News

2011年4月22日(金)

『スパロボ』シリーズ最新作が30万本以上を売り上げてトップ!

文:電撃オンライン

 4月第3週のソフト販売ランキング(集計期間:2011年4月11日~17日)は、多数のロボット作品が作品の枠を越えて登場する人気シミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』シリーズの最新作、PSP用S・RPG『第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇』(バンダイナムコゲームス)が、2位以下に大差をつけてトップに立ちました。

 シリーズ20周年記念作品となる『第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇』。限定版も含んだ販売実績は、推定30.9万本(店頭消化率70%前後)で、2008年9月にPS2で発売された『第2次スーパーロボット大戦Z』の初週実績38.9万本(累計51.2万本)にはおよびませんでしたが、あいかわらず安定した力を見せつけました。PS2版の『α』と『Z』はともに50万本超ヒットを達成していますが、PSP版が今後どこまで数字を伸ばせるか注目したいところですね。

 続く2位には、PS3、PSP、3DSの3機種で同時発売された人気野球ゲーム『プロ野球スピリッツ2011』のPS3版が初登場。販売実績は、PS3版が9.1万本、PSP版が7.7万本、3DS版が1.3万本となっています。PS3版とPSP版は、ともに前作『2010』(PS3版……発売週6.9万本/累計16.4万本、PSP版……発売週6.8万本/累計24.1万本)を上回る好調なスタートを切っています。

 この他の新作では、1999年にPSで発売された同名タイトルのPSPリファイン作品『ペルソナ2 罪』(インデックス)が5位にランクインしたのをはじめ、3DS『パイロットウイングス リゾート』(任天堂)や、PS3版『HOMEFRONT』(スパイク)といった作品がトップ10内に初登場。旧作では、再出荷されたDS『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル』(スクウェア・エニックス)が前週比2.2倍増の8.3万本(累計28.5万本)と大きく数字を伸ばしています。(アスキー総合研究所)

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 - PSP 第2次スーパーロボット大戦Z
破界篇
バンダイナムコ
ゲームス
11/04/14 309,417 309,417
2 - PS3 プロ野球スピリッツ2011 KONAMI 11/04/14 90,665 90,665
3 2 DS ドラゴンクエスト
モンスターズ ジョーカー2
プロフェッショナル
スクウェア・
エニックス
11/03/31 82,822 284,988
4 - PSP プロ野球スピリッツ2011 KONAMI 11/04/14 76,970 76,970
5 - PSP ペルソナ2 罪 インデックス 11/04/14 55,781 55,781
6 - 3DS パイロットウイングス リゾート 任天堂 11/04/14 27,594 27,594
7 - PS3 HOMEFRONT スパイク 11/04/14 21,667 21,667
8 1 PSP 地球防衛軍2 ポータブル ディースリー・
パブリッシャー
11/04/07 18,097 71,781
9 - 3DS プロ野球スピリッツ2011 KONAMI 11/04/14 13,028 13,028
10 6 PSP モンスターハンターポータブル 3rd カプコン 10/12/01 10,224 4,511,976

(アスキー総研調べ)

※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。