News

2011年5月12日(木)

『鉄拳』シリーズ初のフルCGアニメが9月3日よりロードショー

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスがリリースする人気格闘ゲーム『鉄拳』を題材にした劇場用フルCG映画『鉄拳 BLOOD VENGEANCE(ブラッド・ベンジェンス)』が、9月3日より新宿バルト9など全国主要都市の映画館で3D上映される。

『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』

 『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』は、『鉄拳』シリーズ初のフルCG長編アニメーション作品。『鉄拳』シリーズの持つ世界観はそのままに、個性あふれるキャラクターたちが謎を追いながら友情を深め、熱い戦いを繰り広げていくサスペンス・アクションムービーとなっている。

 映像制作は、『鉄拳』シリーズのオープニングムービーをはじめ、数々のハイクオリティな作品を生み出すデジタル・フロンティアが担当。監督には、『鉄拳5』や『鉄拳6 BLOODLINE REBELLION』のオープニングムービーを手がけたデジタル・フロンティアの毛利陽一さんを起用する。脚本に『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』で脚本を、『交響詩篇エウレカセブン』ではシリーズ構成と脚本を手掛けた佐藤大さんを起用するなど、日本を代表するトップクリエイターが集結し、新たな『鉄拳』を描き出すという。

 『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』は、まず今夏に北米でプレミア公開され、日本国内では9月3日より上映される。公式サイトでは本作のトレーラーが公開されているので、チェックしておこう。

(C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.

■『鉄拳 BLOOD VENGEANCE』概要(※敬称略)
 公開日:北米 2011年夏 / 日本 2011年9月3日
 企画・製作・原作:バンダイナムコゲームス
 制作:デジタル・フロンティア
 監督:毛利陽一
 脚本:佐藤大
 配給:アスミック・エース エンタテインメント

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。