News

2011年9月17日(土)

『ゴッドイーター バースト』とのコラボに続いてGREEとモバゲーにも進出! 『モンコレTCG』パネルトークイベント

文:電撃オンライン

 東京ゲームショウ2011一般公開日の初日を迎えた本日9月17日、ブシロードブースでは今年からブシロードが発売を担当することになったトレーディングカードゲーム『モンスター・コレクションTCG(以下、モンコレTCG)』のイベントが行われた。

 イベント開始後、まず同作のプロデューサーを務める富士見書房の稲垣健氏が登壇し、実際に『モンコレTCG』の製作を行っているグループSNEの加藤ヒロノリ氏、ブシロードの『モンコレTCG』宣伝プロデューサーである大河内俊哉氏を紹介した。

『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』
▲左から大河内氏、加藤氏、稲垣氏。イベント冒頭では『モンコレTCG』はモンスターを召喚して戦うゲームであることや、10年を超える長い歴史があることなどの概要も簡単に説明された。

 続いて、8月に発売されたトライアルデック『火竜』『剣姫』を皮切りに始まり、“新章”と名づけられた『モンコレTCG』の新たな展開についてのトークを行った。

 ここでは、現在すでに小説が発売され、コミックが連載中であることが伝えられた他、今秋よりGREEとモバゲーで『モンコレTCG』のソーシャルゲームがサービス開始予定であることが初めて明らかにされた。

『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』
▲ゲームにはRPGの要素が加えられており、カードを使って遊ぶ『モンコレTCG』とはまた違った味付けになっていると稲垣氏が説明。またトライアルデック『火竜』『剣姫』、ブースターパック『アルフレアの不死鳥』までのすべてのモンスターが登場する予定であると発言した。

 ここで大河内氏が「なぜ(電源ゲームのイベントである)TGSにアナログゲームの『モンコレTCG』が?」という声がツイッター上に多く寄せられていたことを明らかにし「関係者は誰も理由をつぶやけなかったけど、これがあったからなんですよ!」とぶちまけ、会場の笑いを誘った。

 次に、本日17日に発売されたタイトルデック『ゴッドイーター』と『アラガミ』についてのトークが始まり、『ゴッドイーター バースト』のプロデューサーであるバンダイナムコゲームスの富澤祐介氏が登壇。

『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』
▲登場後、まず『ゴッドイーター』についての簡単な説明を求められた富澤氏。アラガミと呼ばれる異形の生物によって荒廃した世界を舞台に、アラガミに対抗するゴッドイーターたちの戦いを描くハンティングアクションゲームであると解説した。

 続いて、なぜ『モンコレTCG』と『ゴッドイーター』がコラボすることになったのかについてのトークが行われ、まず大河内氏が「私が『ゴッドイーター』好きだからです!」と会場を沸かせた。その後『ゴッドイーター』は複数のキャラクターが分散、合流して戦うゲームであること、高低差などの地形を利用する戦法があることなど『モンコレTCG』との共通点をあげ、両者の親和性が高いということを話した。

 さらに富澤氏が、『ゴッドイーター』というコンテンツをPSPのアクションゲームという地点からさらに拡大させていたいと考えていた時に打診があったため、快諾した旨を話した。今回のタイトルデックを製作した加藤氏によると、ちょうどその時期に開発スタッフ内で『ゴッドイーター』が流行しており、スムーズに開発に踏み出すことができたそうだ。

 また、今回のタイトルデックの一押しのポイントとして、加藤氏は『ゴッドイーター』のアラガミバレットを『モンコレTCG』の戦闘スペルに置き換えるなど、双方の作品が持つ完成度の高い世界観を壊さないゲームになっていることをあげた。同様に大河内氏は両方のファンがコレクションとして楽しめるものとなった美麗なイラスト、富澤氏はPSPでは見せることのできなかった《ヘリポート》などの地形をはじめ、設定が忠実に再現されていることが魅力だと語った。

『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』

『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』
『モンスター・コレクションTCG』 『モンスター・コレクションTCG』
▲タイトルデックに収録されたカードからオススメのカードが数枚紹介された。富澤氏が「アリサは俺の嫁!」と声高らかに宣言するなど、トークは始終和やかなムードで展開。また《上等衛生兵》など、自分の使っていたキャラクターに近いものがあれば、それを活躍させてあげてほしいと大河内氏が語っていた。

 そして、12月3日に発売される『ゴッドイーターバースト』のタイトルブースターには、『ゴッドイーター』と『モンコレTCG』双方と縁の深いイラストレーターのいのまたむつみ氏や、コミック版『GOD EATER;the summer wars』の作画をしているOkiura氏、『ゴッドイーター』シリーズのイラストを担当している曽我部修司氏といった豪華な面々が手がけたカードが収録されることが明らかにされ、会場は大いに沸いた。

 最後に富澤氏、加藤氏、大河内氏がそれぞれひと言ずつ『モンコレTCG』と『ゴッドイーター』のファンにメッセージを贈り、イベントは終了した。

富澤氏 今回『ゴッドイーター 2』を2012年発売と発表させていただきました。ファンの人にもっと楽しんでもらえる、すばらしいゲームにしたいと思っています。『ゴッドイーター バースト』とのデータ連動もあります。今回『ゴッドイーター バースト』とコラボした『モンコレTCG』と一緒にガッツリ遊んでみてください!

加藤氏 新しいブロックが出て、さらに『ゴッドイーターバースト』とコラボレーションもして『モンコレTCG』は今、順風満帆だと思っています。これからも、皆さんに楽しんでもらえるゲームを作るよう努力していきたいです。よろしくお願いします!

大河内氏 『モンコレTCG』は初版の発売から14年目を迎えます。『モンコレTCG』をこれからもよりよいものとしていけるよう頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!

『モンスター・コレクションTCG』

→イベント後にショートインタビュー(2ページ目へ)

(C) bushiroad All Rights Reserved.

1 2

■東京ゲームショウ2011 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2011年9月15日~16日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2011年9月17日~18日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込) ※小学生以下は無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。