News

2011年5月10日(火)

ロールプレイのシチュエーションが満載! 『ダークソウル』インタビュー

文:電撃オンライン

『ダークソウル』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■遊びを広げる膨大なシチュエーション

――前回、お互いのロールプレイの延長上で敵対プレイなどが発生するという“相互ロールプレイ”の話がありました。そこについて、もう少し詳しく教えてください。

『ダークソウル』

 わかりました。今回、ロールプレイのために採用した新要素に“誓約”があります。ちょっとわかりにくい言い方になってしまいますが、特定の宗教というか勢力というか、あるいは存在というか、そういったものと誓約を交わすことで、新しい力を手に入れるとともに、世界における自分の立場を定義し、他プレイヤーとの関係性も定義することができるんです。

――どのようにして、誓約に従っていくのでしょうか。国やギルドに所属するのと似たような感じですか?

 うーん、そういう感じとは少し違いますね。いわゆるクランのような、チーム的な連帯感や、密なコミュニケーションを提供するものではないですし、勢力争いの類をゲームの主軸にすえるものでもありません。誓約は、プレイヤーのロールプレイの指針となり、またマルチを含むオンラインプレイに、多彩なシチュエーションを提供するための要素なんです。『デモンズソウル』であった傾向のようなものも、ここで表現されると思いますよ。

――なるほど。だから、ロールプレイの延長で他のプレイヤーと敵対するようなケースも出てくるのですね。

 そうですね。ただ、誓約については、ゲーム開始時にはほとんど伏せられていて、プレイヤーがゲームプレイを通じて探索する一要素として位置づけています。それは、プレイヤーがゲーム開始時に覚えなければならないことを、できるだけ少なくしたいということもありますし、プレイヤーに、自分の物語の中で誓約を見出していってほしいという意図もあります。中には、すごくレアな誓約なんかもありますよ。

――誓約を結ぶまでの冒険が、プレイヤーにとっての1つのストーリーになって、おもしろそうですね。ちなみに誓約は、メインのストーリーに関係してくるのでしょうか?

『ダークソウル』

 誓約によって、大きなストーリーラインが変わることはありません。誓約自体の縛りは、かなり緩くしたいんです。あくまでもロールプレイの“指針”であって、そこに自由度がないと、ロールプレイの押し付けになってしまいますから。誓約に共感して忠実に振る舞うのも、力を得るために一時的に利用するのも、どちらでもできるように、プレイヤーが自由に選び、遊べるようにしたいですね。

――新しい誓約を見つけたら、どんどん乗り換えていけるのですね。

 そうですね。誓約については、世界観と密接にかかわる要素でもあるので、徐々に未知の世界を知る中で、誓約も変わっていくのは自然なことだと思います。少しズレますが、ゲーム開始時に誓約がほとんど伏せられているのは、ゲーム開始時に世界がほとんど未知であることからもきているんです。

→NPCとのマルチプレイも?(3ページ目へ)

(C)2011 NBGI (C)2011 FromSoftware, Inc.

データ

▼『ダークソウル』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年9月22日
■希望小売価格:7,429円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。