News

2011年9月15日(木)

水中操作も下画面の操作も快適! ガノトトスやブラキディオスが暴れ回った『モンスターハンター3(トライ)G』プレイレポート

文:電撃オンライン

 幕張メッセで行われている東京ゲームショウ2011。そのカプコンブースに出展されている3DS用ソフト『モンスターハンター3(トライ)G(以下、MH3(tri-)G)』のプレイレポートをお届けする。

水中操作も下画面の操作も快適! ガノトトスやブラキディオスが暴れ回った『モンスターハンター3(トライ)G』プレイレポート 水中操作も下画面の操作も快適! ガノトトスやブラキディオスが暴れ回った『モンスターハンター3(トライ)G』プレイレポート
▲ブースの雰囲気はまさにリアルな“タンジアの港”そのもの。集会所が、そこに広がっていた。
水中操作も下画面の操作も快適! ガノトトスやブラキディオスが暴れ回った『モンスターハンター3(トライ)G』プレイレポート
▲キュートな受付嬢がクエストへとご案内♪ よし、頑張るぞ!

 12月10日に発売される本作は、Wiiで発売された『モンスターハンター3(トライ)(以下、MH3(tri-))』にさまざまな新要素を加えたもの。砕竜・ブラキディオスという新モンスターや、新たなキャラ・カヤンバが登場する。また基本操作に加えて、タッチスクリーンによる新たな操作方法が導入されるという。

 会場に用意されているのは、初級者用と中級~上級者向け、そして上級者向けの3つのクエスト。初級者向けの“ウルクスス討伐【凍土】”、中級~上級者向けの“ガノトトス討伐【孤島】”、そして上級者向けの“ブラキディオス討伐【火山】”だ。“ブラキディオス討伐【火山】”は、メインモンスターの“ブラキディオス”を相手にするというもの。

 まずは気になる操作性についてお届けし、その後でモンスターの挙動について書いていきたい。

 本作では、Wii『MH3(tri-)』に登場していない武器種として、双剣、笛、ガンランス、弓が登場。やはり気になるのは、モーションがどうなっているのかということと、水中での動きだ。結論から言ってしまうと、大幅な変更はないように感じた。PSP『モンスターハンターポータブル 3rd(以下、MHP 3rd)』をプレイしているハンターであれば、違和感なく操作できる。

 体感した中では、弓の曲射と笛の叩きつけのモーションが水中で変化。曲射は、軌道が普段よりも山なりで遅い弾道が発射され、笛の叩きつけはそのまま水中で1回転するというモーションになっていた。ガンランスの砲撃と竜撃砲は、どちらも水中で使用可能だった。

 Wii『MH3(tri-)』での水中における移動で特徴的だったのは、ZLとZRボタンで上昇・下降を行うということ。しかし、3DSではZL/ZRがないため、B+スライドパッドで上昇と下降を行う。B+↑で上昇、B+↓で下降という具合だ。Bボタンを押さない場合は、スライドパッドの↑で奥に移動、↓で手前に移動。Rボタンと組み合わせればダッシュ移動する。

水中操作も下画面の操作も快適! ガノトトスやブラキディオスが暴れ回った『モンスターハンター3(トライ)G』プレイレポート

 3D表示は、ハンターとモンスター、そして一部のモンスターの攻撃が浮き出ている。奥から手前への移動や攻撃では、なかなかの迫力だ。今回は撮影をしながらだったため、途中から3D表示を切っていたが、個人的には中間くらいであれば、気にならずに楽しめた。

 新機能として注目したいのが“ターゲットカメラ”というシステム。これをONにしていて大型モンスターと対峙している時にLボタンでカメラリセットをすると、大型モンスターにカメラが向く。3DSはスライドパッドが上にあり、十字ボタンが下にあるため、これまでのシリーズで使われていた、左手の親指を操作しながら、左手の人差し指でカメラを動かすという、いわゆる“モンハン持ち”をやりにくい。

水中操作も下画面の操作も快適! ガノトトスやブラキディオスが暴れ回った『モンスターハンター3(トライ)G』プレイレポート

 上記に加えて、モンスターを見失いやすいというハンターへの配慮として用意されたものだと思われる、この“ターゲットカメラ”。結論としては、かなりやりやすいものだった。やはり、これまでのクセでカメラ操作をしたくなるが、猛る心を沈めてLボタンを押す。すると瞬時に、モンスターの方を向いてくれるため、相手を見失うということはほぼない。

水中操作も下画面の操作も快適! ガノトトスやブラキディオスが暴れ回った『モンスターハンター3(トライ)G』プレイレポート

 下画面の右側には十字ボタンのグラフィックが表示されているのだが、これは十字ボタンがもう1つ増えたと考えてもらって問題ない。これまでの右スティックのような位置にあるため、カメラ操作をこれで行うことも可能だ。なお、この下画面は製品版であれば、自由にカスタマイズ可能。今回は十字ボタンとアイテムポーチ、マップにターゲットカメラが設定されていたが、すべて変更することも可能だ。

 体験版ではシングルプレイとマルチプレイが用意されている。マルチプレイでは4人での狩りを体験可能。シングルプレイではチャチャと新キャラのカヤンバがクエストに同行してくれる。踊りを踊って援護してくれたり、モンスターの気を引いてくれたりと、なかなか役に立つ。さらに、さまざまなセリフを口にするため、1人でもにぎやかな狩りを体験できた。

 システムについてはこれで語り尽くしたと思うので、続いてモンスターについて書いていきたい。

次のページで、モンスターを語る!

1 2

■東京ゲームショウ2011 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2011年9月15日~16日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2011年9月17日~18日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込) ※小学生以下は無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。