News

2011年10月10日(月)

名越監督が『バイナリー ドメイン』体験会に登場! 「いいゲームになっている」とデキに太鼓判

文:電撃オンライン

『バイナリー ドメイン』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 セガから2012年2月16日に発売されるPS3/Xbox 360用ソフト『バイナリー ドメイン』の店頭体験会が、本日10月10日より行われている。

『バイナリー ドメイン』

 本作は、『龍が如く』シリーズの総合監督・名越稔洋さん率いる“龍が如くスタジオ”が手掛けるアクションゲーム。2080年の東京を舞台に“命”をテーマにした熱い人間ドラマが展開する。『龍が如く』で培った表現力に加えて、世界最高峰のAI(人工知能)とオンラインマルチプレイの開発に取り組んでいるという。

 体験会は、本日10月10日の東京と大阪を皮切りに、全国の主要都市で随時開催予定。ゲームを体験した人には、もれなく本作オリジナルのボールペンが贈られる。東京のヤマダ電機LABI1 池袋モバイルドリーム館での体験会には、名越監督も視察に訪れ、プレイしているユーザーや店舗の様子をチェックしていた。

『バイナリー ドメイン』 『バイナリー ドメイン』 『バイナリー ドメイン』
『バイナリー ドメイン』 『バイナリー ドメイン』 『バイナリー ドメイン』
▲男性だけでなく、女性の姿も多かったヤマダ電機LABI1 池袋モバイルドリーム館での体験会。中には、東京ゲームショウ2011で一度プレイしたが、再度体験するために訪れたという人もいた。
『バイナリー ドメイン』 『バイナリー ドメイン』
▲体験会が開催される店舗では、“オリジナルヘッドセット”付きソフトの予約を受付中。先着10万名へ無料で配布される予約特典なので、早めに予約しておこう。
『バイナリー ドメイン』 『バイナリー ドメイン』
▲参加者がプレイする様子を観察したり、スタッフから話を聞いたりする名越監督。ファンから話しかけられ、記念撮影をする場面もあった。

 本日の体験会について、名越監督にお話を伺った。体験会の感想や現在の開発状況などについて語っていただいたので、ぜひご覧いただきたい。

『バイナリー ドメイン』

――今日から11店舗での体験会がスタートしましたが、率直な感想をお願いします。

 いち早く触ってみたいという方のために、こういう機会を設けました。ブースの都合上、音声認識を体験していただくことが難しく、その点は残念ですが、手触りやクオリティが伝わるいいきっかけになればと思います。

 ゲームはまだ調整中で、日進月歩で変化しています。体験会は、年が明けてもやる予定です。体験会のバージョンは体験会のものとして触っていただき、発売までに、より完ぺきな形でお届けする機会を作れたらと考えています。

――開発状況はどの程度まで進んでいますか?

 要素としては100%近く完成しています。しかし、ゲームは調整が大事。この調整はキリがなくて、締切ギリギリまでやっていきます。

――さまざまな場所で体験会が行われますが、東京ゲームショウへ来られなかった方への配慮でしょうか?

 地方の方はもちろん、日本中の方に遊んでほしいと思っています。“龍が如くスタジオ”の作品ということで『龍が如く』のイメージが強いと思いますが、同じスタッフが作っていて、かける思いは近いものがあります。これまで同様に、内容を丁寧に伝えていきたいと思っています。

――東京ゲームショウがあり、作品の認知度は上がっていると思いますが、ご自身の手ごたえは?

『バイナリー ドメイン』

 手ごたえはいいと思います。思っていたよりはユーザーが上手でしたね。操作性や難易度は、TPSを遊んでいる人たち寄りになっていますが、難易度をどのあたりに落ちつけるかを考えています。これが最後の詰めのテーマです。

 東京ゲームショウで上手だった人はTPSに慣れている人だと判断していて、現在の難易度だと『龍が如く』のファンには難しいように思えます。そこを難易度選択で振り分けてしまうのか、もうちょっと全体的に下げるかを考えている最中です。

――予約でヘッドセットをプレゼントするという大胆な企画をしていますが、この狙いについて教えてください。

 会話をして、コミュニケーションをして、ドラマを進める。音声認識と激しいゲームプレイが同居しているのが本作で、それを味わってもらって100%になるんです。そこは、1人でも多くの人になんとしても味わってもらいたいと思いました。数については検討もしましたが、それがついてこその作品ということをアピールしたいということもあって、10万個にしました。

――名越監督にとって、販売店を回られることの意味とはなんでしょうか?

 ファンの方と直に会う機会は、あるようでないんです。意見や表情は、少ない情報だとしてもゲームを作る上で大事なこともあります。ですから、いろいろな意味で大事にしたいと思っています。年明けにはユーザーの方に会える体験会をやりたいですね。

――『龍が如く』ファンで、TPSを普段遊んだことがないユーザーに、注目してもらいたい部分はどこでしょうか?

『バイナリー ドメイン』

 日本のユーザーは、ドラマティックや独自のユニークさをゲームに求めている人が多いと感じていて、そこに関しては確実に応えていると思います。

 あとは、ゲームの根っこがTPSということ。手に負えるのか、どうなのかと躊躇(ちゅうちょ)している人のためにも、遊んでもらえれば最後までおもしろさを味わえるようにガイドしています。ドラマを作っているのが『龍が如く』のチームなので、触ってみる価値はあると声を大にして言いたいです。ゲームシステムは違いますが、わかりにくいものは作りません。

 『龍が如く』もACTをやったことがない人が遊んでくれて、爽快さを感じてくれたタイトル。この作品で「TPSというジャンルが苦手」という意識が外れるきっかけになればと思います。

――最後に、発売に向けてメッセージをお願いします。

 今まさにマスターアップ直前ということで、全国の体験会にもお邪魔したいのですが、今大事なのはゲームを作ること。なので、完ぺきな形になってからまた現れたいと思います。

 『龍が如く』以上に、多くの要素にチャレンジして作っているのですが、スタッフがよく頑張ってくれて、いいゲームになっている実感はあります。……そういうことは、僕が言うよりもプレイしてもらえればわかるものですから、体験会をやる狙いはそこにあります。期待を外すような作品ではないので、よろしくお願いします。

(C)SEGA

■『バイナリー ドメイン』体験会スケジュール
●2011年10月10日
 11:00~17:00 ヤマダ電機LABI1 池袋モバイルドリーム館(東京都)
 13:00~18:00 ソフマップなんば店ザウルス1(大阪府)
●2011年10月15日
 12:00~17:00 WonderGOO宇都宮店(栃木県)
●2011年10月22日
 10:00~18:00 ビックカメラ新宿西口店(東京都)
●2011年10月29日
 11:00~18:00 ヨドバシカメラ マルチメディア横浜(神奈川県)
 13:00~17:00 シータショップ溝の口(神奈川県)
●2011年10月30日
 11:00~18:00 ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba(東京都)
 12:00~17:00 ヨドバシカメラ マルチメディア博多(福岡県)
●2011年11月5日
 11:00~17:00 ヨドバシカメラ マルチメディア札幌(北海道)
●2011年11月12日
 13:00~17:00 ソフマップ名古屋駅ナカ店(愛知県)
●2011年11月19日
 12:00~17:00 フタバ図書GIGA広島駅前店(広島県)

データ

イメージ
▼『バイナリー ドメイン』
■メーカー:セガ
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年2月16日
■希望小売価格:7,990円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

イメージ
▼『バイナリー ドメイン』
■メーカー:セガ
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年2月16日
■希望小売価格:7,990円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。