News

2011年3月29日(火)

【まり探】オーダーはすべてにおいてパワーアップ! 『逆転検事2』インタビュー

文:電撃オンライン

『逆転検事2』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
前へ 1 2 3 4

●一部(?)で大流行した内藤ボイスの正体が明らかに!? そして気になる続編は?

――そういえば、『逆転検事2』完成披露発表会の時に一柳 万才(いちやなぎ ばんさい)の存在が発表されましたが、あの発表をめぐってモメたと伺ったのですが……。

江城:モメました、モメました。僕が出したいといったら、山﨑がダメだと。でもやっぱり発表会の場で新キャラを出したいって思うじゃないですか。あそこで「狩魔 冥が出る」って発表されても、それは当たり前じゃないですか。むしろ出さなかったら文句が出る勢いだと思うので。そこでもう1キャラと思った時に、今回の裏テーマが“親子”で、弓彦のほうが発表されていたので、じゃあお父さんを出そうよって提案したら、それは後半のキャラクターだから嫌だと。開発チームとしてはプレイしてもらった時に驚いてもらいたいと。

山﨑:まあ、開発チームとしては正直、できるだけ出してほしくないという気持ちはあるんです(笑)でも、出さないとユーザーさんに伝わらないのも確かなので。どこまで出して、どこまで隠すかは、せめぎ合いですよね。

江城:出し方の問題だと思うんですよ。すべてを出してしまうのは、ネタバレになってしまうのでいけませんが、買っていただくための材料をちゃんとそろえることも必要だと思うんです。

――あの……ちなみに、万才は何を燃やしているのでしょうか?

岩元:証拠品ですね。大事な証拠品を次々と燃やしているわけです。

――結構な数の証拠品を燃やしていますよね……。

岩元:僕もあんなに燃やすとは思っていませんでした。もうちょっとあのモーションは少ないかなって思っていたんですが(笑)。

山﨑:自分が隠滅した事件の証拠を、おおっぴらに燃やしています(笑)。

――それでは『2』の登場キャラクターで、皆さんのお気に入りのキャラを教えてください。

江城:最近、緒屋敷 司(おやしき つかさ)ちゃんに目覚めました。それも成長した大人の司ちゃんに。もともと『1』ではシーナが好きだったんですが、彼女と通じる何かを感じまして!

山﨑:僕は一柳 弓彦ですね。今回も随所に逆転の要素を盛り込みましたが、一柳は、いろいろなものが逆転していく人なので、そこが僕の中ではイチオシです。

岩元:僕はやっぱり信楽ですかね。若いころも含めて好きです。ダンスイーツの踊りでタイミングがずれてるところとか、いいですね。あの時、信も足だけリズムを取っているんですが、そういうところも含めて好きです(笑)。

【まり探】
▲江城プロデューサーが最近目覚めたと話すのは、天海の屋敷を守る人物であり元女優の緒屋敷 司ちゃん。
【まり探】 【まり探】
▲山﨑ディレクターのイチオシは、自称“一流”検事の一柳 弓彦くん。彼はどんな逆転を披露してくれるのか?▲岩元さんがお気に入りという、天海、信、信楽のダンスイーツのシーン。ぜひ動いているキャラクターをご覧いただきたい。

――新キャラクターの声は今回もやはり開発スタッフの方が担当なさっているのでしょうか?

山﨑:はい、今回もスタッフです。これはシリーズ作品の伝統ですから。社内で公募しました。

岩元:あれはスタッフの特典みたいなものですから。でも、みんな本当に上手でしたね。声優さんみたいだった。僕が担当している御剣だけが素人かっていうくらい……。

――個人的には、内藤 馬乃介(ないとう まのすけ)の「異議ありィ~」がものすごく印象的でした。

岩元:あー、あれいいですよねー! 誰がやってるんでしょうねー!!

山﨑:あはは、まあ、岩元さんなんですけどね(笑)。

――えええええ、そうだったんですか! 一時期、編集部ですごく流行ったんですよ。みんな「異議ありィ~」って言っていました。巻き舌風に!

山﨑:そうなんですか(笑)。もともと岩元さんには御剣の声をやっていただいていて、父親である信の声もやったらおもしろいかなって思ったんですが、他の候補でぴったりの方がいらっしゃいまして。信はその方にお願いしました。ただ、内藤の声がなかなか決まらなくて、いろいろな人に演じてもらった中で、巻き舌風でお願いした岩元さんの「異議ありィ~」がすごくよかったので、今回担当していただきました。

【まり探】 【まり探】
▲岩元さんがボイスを担当した、西鳳民国大統領・王 帝君(おう ていくん)のボディガードを務める内藤 馬乃介。ちょっぴりヤンキー風の巻き舌「異議ありィ~」が、電撃オンライン編集部内で大人気。

――まさか岩元さんだったとは……ビックリしました。では、本作の魅力についてそれぞれ語っていただけますでしょうか?

岩元:キャラクターデザイナーとしては、今回もたくさん素敵な犯人を用意させていただきました。手強さとリアクションはシリーズ10周年にふさわしい、集大成的なものが作れたと思っています。倒す楽しみと、そこまでのイライラを楽しんでいただければと。

山﨑:シナリオ面では、御剣の葛藤を軸に親子というテーマを盛り込み、よりドラマ性の高いシナリオになっています。謎解きの部分はもちろんですが、キャラクターの心情や成長を描くことにも力を入れているので、ぜひそのあたりも楽しんでいただければと思います。

江城:前作『逆転検事』を発売させていただいた時に反響がすごく大きくて、その時のインタビューで「続編はファンの人の声があれば」ということだったんですが、本当にたくさんの声をいただいたので、今回の続編を作らせていただきました。『2』と題するからには、いろいろな面で前作を超えていかなければならない。それはシナリオであり、システムであり、キャラクターのグラフィックですが、今回そのすべてがうまくかみ合ったと思っています。それぞれのいいところが相乗効果で高め合い、さらにうまく表現することができたと思っています。

 特に『1』をプレイして物足りないと感じたユーザーさんは、『2』をプレイしたら印象ががらっと変わると思いますので、ぜひそこはプレイして確かめていただきたいです。あと、『1』の時に『逆転裁判』と違うからと敬遠していたユーザーさんもいると思うんですが、そういう方が『2』からプレイしていただいても楽しめるハズです。今作からプレイしていただいて、『逆転検事』ってこんなゲームだったんだと思っていただければと!

――それでは最後に、月並みですが続編の予定をお聞かせください。『逆転裁判』の成歩堂龍一シリーズが3部作だったということで、『逆転検事』も3部作ではないかと予想しているのですが。

江城:前作のインタビューと同じになってしまいますが、我々はユーザーさんから求められていないものを作っても仕方がないと思っています。『2』をプレイしていただいた方の中から続編を望む声があれば、当然考えていかなければなりません。ユーザーさんからの声にはできるだけ応えたいと思っておりますので、まずは『逆転検事2』をぜひプレイしていただければと思っております。

【まり探】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

まり蔵

 というわけで、新システムや新キャラクターを中心に、さまざまなお話を伺いました。いやー、内藤さんの「異議ありィ~」を担当していたのは、岩元さんだったんですねぇ。インタビュー中で岩元さんは、「僕が担当している御剣だけが素人か」っておっしゃっていますが、わたしこそ内藤さんはプロの声優が声をあてているのかと思っていましたよ……。

 本作をプレイしてみてまず思ったことは、ボリュームがハンパないということ。普段から『逆転』シリーズの信者を公言するまり蔵としては、もうそれがうれしくてうれしくて。おもしろいシナリオはいつまでも読んでいたいもの、キレイなイラストはいつまでも眺めていたいもの。だから今回のボリュームは本当に満足でした。江城プロデューサーのオーダー通り、前作からシナリオ、グラフィック、システム、音楽とすべての面で進化していた本作。推理アドベンチャーゲームが好きでまだプレイしていない人は、ぜひ遊んでください。絶対におもしろいので!

 なお読者プレゼントとして、『逆転検事2』販促用ポスターを抽選で3名の方にプレゼントします。ポスターには、江城プロデューサー、山﨑ディレクター、岩元さんの直筆サインと、岩元さんによる3人の似顔絵まで入っていますよ! 以下の専用フォームより奮って応募してください。締め切りは2011年4月12日23:59までとなっております。

【まり探】


(C)CAPCOM CO., LTD. 2011 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『逆転検事2』
■メーカー:カプコン
■対応機種:DS
■ジャンル:ADV
■発売日:2011年2月3日
■希望小売価格:4,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『逆転検事2(コレクターズ・パッケージ)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:DS
■ジャンル:ADV
■発売日:2011年2月3日
■希望小売価格:5,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト


AVG紹介コーナー“まり蔵探偵事務所”

前へ 1 2 3 4

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。