News

2011年8月22日(月)

A・RPG『ダークソウル』のプレイはここから始まる! キャラクターメイクを紹介

文:電撃オンライン

『ダークソウル』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 フロム・ソフトウェアは、9月22日に発売するPS3用A・RPG『ダークソウル』のキャラクターメイク情報を公開した。

『ダークソウル』

 『ダークソウル』は、ダンジョンを探索する緊張感、敵と遭遇した時の恐怖、発見のよろこびなど、RPGが本来持つおもしろさや達成感にこだわった作品。退廃的な雰囲気ただようダークファンタジーの世界を舞台に、探索の奥深さと剣戟アクションの駆け引きを楽しめる。今回の記事では、プレイヤーが最初に行うことになるキャラクターメイクについて紹介する。

●これまでの記事
→『ダークソウル』の概要の紹介
→篝火システムを中心とした紹介
→ゲーム中で体験できるシチュエーションを紹介
→『ダークソウル』の世界観を紹介
→オンラインプレイの様子を紹介

 キャラクターメイクでは、名前と性別を決め、体型や顔などの外見をカスタマイズできる。キャラクターの能力は、10ある“素性”のどれを選ぶかによって初期パラメータなどが変化。“贈り物”という項目から、所持アイテムを選択することも可能だ。

『ダークソウル』 『ダークソウル』
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲素性によって序盤のプレイスタイルも変わってくる。外見のカスタマイズも含め、自分のロールプレイを想像しながら作成すると、キャラクターが完成するまでの段階でかなり楽しめそうだ。

『ダークソウル』
▲贈り物の項目では、役に立つものからそうでないものまで、さまざまなアイテムを選択できる。画像は、通常の“火炎壷”よりも強力な“黒い火炎壷”の使用場面。

 以下に、キャラクターメイク時に選択できる10の素性、それぞれの特徴を紹介する。ちなみに、騎士と聖職者だけは最初から誓約を交わしている。

戦士騎士
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲戦を生業とする戦士。筋力、技量ともに高い武器の専門家で、さまざまな武器を使いこなす。▲下級の騎士。体力が高く、鎧もかたく打たれ強い。最初から“白教”の誓約を交わしている。
放浪者盗賊
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲あてのない放浪者。技量の高い曲剣使い。▲うしろめたい盗人。致命の一撃を狙いやすい。また“万能鍵”を持っている。
山賊狩人
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲野蛮な山の盗賊。高い筋力で重い戦斧を振るう。蜘蛛の盾は毒に強い。▲弓を使う狩人。接近戦もこなすが、魔法全般は苦手。ヘッドショットを狙おう。
魔術師呪術師
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲ヴィンハイムの竜の学院の魔術師。ソウルの魔術を操る。▲大沼の呪術師。炎を操る呪術の他、手斧も使いこなす。
聖職者持たざる者
『ダークソウル』 『ダークソウル』
▲旅の聖職者。メイスを振るい、回復の奇跡を使う。騎士と同様に“白教”の誓約を交わしている。▲素性も知れぬ裸の人。能力値は高いが、棍棒と板切れの盾が装備品のすべて。

(C)2011 NBGI (C)2011 FromSoftware, Inc.

データ

▼『ダークソウル』
■メーカー:フロム・ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:ARPG
■発売日:2011年9月22日
■希望小売価格:7,429円+税

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。