News

2011年11月11日(金)

【電撃PlayStation】ゲームユーザーも必見! ソニーのヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T1』発売

文:電撃PlayStation

 いよいよ、あのウワサのヤツが発売です。黒が黒くて赤が赤い有機ELパネル、クロストークのない3D映像、そして完全プライベートを演出するシールディング構造……。HDMIケーブルでPS3とつなげれば、映画館さながらの大迫力で、映画やゲームを楽しむことができる! そんなソニーのヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T1』は、今最も注目のAV機器です。

 現在発売中の電撃プレイステーション最新号では、ソニーさんにお借りした実機に触れてのレポートを掲載していますが、実際視聴してみると本当に驚きです! なんてったって黒が黒くて赤が赤い(笑)。おそらく一部店舗などでは発売された実機を展示してると思うので、気になる人は一度視聴してみることをオススメします。

HMZ-T1
▲3D映像も楽しめる『HMZ-T1』。もちろんPS3をつなげれば、3D対応のゲームもプレイできます。

 そしてなにより、約750インチの巨大なスクリーンを前に、ベストポジションから映画を見ているような迫力の映像体験は圧巻。しかも映画館を独り占めの完全貸切状態なので、没頭して映画やゲームを楽しめるからたまらない。映画館を貸し切って、巨大スクリーンでゲームをプレイできるって考えるとスゴくないですか? たぶんゲーム好きなら一度はやってみたいと思ったことがあるシチュエーションでしょう。

 と、かなり興奮気味に『HMZ-T1』の魅力を語ってきましたが、使用するにあたり注意点もあります。なかでも気を付けたいのが、没入感がありすぎるため、完全に下界との交流が途絶えてしまい、周囲で何が起こっても気づかないこと! 来客があっても気づきません。電話があっても気づきません。周りで悪口を言われても気づきません(笑)。十分に準備を整えてからことを使用してください。

 そんなソニーのヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T1』を電撃プレイステーション最新行で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。(電撃PlayStation 編集M)

HMZ-T1
▲そして我が家にも『HMZ-T1』が到着。週末は仕事にならなそう……。

データ

▼『電撃PlayStation Vol.506』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年11月10日
■価格:650円(税込)
 
■『電撃PlayStation Vol.506』の購入はこちら
Amazon.co.jp

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.674

    電撃PlayStation Vol.674表紙画像

    [ 5月号 ] 2019年3月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&冊子付録】
     SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
    【毎号付録】デンプレコミック #28
    【Visual Gallery】岸田メルの世界
    【特集企画】『戦国無双』シリーズ15周年
     クリエイターに聞く忘れられないPS4ゲーム
     歌広場淳×ふ~どの格闘ゲーマー座談会
    【POWER PUSH】イースⅨ / 閃の軌跡Ⅳ
     SAO FB / 勇者ネプテューヌ
    【電撃特報】
     ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団
     殺人探偵ジャック・ザ・リッパー
    【MONTHLY DEEP】Days Gone
     EDF:IRON RAIN / ラングリッサーⅠ&Ⅱ
     スターリンク バトル・フォー・アトラス
     コール・オブ・クトゥルフ ほか
    【BRAND NEW】進撃の巨人2 -Final Battle-
     デート・ア・ライブ 蓮ディストピア
     アライアンス・アライブ / PixARK
     GRANBLUE FANTASY Versus
    【話題作】ルルアのアトリエ
     スパロボT / LoveR(ラヴアール)
    【Online Game】PSO2 / Anthem
     バトオペ2 / FFXIV / FFXI
    【コード付録】戦国無双シリーズ
     ルルアのアトリエ / LoveR(ラヴアール)
     エンゲージプリンセス / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら