News

2011年6月16日(木)

名古屋で開催された『MTG』イベント“マジック・ウィークエンド”をレポ!

文:電撃オンライン

 6月10日~12日にかけて、TCG『マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)』のイベント“マジック・ウィークエンド”が愛知県名古屋市で開催された。

 このイベントは、『MTG』の公式大会の中でも特にレベルの高い招待制プレミアイベント“プロツアー”と、すべてのプレイヤーが楽しめる数々の併催イベントが1つになったもの。その名の通り週末の3日間、会場には多くの『MTG』プレイヤーが集い、思いっきり『MTG』を満喫していた。ここでは、そんな“マジック・ウィークエンド”会場の様子をお伝えしていく。

マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド

■ 会場には気軽に参加できるイベントが盛りだくさん! ■

 イベント会場では、さまざまな規模の併催イベントが開かれており、多くのプレイヤーでにぎわっていた。金曜日にはさまざまなプロモーションカードがもらえる“スーパー・フライデーナイトマジック”。土曜日は次回開催の“プロツアー フィラデルフィア”予選大会。そして日曜日には“30万円ドラフトチャレンジ”とイベントが目白押しで、プレイヤーは思い思いの併催イベントに足を運んでいた。

 こういったイベントには全国からプレイヤーが集結するため、併催イベントといえどレベルの高いゲームを楽しむことができる。

マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド
▲8人集まれば即スタートの小さなトーナメントから、参加者100人以上、賞金総額数十万円の大規模トーナメントまで、併催イベントは多彩。会場に来るだけで遊べる、楽しめる。それが併催イベントの大きな魅力だ。

 また、こういった『MTG』のイベントでは恒例となっている、イラストレーターのサイン会も開かれており、自分の好きなカードにサインをもらおうと多くのプレイヤーが列を作っていた。

マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド
▲今回来日したのは《サルカン・ヴォル》や《恐血鬼》などのイラストを手掛けたDarkenさんと、《大建築家》《灯台の年代学者》などのイラストを描いたSteven Belledinさん。

 1枚のカードにサインをもらうだけでなく、カードに描かれているキャラクターに翼を持たせるなどアレンジしてもらったり、カードを3枚×3枚に並べ、そこに大きなイラストをもらったりなど、サインの依頼も人それぞれ。それに素早く、高いクオリティで応えるあたりは、さすがプロといったところ。

 こちらは『MTG』の開発スタッフとゲームができる“スペルスリンガー”コーナー。最近のカードを使った“スタンダード”デッキだけでなく、古いカードも使える“エクステンデッド”形式でのゲームも受け付けていたようだ。ゲームの後には素敵なお土産がもらえるということもあって、たくさんのプレイヤーが自身のデッキを持ち寄り、開発スタッフに挑戦していた。

マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド
▲公式サイトの翻訳コラムなどで有名なTom LaPilleさん、Ken Nagleさん、Dave Guskinさんなど、そうそうたる顔ぶれだった。

 また、TCGとしての姿だけでなく、さまざまな分野にメディアミックスされた『MTG』も紹介されていた。ゲームは実際にプレイでき、コミックは試し読みが可能とあって、こちらも多くのプレイヤーの興味を引いていたようだった。

マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド

 Xbox 360版がすでに配信されており、今夏PS3でも配信が開始される予定のソフト『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』の試遊台も並べられていた。対戦シミュレータとしての機能はもちろん、初心者を完全にフォローした親切なチュートリアル、複数人での勝負が熱い“アーチエネミー(魔王戦)”まで、さまざまな形式での『MTG』が楽しめるソフトだ。『MTG』の美麗なイラストもしっかり再現されており、実際の対戦と同じ雰囲気を家庭用ゲーム機で味わうことができる。

マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド マジック・ウィークエンド

 『電撃マ王』(アスキー・メディアワークス刊)で連載され、コミック2巻が6月末に発売される『マジック:ザ・ギャザリング 燃え尽きぬ炎』も展示されていた。炎を操るプレインズウォーカーの少女《チャンドラ・ナラー》の旅と戦いを描いた本作には、チャンドラ以外にも、スタンダードで活躍している《ジェイス・ベレレン》や《ギデオン・ジュラ》といった人気プレインズウォーカーが登場。完成度の高い『MTG』のストーリーの一端を味わえる作品だ。会場の一隅にあったシャドーアート展示でも《チャンドラ・ナラー》を使ったものが飾られていた。

 この他、会場では初心者のプレイヤーへのティーチングや、公認カードショップによる物販などが催されており、会場には多くのプレイヤーの熱気がうずまいていた。

 →次ページから“プロツアー名古屋”決勝ラウンドの模様をお届け!(2ページ目へ)

(C)1995-2011 Wizards of the Coast LLC, a subsidiary of Hasbro, Inc. All Rights Reserved.
[Text by ねこひげ合同会社/ゆば]

1 2

データ

▼『マジック:ザ・ギャザリング 新たなるファイレクシア』ブースターパック日本語版
■メーカー:タカラトミー
■発売日:2011年5月13日
■価格:15,876円(税込)
 
■『マジック:ザ・ギャザリング 新たなるファイレクシア』ブースターパック日本語版の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。