News

2011年5月20日(金)

音を立体的に聴けるAVG『謎惑館 ~音の間に間に~』の発売日が8月4日に決定

文:電撃オンライン

『謎惑館 ~音の間に間に~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
『謎惑館 ~音の間に間に~』

 カプコンは、今夏の発売を予定していた3DS用ソフト『謎惑館 ~音の間に間に~』の発売日を8月4日に決定した。価格は4,800円(税込)。

 本作は、“オトフォニクス”という立体音響技術を用いたアドベンチャーゲーム。ヘッドホンを使ってプレイすることで、まるで自分の周囲で鳴っているかのように、音を立体的に聞ける点が特徴だ。シナリオはDS『大神伝~小さき太陽~』を手掛けた北島行徳さんが、ビジュアルアートは第37回アニー賞・最優秀美術賞を受賞した上杉忠弘さんが担当している。

『謎惑館 ~音の間に間に~』 『謎惑館 ~音の間に間に~』
『謎惑館 ~音の間に間に~』 『謎惑館 ~音の間に間に~』
▲ヘッドホンやイヤホンを使ってプレイすることで、音を立体的に聴ける『謎惑館 ~音の間に間に~』。3Dスクリーンやジャイロセンサー、モーションセンサーやマイクなど、3DS独自の機能を使って遊ぶゲームだ。

 発売日と価格の発表にあわせて、公式サイトではWebラジオ『音の間に間に! 謎惑RADIO☆』の配信がスタート。この番組は、聴くだけでソフトの内容を把握できる内容になっているという。

『謎惑館 ~音の間に間に~』
▲公式サイトでは他にも、“奇妙な部屋と住人たち”やブログのコーナーが更新されている。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2011 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『謎惑館 ~音の間に間に~』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:ADV
■発売日:2011年8月4日
■希望小売価格:4,571円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。