News

2011年9月30日(金)

心が折れるA・RPG『ダークソウル』が27万本を売り上げてソフト販売ランキングトップに

文:電撃オンライン

 9月第4週のソフト販売ランキング(集計期間:2011年9月19日~25日)は、2009年に発売されて全世界で高い評価を得たアクションRPG『デモンズソウル』の開発スタッフが挑んだ、PS3用ソフト『ダークソウル』がトップに立ちました。

 基本システムは『デモンズソウル』を踏襲しつつ、異なる世界設定で物語が展開する『ダークソウル』。販売実績は推定27.1万本、店頭消化率はほとんどのお店で90%近くに達し、週末には品薄店が続出するなど非常に活発な動きを見せました。ちなみに、『デモンズソウル』の累計販売数32.5万本に対する本作の販売比率は83.5%。仮に、本作購入者のすべてが『デモンズソウル』を持っていると仮定した場合、8割以上の人が本作を購入した計算となります。次週以降どこまで数字を伸ばせるか、注目したいところです。

 続く2位には、PS2で人気を博したアクションアドベンチャー『ICO』と『ワンダと巨像』のPS3版をセットにした、PS3『ICO/ワンダと巨像 リミテッドボックス』が初登場。各単体版を合わせた販売実績は推定11.1万本で、このうち数量限定の『リミテッドボックス』が9.0万本を占めるなど、限定版に人気が集中したようです。また3位には、人気対戦型カードゲーム『遊戯王』シリーズの最新作にあたるPSP『遊戯王ファイブディーズ TAG FORCE 6』が顔を並べました。販売実績は推定6.8万本(店頭消化率85%前後)と、前作『5』の初週実績5.0万本(累計10.9万本)を上回る順調なスタートを切っています。

 この他、今週は“爆乳ハイパーバトル”と銘打たれたマーベラスエンターテイメントの3DS用アクションゲーム『閃乱カグラ -少女達の真影-』が5位にランクインしたのをはじめ、全世界で累計1,200万本以上のセールスを記録した人気アクションシューティング『ギアーズ オブ ウォー』シリーズの最終章・Xbox 360『ギアーズ オブ ウォー 3』やPSP『武装神姫 バトルマスターズ Mk.2』、PS3『ToHeart2 DX PLUS』といった新作がトップ10圏内に初登場。旧作では、先週トップのWii『ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III』が推定6.2万本を販売して、累計販売数を31.5万本まで伸ばしました。(アスキー総合研究所)

順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定
販売数
累計
販売数
1 - PS3 ダークソウル フロム・
ソフトウェア
11/09/22 271,559 271,559
2 - PS3 ICO/ワンダと巨像
リミテッドボックス
SCE 11/09/22 89,578 89,578
3 - PSP 遊戯王ファイブディーズ
タッグフォース6
KONAMI 11/09/22 67,567 67,567
4 1 Wii ドラゴンクエスト25周年記念
ファミコン&スーパーファミコン
ドラゴンクエストI・II・III
スクウェア・
エニックス
11/09/15 61,805 315,338
5 - 3DS 閃乱カグラ -少女達の真影- マーベラス
エンターテイメント
11/09/22 51,846 51,846
6 - X360 ギアーズ オブ ウォー 3 日本マイクロソフト 11/09/22 51,079 51,079
7 - PSP 武装神姫 バトルマスターズ Mk.2 KONAMI 11/09/22 33,311 33,311
8 - PS3 ToHeart2 DX PLUS アクアプラス 11/09/22 28,325 28,325
9 2 PS3 テイルズ オブ エクシリア バンダイナムコ
ゲームス
11/09/08 24,983 595,994
10 5 Wii みんなのリズム天国 任天堂 11/07/21 18,554 484,789

(アスキー総研調べ)

※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル。
※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。