News

2011年8月3日(水)

PS3/X360『BINARY DOMAIN』ラストクルーの2人やゴーレムを紹介

文:電撃オンライン

『バイナリー ドメイン』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 セガは、2012年2月に発売を予定しているPS3/Xbox 360用ソフト『BINARY DOMAIN(バイナリー ドメイン)』の新情報を公開した。

 本作は、『龍が如く』シリーズの総合監督・名越稔洋さんと、『龍が如く』チームが手掛けるアクションゲーム。2080年の東京を舞台に“命”をテーマにした熱い人間ドラマが展開する。『龍が如く』で培った表現力に加えて、世界最高峰のAI(人工知能)とオンラインマルチプレイの開発に取り組んでいるという。

 今回は、IRTA(国際ロボット技術機構)の潜入査察部隊・ラストクルーに所属する2人のキャラクターを紹介。さらに、敵として現れるロボットのゴーレムについても解説する。

●ラストクルーの2人のメンバー

チャールズ・グレゴリー(通称チャーリー)(CV:桐本琢也)

 40歳の英国人で、ラストクルーの前線指揮官。かつてはアジア各地で秘密工作を行っていたが引退。元同僚レイチェルの誘いを受け、再び潜入工作に従事している。やや神経質ながら、戦場での経験は豊富。ラストクルー歴は4年。

『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』
『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』
▲チャールズ・グレゴリー▲桐本琢也さん

レイチェル・タウンゼント(CV:皆川純子)

 28歳の英国人で、チャーリーと同様に元・英国秘密情報部所属。並外れた身体能力と行動力を見出され、ラストクルーの英国部隊として潜入査察工作などに従事する。たまに仲間の近くに爆薬を仕掛けたり、ロケットランチャーを撃ったりと気が短い一面もある。ラストクルー歴は4年。

『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』
『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』
▲レイチェル・タウンゼント▲皆川純子さん

●強襲突入作戦用ロボット・ゴーレム

『BINARY DOMAIN』

 AMADA社製の軍事用ロボットで、2077年度に採用された。強襲突入作戦用に開発された法執行ロボットで、防護性能の高い多積層複合装甲と、敏捷性を重視した強化柔軟アクチュエータ(駆動装置)が特徴だ。ショットガンを装備しているため、高度な近接戦闘プログラムで自律行動すると推測されている。IRTAコードは“LRJ-0048”。

『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』
『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』

●ムービーシーンの一部を紹介

『BINARY DOMAIN』

 東京の下層スラムに足を踏み入れたダンが、ラストクルーの各国部隊メンバーと合流するシーン。英国部隊・チャーリーの指揮で、作戦対象のAMADA社を目指して上層都市へと向かう。

 チャーリーは、“ミフネ”と名乗る日本人協力者を手配したという。その男は、スラムに埋もれた酒場でダンたちの到着を待っている……はずだった。しかし店にミフネの姿はなく、マスターは何も知らないと話す。

『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』
『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』

 そんな中、ダンは店の給仕ロボットから、ある視線を感じていた。ロボットのものではない、“ヒト”の視線。警戒心の強いミフネは、給仕ロボットの目を通してダンたちを見定めていたのだ。

 ミフネは、一方的に待ち合わせ場所の変更をダンたちへ伝えてくる。指定された場所は渋谷の地下街。そこは、下層スラムの人々が当局の目を避けて集まる無法地帯だった――。

『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』
『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』 『BINARY DOMAIN』

(C)SEGA
※画面は開発中のもの。

データ

▼『バイナリー ドメイン』
■メーカー:セガ
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年2月16日
■希望小売価格:7,990円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『バイナリー ドメイン』
■メーカー:セガ
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年2月16日
■希望小売価格:7,990円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。