News

2011年3月2日(水)

IGAプロデューサー×成田良悟先生がDSの名作ゲーム『マックスウェル』を語る!!

文:電撃オンライン

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2 3

■『デュラララ!!』ごっこもできます!

成田:神話や都市伝説の生き物もたくさん呼び出せますよね。“チュパカブラ”とか“モスマン”とか。

IGA:最初に「実在するものしか呼び出せません」と言っているのに、普通に入っていますからね(笑)。

成田:“むま”が出せることがわかった時、エディットでハーレムを作ろうかと思ったんですが、テストプレイを実行した瞬間、一斉にマックスウェルが襲われました。

IGA:(笑)

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
▲大量のサキュバスに襲われるマックスウェル。あっという間に昇天……。

成田:でも、“サキュバス”と“インキュバス”が出てきた時に、本気で「このゲームはすごい!」と思いましたよ。

IGA:“クトゥルフ”“ショゴス”“ダゴン”もいますよ。あとは宇宙人も1種類ではなく、たくさんいます。“グレイ”とか“フラットウッズモンスター”とか。実は“クトゥルフ”は5-1の海底にもいるんですよ。

成田:えぇ!?

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
▲耳よりな情報を聞いて、大興奮の成田先生。さっそく“ショゴス”や“クトゥルフ”を呼び出して遊んでいた。

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
▲5-1を下にスクロールさせていくと……そこには、海底を静かに泳ぐクトゥルフが。

IGA:あと、もちろん“くびなしきし”もいますし、“くびなしきしのくび”もあります(笑)。

成田:それは試してみました(笑)。

IGA:“くびなしきし”は“バイク”に乗せることもできるので、『デュラララ!!』ごっこもできますよ!

成田:ありがとうございます!!

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
▲IGAさんに言われ、『デュラララ!!』ごっこを始める成田先生。

IGA:『デュラララ!!』は拝読させていただきましたが、キャラクター描写がお上手で感服いたしました。私も『ときめきメモリアル』のころからシナリオは書いているのですが、どうしてもゲームのロジックで作ってしまうので、物語に肉付けするという行為が得意ではないんですよね。

成田:いやいや、『悪魔城ドラキュラ』シリーズのハマーなどは裏設定もたくさんあるじゃないですか。小説版(『悪魔城ドラキュラ 神淵の追想曲』/『電撃文庫MAGAZINE 11月号増刊 「とらドラVS禁書目録」』掲載)の監修をしていただいた時に、「ハマーはお金目当てでは行動しません! でもヨーコさんのためならばどこへでも行きます!!」と熱く語られたことを覚えています。

IGA:ハマーは大好きなんです! 本当は『ハーモニー オブ ディスペア』や『ジャッジメント』にも、プレイヤーキャラクターとして出したかったんですけどね。制作上の都合でカットとなってしまったんですよ。

成田:それは残念です……!

IGA:でも『ジャッジメント』では、普段日の目が当たらないダナスティに活躍の場を与えられたので満足しています。

成田:私も小説版でダナスティの子孫をヒロインにさせていただきました(笑)。その節はダナスティの子孫という私の考えた無茶なキャラクター設定を許してくださり、ありがとうございました。

IGA:いや、私も後付けでどんどんキャラクター設定を考えていくタイプなんですよ。社内では(自称ですが)“後付けの帝王”と言われています(笑)。成田さんのように世界観を理解してくださる方が趣向を凝らしてくださるのは大変うれしいのですね。

■おもしろい仕掛けをとにかく体験してもらいたい!

IGA:ギミックとしておもしろいのは“タイムマシーン”ですね。これに乗り込むと本当にタイムスリップするんです。

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
▲タイムマシンに乗ると、別の時代へジャンプする。

成田:それは全然知らなかったです!

IGA:“テレポータ”でもワープできるのですが、こちらは開発会社にいけますよ。でもなぜか開発者の中で“リズ”だけがゾンビなんですよ。失礼ですよね!

『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』 『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
▲“テレポータ”を使うと、ランダムで開発室へワープする。他のスタッフもいるのだが、リズだけなぜかゾンビ……。

成田:すごい凝っていますね。

IGA:そうですね。とにかく凝っています。実は、エンディングも凝った作りになっていたので、日本語版のエンディングも入れなかったんです。だからエンディングのテロップには私の名前は載っていないんですよ。本作のローカライズをメインで手掛けたのが私ともう1人のベテランだったのですが、このぐらいの年齢になると“名作にかかわれた事実”さえあればいいんですよね。

――なるほど。しかし、その事実もあってIGAさんが本作を手掛けられたと知っている人は少ないですよね。

成田:私もTwitterで知ったぐらいです。しかし、この名作をIGAさんがローカライズしてくださって本当にうれしく思っています。

IGA:ローカライズは本来、別の部署の仕事なのですが、自分自身がこのゲームのファンだったこともあり担当させていただきました。海外では人気のソフトですが、日本の人にもプレイしてもらいたかったんですよ。

成田:自分も、本作はもっと売れていいソフトだと思います。『モンスターハンター』ぐらい……400万本ぐらい売れてもいい……というか400万人は確実に楽しめるソフトかと。これだけ遊び方を自分で見つけられるというのは、アナログゲームはともかくデジタルのゲームではすごいことだと思うんですよね。

IGA:そうですね。パズルと聞くと難しいと感じる方もいらっしゃるかとは思いますが、本作は“自分が考えたものを呼び出して遊ぶ”ところがおもしろいゲームですので、ぜひそれを皆さんにも体験していただければと思います。

(C)Hirameki Pazuru Makkusuueru no Fushigina Nohto software (C) 2011 Warner Bros. Entertainment Inc. Developed by 5th Cell Media LLC. All other trademarks and copyrights are the property of their respective owners. All rights reserved. Hirameki Pazuru Makkusuueru no Fushigina Nohto, SCRIBBLENAUTS and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc. WB GAMES LOGO, WB SHIELD: (C) Warner Bros. Entertainment Inc. (s11)

データ

イメージ
▼『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:DS
■ジャンル:パズル
■発売日:2011年1月27日
■希望小売価格:3,790円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

前へ 1 2 3

関連記事

この商品を買った人はこんな商品も買っています (Amazon.co.jpより)

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 04月13日~04月19日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。