News

2011年6月16日(木)

『メルルのアトリエ』にハレンチな要素はありません! 開発者インタビュー前編

文:電撃オンライン

『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■ロロナとの結婚は犯罪のにおいがするのでお止めください!

――撮って出し動画のトトリの“ちむちゃんエール”の決めポーズは、どういった形で生まれたのですか?(アトリエントランス)

 演出を作った開発スタッフの愛です! それ以上でもそれ以下でもありません! まあ、いきなり完成品を見せられた時はさすがに笑いましたが。お任せにしていたし、クオリティ高いからこれはこれでいいかなと、OKを出してしまいました!

――撮って出し動画を見た限り、メルルにはスキルがないようでしたが、メルルはスキルを覚えないのでしょうか? それとも、トトリのように高レベルになるととっておきのスキルを覚えたりするのでしょうか?(希月)

 トトリのデュプリケイトに該当するのが、“パワーアイテム”と“ポテンシャライズ”です。この2つのスキルは使用することはできないのですが、覚えると仲間のサポート攻撃に合わせて、攻撃アイテムを強化して使えるようになります。その強化の幅は2段階あり、最終段階では前作の最高の特性をそろえた時くらいの強さになります。最終段階の発動条件は少し厳しめになっていますが、主力として使うだけの価値は十分すぎるほどありますので、メルルは攻撃アイテムを使いまくって戦ってください!

――今回の期限はどれくらいですか? 前作は6年あったので落ち着いてプレイできたので、今回もそれぐらいな感じですか?(たけのこ)

 今回も前作と同じような感覚でプレイしていただけるかと思います! また、前作のように探索で出回っていたらいつの間にか時間切れ、といった状況も起こらないように、さまざまなフォローを入れてありますので、前作1周目で苦い思いをした方もご安心ください!

――『メルルのアトリエ』では、フィールドのシンボル数(ダンジョン数)が前作『トトリのアトリエ』と比べてどうなっているのでしょうか? アーランドシリーズのラストにふさわしく過去最大なのか、それとも開拓という新要素の関係上ある程度絞っているのか? ご回答よろしくお願いします!(タマラセ)

 ご指摘の通り、開拓という要素があるためマップの数“自体”は、前作と同じか、やや少なくなっています。ただし! “自体”を強調しましたように、同じマップでも開拓によって見た目にはじまり、登場するモンスター、採取できるアイテムも段階的に変化しますので、ボリュームが減ったということはまったくありませんのでご安心ください! むしろすべての要素を1周でコンプリートするのは、今作では周回前提で効率化していかないとかなり難しいのではないかと思います(というか、開発ではちょっと無理でした)。

『メルルのアトリエ』

――ロロナはピンク、トトリはブルーでしたが、メルルのイメージカラーをイエローにした理由がありましたら教えてください。(ステテコステルク)

 やはり3人並んだ時のバランスが素敵だったのと、意外と黄色のヒロインってシリーズを振り返っても少なかったので、お姫様という設定も映えるだろうということで決まりました。というか岸田メルさんのデザインでいちばんお姫様らしかったからなんですけどね。

――キャラクターの瞳の色が、青、茶色、赤紫とバリエーションがありますが、どのようにして決めているのでしょうか? あと、B型のキャラクターがなぜいないのでしょう?(agnode)

 岸田さんにお任せしています。デザイン的に一番映える色を選んでいただいていると思うので、こだわりとかは一切ありません。とにかくキレイだと思ったらOK! B型のキャラクターもちゃんといますよ! ジーノなんかがそうです。でも、A型が多いのは多分、真面目な性格の人たちが多い国だからですね。というのはうそですが、血液型が偏ってる国も多いので、アーランドもそういう国なのかと。

『メルルのアトリエ』

――『ロロナのアトリエ』ではネーベル湖畔へのバカンス、『トトリのアトリエ』では豊漁祭。もちろん『メルルのアトリエ』にもありますよね?(希月)

 ご期待を裏切ってしまい、本当に申し訳ありません……! 今回、水着イベントは諸々の事情で用意していないんです! 水着のカットは一切用意されていません(岸田さんに確認してもらってもいいです)。本当にすみません! ……でも、ペーターは出てくるんですよね。どうしてでしょう?

――『トトリのアトリエ』では、船で島々をめぐって隣の大陸まで移動できましたが、今作でも移動できるのでしょうか? また移動できるマップ(地域)に、アーランド王国の各地も含まれますか?(ルック)

 アーランド大陸はトトリがあらかた探索し尽くしてしまったのと、アーランド編入までのアールズでのお話がメインストーリーとなるため、アーランドは本編には含まれておりません。ごめんなさい!

――『ロロナのアトリエ』『トトリのアトリエ』に続いて、今作でもお酒絡みのイベントはあるのでしょうか? 個人的にはトトリがゲーム経過時間の中で20歳を迎えるのが、ちょっと気になっています。姉のツェツィが酒豪でしたし。(Passione)

 今回は結構平均年齢が高いので、意外なところでお酒イベントはあるかもしれません! というか、「今回イベントの飲食率高いな!」という印象を個人的に受けました。生活感あふれるRPGですね!

――アールズでは荒ぶるポーズが流行っていると聞きました。メルルやライアス以外にも、荒ぶったポーズをするキャラは出てくるのでしょうか?(花咲くめるは)

 説明するまでもないと思いますが、今回もあの人がやらかしてくれますのでご期待ください! ちなみに、前作で必殺技だったあの技は普通のスキルになっていますよ!

――今のところおっぱい的要素が絶望的に少ないですが、未発表のキャラで期待してもいいのでしょうか……。健全な男子としてはどうしても気になります。リオちゃんやメル姉のようなポジションは必要だと思うんです! た、対比効果とか考えて! 決していやらしい意味ではなく!(オメガレヘルン)

 ちゃんとご用意してありますのでご安心ください! それに何より、もしかしたら、本当はバランスとれているかもしれないじゃないですか! 服を着ていたらわからないだけで! それを確かめる方法がここではお伝えできないのが残念ですが!

――今回やたら貧乳率が高い気がしますが、開発者の中では貧乳派が多いのですか?(hahe、榊 慎)

 それはあなたの勘違いですよ! 外からの見た目なんてなんの役にも立たないのです! もっと内面をみていただきたいものですね! ……はい、ただの偶然かと思います。

――ロロナがかわいすぎて結婚したいです。アーランドの結婚式はどんな形式なのですか?(chisachi)

 きっと小さな教会とかでささやかに開かれ、近しい人たちが集まって祝福してくれる素敵な式になるんだと思いますが、ロロナとの結婚は犯罪のにおいがするのでお止めください!

『メルルのアトリエ』

→次のページでは、エンディングやDLCについて言及!(3ページ目へ)

(C)GUST CO.,LTD. 2011

データ

▼『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2011年6月23日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~(プレミアムボックス)』
■メーカー:ガスト
■対応機種:PS3
■ジャンル:RPG
■発売日:2011年6月23日
■希望小売価格:9,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。