News

2011年7月27日(水)

“現実”と“幻想”が絡み合う、東の果ての物語――『死神と少女』

文:電撃オンライン

『死神と少女』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
7月28日発売タイトル

 TAKUYOは、PSP用の女性向けAVG『死神と少女』を明日7月28日に発売する。価格は7,140円(税込)。

 本作は、ここではない世界の東の果てにある国の港町・鳴鐘町を舞台に、死神と少女の物語が展開するAVG。1章毎に完結するオムニバス形式のAVGとなっており、プレイヤーは主人公の遠野紗夜(名前のみ変更可能)となって行動していく。紗夜やその他の人々による物語と同列で“絵本”や“童話”といった別の物語が章ごとの随所に挿入され、“現実”と“幻想”の2つの物語が密接に関係しながらストーリーが進んでいく。

 特徴的なシステムとして“言の葉システム”を搭載。これは、ゲーム中に入手できる“言の葉”によって、今まで隠されていた物語を見たり、2つの言の葉を組み合わせて好感度ボーナスを得られたりするシステムとなっている。

→ゲーム画像を見たい人はソフトカタログをチェック!

(C)2010-2011 TAKUYO CO.,LTD.

データ

▼『死神と少女』
■メーカー:TAKUYO
■対応機種:PSP
■ジャンル:ADV
■発売日:2011年7月28日
■希望小売価格:6,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。