News

2011年3月22日(火)

もう一度あの“青き星”を歩ける喜び! 『FFIV コンプリートコレクション』レビュー

文:電撃オンライン

『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション -ファイナルファンタジーIV&ジ・アフターイヤーズ』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 スクウェア・エニックスから、3月24日に発売されるPSP用RPG『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション -ファイナルファンタジーIV&ジ・アフターイヤーズ(以下、FFIV コンプリートコレクション)』のレビューを、ライターのてっけんがお届けします。

■“RPGクリアできない病”の正体?

 皆さんの中に“RPGクリアできない病”の人はいらっしゃいますか?

 難しくてクリアできないとか、時間がなくてクリアできないとか、そういうわけじゃない。ラストダンジョンまでは行くんだけど、終わりが見えてくると急にクリアするのがもったいなくなっちゃって、そのまま積みゲーになってしまう――。そう、それが世に言う“RPGクリアできない病”です。

 RPGって、終盤にさしかかってくるとストーリーの盛り上がりとは裏腹に、どんどん切ない気分になっていきますよね。あといくつかの戦いを乗り越えれば、世界にようやく平和が訪れる。でも、同時にプレイヤーにとってそれは“ゲームの終わり”をも意味します。世界に平和が戻ったとしても、その時プレイヤーはもうゲームの世界にはいない――そんな矛盾が“RPGクリアできない病”の正体なんじゃないかと勝手に思っています。

 えーと、『FFIV コンプリートコレクション』のレビューを書こうとして、なんで“RPGクリアできない病”について語っているかというと、実は僕が初めて“RPGクリアできない病”を自覚したのが『FFIV』だったからなんです。

 誤解されないよう断っておきますが、僕が“RPGクリアできない病”を発症するのは、それがいいゲームである証拠。いいゲームだからこそ、終わらせるのがつらいし、いいゲームだからこそ、いつまでもクリアせずに遊んでいたい。僕にとって『FFIV』は長年、数あるRPGの中でもひときわ特別な存在として刻まれ続けていました。

『FFIV コンプリートコレクション』 『FFIV コンプリートコレクション』 『FFIV コンプリートコレクション』
▲魅力的なキャラクターたちが織り成すドラマチックなストーリーは、当時のRPGの中でも群を抜いていました。

■新たな書き下ろしシナリオも! 3本の異なる『FFIV』を収録

 さて、本作ですが、『コンプリートコレクション』というタイトルの通り、3つの異なる『FFIV』がまとめて収録されています。

 まず1本目が通常の『FFIV』。“通常”といっても、グラフィックはPSP用に新しく描き直されており、音楽もアレンジされてより豪華になっています。『FFIV』と言えば2007年にDS版も発売されていますが、あちらがポリゴンだったのに対し、こちらはあくまでドット絵のままリファインされているのが特徴です。

 2本目は、本作のメインとも言える『FFIV ジ・アフターイヤーズ』。もともとはケータイ用アプリとして配信されていた『FFIV』のアフターストーリーで、家庭用に移植されるのはWiiウェアに続いて2度目、パッケージ収録は今回が初となります。

 そして3本目が『FFIV』と『FFIV ジ・アフターイヤーズ』をつなぐ“空白の時間”を描いた“インタールード”。こちらは本作のために新しく書き下ろされたショートシナリオで、内容についてはスーパーファミコン版スタッフの1人・時田貴司さんの完全監修とのこと。前作のエンディング後、それぞれの国へと戻っていた主要キャラクターたちが、ダムシアンの復興記念式典に招かれるところから物語は幕を開けます。

 “インタールード”は2~3時間ほどでクリアできますが、『FFIV ジ・アフターイヤーズ』は『FFIV』本編と同じかそれ以上のボリュームがあり、これで5,980円(UMD版/税込)というのはかなりお得。『FFIV』本編についてはすでにあちこちで語り尽くされていると思いますので、この記事では『FFIV ジ・アフターイヤーズ』のレビューを中心にお届けしていきます。

『FFIV コンプリートコレクション』 『FFIV コンプリートコレクション』
▲16:9の画面比率に合わせ、より美しいグラフィックで生まれ変わった『FFIV』。いつまでも色あせない不朽の名作です。
『FFIV コンプリートコレクション』
▲『FFIV』から十数年後、再び姿を表した“もう1つの月”の謎に迫っていく『FFIV ジ・アフターイヤーズ』。
『FFIV コンプリートコレクション』 『FFIV コンプリートコレクション』
▲2つの時代の間をつなぐ書き下ろしシナリオが楽しめる“インタールード”。

→次のページで、『FFIV』のアフターストーリーをレビュー!(2ページ目)

(C)2011 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION / (C)2010 YOSHITAKA AMANO

1 2

データ

▼『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション -ファイナルファンタジーIV&ジ・アフターイヤーズ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2011年3月24日
■希望小売価格:5,695円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション -ファイナルファンタジーIV&ジ・アフターイヤーズ』ダウンロード版
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2011年3月24日
■価格:4,980円(税込)
▼『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション アルティメット パック』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PSP
■ジャンル:RPG
■発売日:2011年3月24日
■価格:9,445円(税込)
※スクウェア・エニックスe-STORE専売

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。