News

2011年9月18日(日)

アーケード版の新作は近々お披露目!? 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』公式大会が東京ゲームショウで開催

文:電撃オンライン

 東京ゲームショウ2011の特設ステージで、ゲーム大会“『機動戦士ガンダム EXTREME VS.(エクストリームバーサス)』 10th ANNIVERSARY DOGFIGHT in 東京ゲームショウ2011”が開催された。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』

 このイベントは、『機動戦士ガンダム VS.』シリーズの10周年を記念して行われた『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』のオフィシャル大会。過去大会で優勝した招待選手を含め、抽選で選ばれた64組のチームがチャンピオンを目指してトーナメント形式で戦った。

 イベントの途中では、PS3版のプレゼンステージが行われた。アーケード版を手がける馬場龍一郎プロデューサーと、PS3版を手がける後藤能孝プロデューサーが登壇し、12月にリリースされるPS3版の紹介や、今後のAC版の展開について語った。

 後藤さんは、PS3版が“日本ゲーム大賞2011”のフューチャー部門を受賞したことを発表し、ユーザーに謝辞を述べた。PS3版では、ネットワークに接続することでオンラインプレイが可能。さらに、『ガンダム』らしさを楽しめるミッションモードも用意しているという。もちろんAC版の練習もできるので、「腕を磨いて、アミューズメント施設で対戦してほしい」と語った。

 『ガンダム』ゲームに10年間かかわっているのは、後藤さんと馬場さんだけだという。そんな馬場さんが、公開されたPV中に出てきた“アストレイ ブルーフレーム”が出ていたことを突っ込むと、後藤さんは苦笑いしながら「機体は増えています。ただの移植ではつまらないですし、いろいろなことを詰めているので、今後の情報に期待してください!」とコメントした。

 続いて馬場さんは、新作について語る。先日のイベントに出演したアムロ役の古谷徹さんが、新作にリボンズが出ることをうっかり話してしまったことについて、「古谷徹さんとリボンズ・アルマーク役の蒼月昇さんは、別人のはずなんですけどね」と苦笑しつつ話した後、「新作は作っているので、近いうちにお披露目したいです」と宣言した。

 新作では、機体はもちろん増えているが、さらに新要素もあるという。「ガラケーにしか対応していなかったんですが、それが……」や「カードも専用のものではなく、いろいろなゲームで使えるものにしようかと……」と、わかりやすく内容を公開してしまうという、大サービスなステージを展開。また来週にはバージョンアップを行うことや、マッチ戦も予定していることも明らかにした。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』
▲イベントの司会をしていた鈴村健一さんは、「そういえば馬場さんには、2~3日前に某スタジオでお会いしましたね」と、新作の収録があったことをほのめかした。

 大会は、マスターガンダムやデスティニーガンダム、ストライクフリーダムガンダムといった、攻撃力が高く、かつ戦況を変えられるような機体を使うプレイヤーが目立った。しかし、そんな大会をかき乱したのは、ヒルドルブやザク改、シャア専用ゲルググといったコストが低い機体だった。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』
▲被弾したパートナーを助けるために攻撃したり、味方が攻撃を受けている時にパートナーが相手のもう一方を攻撃したりと、これぞ2on2という戦いが見られた。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』
▲決勝は、ザク改とヒルドルブ 対 デスティニーガンダムとシャア専用ゲルググという組み合わせ。ザク改のハンドグレネイドとマシンガンに加えて、ヒルドルブの弾幕がフィールドを飛び交う。
『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』
▲2戦目は紙一重のところだったが、デスティニーガンダムの攻撃を抑えたザク改とヒルドルブの2人が優勝を勝ち取った。

 決勝終了後に馬場さんが登壇し、来年2月4日に、東京のディファ有明で全国大会・プレミアムドッグファイト 2012を開催することを発表した。128チームが参戦するこの大会に、決勝に残った2チームを招待するという。「来週、4機体に調整が入るので大変ですが、ぜひ練習してください!」とメッセージを送り、大会は終了となった。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』 『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』
▲他の開発者と試合を見ていて感動したという馬場さん。来年の大会でも、また熱い試合が見られるだろう。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送

■東京ゲームショウ2011 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2011年9月15日~16日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2011年9月17日~18日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込) ※小学生以下は無料

データ

▼『機動戦士ガンダム EXTREME VS.(エクストリームバーサス)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月1日
■希望小売価格:7,981円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:AC
■ジャンル:ACT
■稼働時期:2010年9月28日

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。