News

2011年4月2日(土)

小清水さんらが駆け付けた『プリキュアオールスターズDX3』舞台あいさつをレポ!

文:電撃オンライン

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

 本日4月2日、東京都の新宿バルト9で『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花(以下、DX3)』の舞台あいさつが行われた。

 本作は、ABC・テレビ朝日系列で2004年から放送されている『プリキュア』シリーズの歴代プリキュアたちが大集合するオールスター作品『プリキュアオールスターズDX』の第3弾。『オールスターズDX』3部作の集大成として、妖精たちを筆頭に、歴代の劇場作品の世界や、そこに現れた敵キャラクターたちが登場する。

 舞台あいさつには、声優の小清水亜美さん、水沢史絵さん、沖佳苗さん、三瓶由布子さん、樹元オリエさん、本名陽子さん、さらにはプリキュアたちが駆け付けて、決めポーズ&台詞を披露したり、作品への想いを語ったりした。そんな舞台あいさつの様子をレポートする。

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』
▲拍手に包まれながら登場した声優陣。この日の舞台あいさつは、早朝からシネマサンシャイン池袋とユナイテッド・シネマ豊洲で行われていて、新宿バルト9は3回目となる。ステージは、司会者からの質問にキャスト陣が答える形式で進行した。

――小清水さんはオールスターズ初参戦になりますが、今のお気持ちはいかがですか?

小清水さん:皆さんが回を重ねて培ってきた作品で、しかも今年のプリキュアということでスポットの当たる役だったので、ものすごく緊張しました。映画のアフレコをした時は、本編もまだ3、4話ぐらいだったんですが、皆さんと一緒に収録できて、映画ではよりのびのびとしたメロディを演じることができたと思います。

――昨年同じ気持ちを味わったと思われる、水沢さんはいかがでしたか?

水沢さん:去年は新入りプリキュアとしての参加だったんですが、今回は先輩プリキュアとして、思い切り先輩風を吹かせています(笑)。私はこのメンバーとは違う、ブループリキュア(※『DX3』では、プリキュアたちが各作品の垣根を超えて3つのチームに分かれて戦うシーンが用意されている)だったのですが、そこで冷静な先輩プリキュアたちにツッコまれながら頑張りました。

――沖さん、今回の映画の魅力、見どころを教えてください。

沖さん:ありすぎて困っちゃいますね(笑)。(キャラクターが)いっぱいいるので、見ていてスペシャル感があって華やかです。見ていて「楽しい!」とか「頑張れ!」とか、登場人物と一緒に全部楽しめるところが、プリキュアのいいところであり、今回の映画の見どころだなと思います。

――今回3回目ということで、ドリームも成長してきたかなと思うのですが、三瓶さんから見ていかがでしたか?

三瓶さん:(水沢さんから「成長した?」と言われて)なんで先にツッコむのー! いい意味で、成長したところも、変わらないところもありました。パンフレットにプリキュアたちの説明書きが書かれているのですが、みんな“勉強が得意”とか“スポーツが得意”とか“夢をもっている”とか書かれているのに、ドリームは“みんなを笑顔にする”って書かれていたんです(笑)。いい意味で、変わらないところが魅力だなと思っています。

――『プリキュア』はとても長く続いている作品ですが、樹元さん、『プリキュア』の魅力とはなんでしょう?

樹元さん:キラキラ感満載な、女の子のあこがれがいっぱい詰まっているところが魅力だと思います。

――本名さんはいかがですか?

本名さん:今日きてくれているお友だちの中には、(プリキュアが始まった時に)まだ生まれていなかった人もいるかなと思うんです。そんなお友だちにも勇気や希望が与えられるように、私たちはスタジオで命を込めて一生懸命吹き込みました。『プリキュア』の魅力は、普通の中学生が、ある日突然使命を託されて前に進んでいくという身近なテーマをもとにしたところだと思います。作品を見て、「このキャラクターに似てるな」とか「こういうところを頑張ろう」とか、何か1つでも思っていただけたら幸せなことはないなと思っています。実は先日、ここ(新宿バルト9)にこの作品を観にきたんですが、キュアリズム役の折笠富美子さんがいらしてまして、「劇場内にプリキュアが2人いたのか……」とちょっと感慨深い思いもしました。プリキュアたちの絆、登場人物全員の絆、この作品を作ってきたスタッフ・役者の絆がすべて表れている作品じゃないかなと思っています。

 トークが終わると、プリキュアたちがステージに登場。自分が演じるプリキュアと一緒に、声優陣が決め台詞を披露した。

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』
『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』
▲キュアメロディ役の小清水さんから決め台詞を披露! 本名さん(キュアブラック)からは、「プリキュアが21人なんて、ぶっちゃけありえな~い!」というサプライズな台詞も飛び出した。

 最後は声優陣が次のようにメッセージを贈り、舞台あいさつは終了となった。

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

本名さん:『オールスターズDX』の集大成となる3作目が完成しました。皆さんのお陰だと思います。小さなお友だちも、いつも応援してくれ本当にありがとう。すっごくすっごくうれしいです。今回の映画は、見どころ万歳なので、まばたきしないで見てもらいたいです。プリキュアが21人になり、収録も大変でした。でも、もっと増えたらいいなって思います。去年もこの場所で「目指せプリキュア50(フィフティ)」と言いましたが、再度心の中で、元気で、力強くて、勇気があふれる、そんなプリキュアがもっともっと増えるといいなと思っています。

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

樹元さん:『オールスターズDX』は、最初短編の映画から始まって、それが1本も映画になり、3作もできたということがすごくうれしいです。プリキュアの声優ができて本当に感謝しています。『プリキュア』は子どもたちに夢や勇気を与える作品だと思っていて、アフレコ現場でも勇気づけられたり、元気づけられたりしました。今回が『オールスターズDX』最後の作品だと言われていますけど、絶対また会えるって信じています。オールスターズはお祭りなんです。みんな、楽しんで観てください!

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

三瓶さん:『プリキュア』という作品は、作り手側からも、観てくれる皆さんからも愛を感じる、私にとってとても大事な作品の1つです。今日3カ所回ってきて、本当にたくさんの人が観てくださっているんだなと、すごく幸せな気持ちになりました。でも、これからも、もっともっとたくさんの人に観ていただきたいなと思います。「だから今年、(小清水さんを見ながら)キュアメロディに頑張っていただいて、バトンをもっともっとつないでいって、もっともっと大きなプリキュアの力になっていったらいいなと思います。

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

沖さん:『プリキュア』は、たくさんの出会いをくれた作品だと思うんです。最初の『オールスターズDX』の時に、最初はみんな知らない人同士だったんですが、手を取り合って、困難を乗り越えました。『2』で『3』でその人数が、絆が増えて、本当にステキな作品だなって思いました。最後になっちゃうなんて思わないで、今日は今日で、みんな楽しんでください!

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

水沢さん:去年のちょうどこの場所で、次のプリキュアにバトンを渡せるように頑張りますと言ったんです。1年TVシリーズで頑張って、私たち『ハートキャッチ』も、そのバトンをより大きくして渡せたと自負しております。『DX3』には、妖精さんたちや今まで出てきた敵、サブキャラもいっぱい出てきます。スタッフさんたちの愛もたっぷりこもっていますので、そのまっすぐな愛とパワーを感じていただけたらうれしいです。

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

小清水さん:今年『スイートプリキュア♪』でキュアメロディを演じさせていただくことになり、皆さんの気持ちを一挙に背負い……もちろんプレッシャーもあるんですが、こんなにステキな作品の主演をできるのはとても幸せです。いろんな気持ちはあるんですが、純粋に楽しんでいただけたらうれしいです。ミラクルライトを振って、プリキュアたちを応援してください。大人の皆さんは、三瓶さんが言っていたのですが、心のミラクルライトで応援してください! 映画もそうですし、今年1年、『スイートプリキュア♪』もよろしくお願いします!

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』
▲舞台あいさつの出演者。プリキュアたちも駆け付け、とても華やかなステージになった。

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』
『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』 『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』
▲新宿バルト9には、映画のイラストを使ったカードも張られていた。

 なお舞台あいさつは、明日4月3日もT・ジョイ大泉、新宿バルト9、横浜ブルク13で行われる。チケットの購入方法は、公式サイトなどで確認してほしい。

(C)2011 映画プリキュアオールスターズ3製作委員会

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。