News

2011年9月15日(木)

PS Vita『真・三國無双NEXT』やPC『三國志12』など3新作情報が多数飛び出したコーエーテクモのステージをレポ!!

文:電撃オンライン

 東京ゲームショウ2011のコーエーテクモブースでは、同社の新作タイトルラインナップを紹介するステージイベントが行われた。

 本日紹介された新作タイトルのうち、まず先陣を切って紹介されたのは『真・三國無双6 猛将伝』。PVでは王異や郭嘉などの新規キャラクターや、猛将伝独自のモードをはじめとしたシステムが紹介された。プロデューサー・鈴木亮浩氏からは、『真・三國無双6』で実装された武器を切り替えながらの戦闘や、3D映像での迫力あるビジュアルなどが特徴として紹介された。

PS Vita『真・三國無双NEXT』やPC『三國志12』など3新作情報が多数飛び出したコーエーテクモのステージをレポ!!
▲『真・三國無双6 猛将伝』プロデューサーの鈴木亮浩氏。

 続いて2番目に映し出されたのは、『NINJA GAIDEN 3』のプロモーション映像。前作以上にダークな雰囲気に満ちた世界観をはじめ、右腕からほとばしる炎のようなものに悶え苦しむ主人公のリュウ・ハヤブサが印象的なプロモーション映像となっていた。本作の開発を担当する早矢仕洋介プロデューサーからは、「前作以上にアクション要素を高めながらも、難しすぎてクリアできないという人や、初めて本作をプレイされるユーザーさんのために難易度を選べるモードを導入しました」との説明がなされた。

PS Vita『真・三國無双NEXT』やPC『三國志12』など3新作情報が多数飛び出したコーエーテクモのステージをレポ!!
▲『NINJA GAIDEN 3』プロデューサーの早矢仕洋介氏。

 そして3番目には、PS Vitaの本体と同時に発売されるローンチタイトルの『真・三國無双NEXT』が発表された。ステージに登場した小笠原賢一プロデューサーは、「本作は液晶画面のタッチ操作はもとより、背面タッチパネルやジャイロなど、PS Vita独自の操作方法を十分に生かした、まったく新しい『三國無双』シリーズとなっています」と力強くコメント。

PS Vita『真・三國無双NEXT』やPC『三國志12』など3新作情報が多数飛び出したコーエーテクモのステージをレポ!!
▲『真・三國無双NEXT』プロデューサーの小笠原賢一氏。

 この他にも『戦國無双3 Empires』や『チャンピオンジョッキー』などのタイトルについても映像で紹介され、続いて『三國志11』から5年振りの新作となったWindows PC用『三國志12』のPVがスクリーンに映し出された。

 満を持しての登場となった本作の北見健プロデューサーからは、「5年の時間をかけて作っただけあって、ユーザーの皆さんには満足していただけるものと思っています」と自信をのぞかせた上で、「今作は動作が重くなりがちだったノートPCでも安定して動作するようにし、さらにタッチパネルなどが搭載されたタブレットPCでもプレイできるようにしています」とコメント。

PS Vita『真・三國無双NEXT』やPC『三國志12』など3新作情報が多数飛び出したコーエーテクモのステージをレポ!!
▲『三國志12』プロデューサーの北見健氏。

 この他、ステージでは3DS向けに開発された女性向け恋愛ゲーム『ファブスタイル』も発表された。これらのゲームは『真・三國無双NEXT』を除き、コーエーテクモブースにプレイアブル出展されている。また『真・三國無双NEXT』はSCEブースでプレイすることが可能だ。興味のある人は一般公開日にブースへ足を運んでみてほしい。

PS Vita『真・三國無双NEXT』やPC『三國志12』など3新作情報が多数飛び出したコーエーテクモのステージをレポ!! PS Vita『真・三國無双NEXT』やPC『三國志12』など3新作情報が多数飛び出したコーエーテクモのステージをレポ!!
▲3DS用新作の『ファブスタイル』。プレイヤーはブティックの女性店長となり、ファッションに関する知識を磨きながら店を訪れる女性客にコーディネートのアドバイスをして、業界No.1のシェア獲得を目指す。

■東京ゲームショウ2011 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2011年9月15日~16日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2011年9月17日~18日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込) ※小学生以下は無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。