News

2011年2月21日(月)

原田ひとみさん×『ECO』撮影会イベントは3時間ずっとハートフル!

文:電撃オンライン

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントのPC用MMORPG『エミル・クロニクル・オンライン(以下、ECO)』で2月18日、ゲーム内イベント“原田ひとみ ハートフル撮影会 in タイニーアイランド”が開催された。

 本イベントは、原田ひとみさんが制作に参加した『電撃オンラインゲームvol.2 エミル・クロニクル・オンライン 公式ビジュアルブック』の発売を記念して開催。4つのワールドを順番に原田さんのキャラクターが訪問し、タイニーアイランドに集まってくれた一般プレイヤーと一緒に記念撮影を行うというものだ。

 また当日は、原田さんとECO運営チーム・制作担当の“3代目教授”こと寺田美絵さんが、ガンホー社内からゲームにアクセスしている様子をUstreamで生中継。残念ながらゲーム内イベントには行けなかった人も、18:00~21:00までたっぷり3時間、イベントの雰囲気を味わえたはずだ。

『ECO』 『ECO』
▲Ustreamの生中継で写っていたのはこの部屋。原田さんは時々、ご自身の公式Twitterでつぶやいたりと大忙しだった。
『ECO』 『ECO』 『ECO』
▲寺田教授が隣で原田さんをサポートしていた。

 現場では、イベントを中止せざるを得ないハプニングが起きるかもと心配したが、すべて終わってみれば、この日の撮影会はびっくりするぐらい和やかに進行できた。これもご協力いただいたプレイヤーの皆さんのおかげである。現場を仕切るGMが何も言わないうちから、原田さんを中心に左右にきれいに整列。あるワールドでは姿が消えてしまういたずらアイテムを使う、ちょっとやんちゃなプレイヤーもいたが、「みんなでいい記念写真を撮ろうよ!」と呼びかけあい、本当にハートフルで素敵なイベントとなった。実はここだけの話、あまりにも温かいプレイヤーとの交流に、寺田教授はそっと涙ぐんでいたのだ。

『ECO』 『ECO』
『ECO』 『ECO』
▲上段左から順にClover、Freesia、Lupinus、Zinniaワールド。

 プレイヤーの協力により、途中5分の休憩を挟んで4ワールドすべての記念撮影はほぼ予定通りの時間で終了。原田さんのファンは、3時間近く真剣な顔つきでマイキャラを操作する横顔を眺められて、至福のひと時だったに違いない!原田さんが制作に参加した『ECO』ビジュアルブックは、電撃屋Amazon.co.jpで発売中。

『ECO』 『ECO』
『ECO』
『ECO』

(C)BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc

データ

▼『エミル・クロニクル・オンライン』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PC(対応OS:Windows 2000/XP/Vista/7)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■正式サービス開始日:2005年12月9日
■プレイ料金:無料(アイテム課金)
 
■電撃オンラインゲームシリーズVol.2 エミル・クロニクル・オンラインの購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。