれると「……TVアニメを見てからは、かすがのむっちり具合がいい!」と照れながらコメント。武道館に集まった女性ファンに向けて、世の男性の意見を代表(?)して「やせればいいというものではない!」と宣言した。

“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲去年開催されたT.M.Revolutionのライブ時に「日本武道館でイベントをやりたい」と小林さんから相談されたという西川さん。笑いながら「やればいいがな」と返したという。

 劇場アニメ『戦国BASARA 劇場版』が6月4日に公開されることは先ほどお伝えした通り。小林プロデューサーは、この作品について「ぜひテーマソングをお願いします」とオーダーすると、西川さんは「謹んでお受けいたします」と返答。「こうなったら、墓場まで寄り添わせていただきます!」と一蓮托生で進んでいく気持ちがあることをアピールしていた。

 次に行われたのは、声優陣による特別コーナー“武将で一問一答”。中井和哉さん(伊達政宗役)、保志総一朗さん(真田幸村役)、森田成一さん(前田慶次役)、森川智之さん(片倉小十郎役)、大川透さん(徳川家康役)、関智一さん(石田三成役)、石野竜三さん(長曾我部元親役)、中原茂さん(毛利元就役)が登場し、織田信長の台詞に続く回答をキャラクターになりきって返していった。

“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲中井さんが英語で「Happy new year!」と話せば、保志さんが自身のあだ名にちなんで「ぱっぴぃ new year!」と続く。さらに「秀吉様、ここにいる者どもを斬殺(ざんさつ)する許可を……それはダメですね(関さん)」、「野朗どもー、気合いは入っているか~~!?(石野さん)」、「新年早々に多くの捨て駒さんにお会いできてうれしいです(中原さん)」と、キャラになりきったあいさつも飛び出した。
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲信長の問いかけは、どれも難解なものばかり。声優陣にはあらかじめ質問が渡されていたのだが、受け答えがうまくいかず、他の出演者から突っ込まれる場面も。

 全員の回答が終わったところで、威圧感のある震えるような声が会場に響き渡る。ここでスペシャルゲストとして、織田信長役の若本規夫さんが登場! 会場を大いに沸かせた。

“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲先ほどの生アフレコのコーナーで、前田慶次が登場キャラクターに向けて「皆、ヒマだね~」と話したのを受けて、登場するやファンに向けて「正月から、皆ヒマだね~(笑)」と語った若本さん。「本年も『戦国BASARA』ともどもよろしくお願いします」と続けた。

 ここで小林プロデューサーは、メンバーに向けて“5周年を向えての心境”を質問した。ボリュームがあるため、個別に掲載していく。

中原さん 5年も「捨て駒」、「捨て駒」と言ってきたので、捨て駒が愛おしくなりました(笑)。元就とは違う愛を感じるようになりましたね。

石野さん こんなに長い付き合いになるとは最初は思っていませんでした。自分はイベントに定期的に呼んでもらえるような役者ではないので、ありがたいです。Zepp東京で行われた最初の“バサラ祭”の一糸乱れぬ“アニキコール”は印象的ですね。

関さん TVで見ていて盛り上がっていることは知っていました。なので、スケジュールに『戦国BASARA』と書いてあった時はうれしかったですね。「ありがとう、これで家のローンがラクになる」って(笑)。でも、今日はそのすごさを肌で感じられて、驚いています。

大川さん いろいろな意味で大きく変化した5年という印象。作品もそうだし、自分の役も大きくなったことにビックリしています。

森川さん 途中から入ったキャラで、後のせサクサクな感じなんですが!(森田さん:テンプラかよ!) まさか日本武道館のステージに立てるとは思いませんでした。自分自身としては、バサラ祭で甲冑(かっちゅう)を着られた時に、歴史に興味を持つようになりました。コバPには一生ついていくことを誓います。

森田さん 日本武道館の“武道”の発祥は、武士。やっとここまで来られたと、うれしく思います。これから『戦国BASARA』のイベントは必ず、日本武道館でお願いします!!

保志さん 長くもあり、短くもあった5年。でも『戦国BASARA』よりも、僕自身がよく持ったなあと思います。これからも、幸村と一緒にコバPについていきます!

中井さん マンションの一室でのオーディションから、すべては始まりました。英語交じりでしゃべる変なキャラが、なぜか皆さんに受け入れられて、ここまでこられました。ウソみたいな成長曲線で、感慨深いです。今では伊達の領地であった仙台のことが気になるようになり、第2のふるさとのような気持ちを持っています。

若本さん もう10年くらい小林さんとお付き合いしている感じ。信長はとにかく大変な役。ゲームの収録時は倒れそうになりながらスタジオを後にするし、TVアニメは短いが濃密。ずっと格闘しながらやってきました。ところで、信長は死んでいる気がするのですが、これから出るのでしょうか? ……楽しみにしています(笑)。

 キャラクターになりきったエンディングアフレコが終わると、再びライブコーナーがスタート。T.M.Revolutionとして3度登場した西川さんは、伊達政宗を思われる眼帯と鎧のような衣装で登場。PS2『戦国BASARA』とPS2『戦国BASARA X』から『crosswise』を、ファンとともに熱唱した。しかし、5周年イベントを締めくくるライブはまだ終わらない。TVアニメ『戦国BASARA弐』のOPテーマ『SWORD SUMMIT』、そしてPS3/Wii『戦国BASARA3』のOP曲『Naked arms』を一気に歌いあげると、3時間におよぶイベントは終了となった。

“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲武将のような出で立ちで登場した西川さん。『crosswise』が終わると眼帯を外し、その後は袴、そして羽のような衣装を脱ぎ捨て、上半身をあらわにしながら歌い続けた。
“『戦国BASARA』5周年祭~武道館の宴~”
▲本日のイベントに登場した出演者一同。小林プロデューサーは「2011年も『戦国BASARA』を盛り上げていきたいので、今年もよろしくお願いします!」と集まったファンに頭を下げた。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. 2011 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2011 CAPCOM/TEAM BASARA
※グッズの仕様や外観は変更される可能性がある。

データ

▼『戦国BASARA クロニクルヒーローズ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PSP
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年7月21日
■希望小売価格:4,571円+税

関連サイト

前へ 1 2

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。