News

2011年11月16日(水)

シリーズ最高傑作がついに発売! 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』のプレイインプレッションをお届け!

文:電撃オンライン

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3(字幕版)』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
 『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』

 いよいよ日本でも発売となるPS3用ソフト『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3(以下、CoD MW3)』。国内での発売に先駆けて、『字幕版』のサンプル版によるキャンペーンモードと、海外アジア版を使用したマルチプレイヤーモードを『電撃PlayStation』の柏又が体験しました。ここでは、本作のインプレッションを4つの要素に分けてお届けしたいと思います。正直なところ、前作『CoD MW2』が非常に素晴らしいゲームであったにもかかわらす、「よくぞここまで!」と言うほかないすさまじい内容に仕上がっています。

●初心者からガチシューターまで包容するゲームシステム

 世界中でさまざまなタイトルが発売されているFPS(主観視点のSTG)。その中で『CoD』を特徴づけるものをあげるならば、初心者でもサクサクプレイできるキャンペーンモードの間口の広さと、熟練プレイヤーでも音を上げる難易度“ベテラン”の存在でしょうか。『CoD MW3』には、“ルーキー”“レギュラー”“ハード”“ベテラン”の4段階の難易度が用意されています。このうち、最初にカーソルが置かれているのは“レギュラー”ですが、“ルーキー”ならいわゆるランボープレイ(映画『ランボー 怒りの脱出』の主人公のように、マシンガンを腰だめで構えて「うおおおお!!」と撃ちまくるようなプレイスタイル)が通用するくらいゲームが簡単になります。

 また、L1ボタンを長押しすることで照準をのぞいて狙いをつけるADS(Aim Down Sight=照準器で狙うという意味の略)を行うことで、近くの敵に自動的に照準を合わせてくれる“エイムアシスト機能”の存在もプレイヤーの間口を広げる1つであると思います。この機能自体は、かなり幅広いFPSで採用されているものですが、ここまできっちり狙いをつけてくれる『CoD』シリーズは、かなり珍しい部類に入るでしょう。ちなみにこの機能は、便利であると同時に意図しない目標に照準が移動してしまうという欠点もあり、また狙いをつけるというFPS本来の楽しみを奪うという考え方も存在します。このためか、この機能は難易度設定とは別にオンオフの設定が可能です。

 なお、今回は難易度“レギュラー”でキャンペーンをエンディングまでプレイしましたが、極端に難しくて詰まってしまう箇所もなく、『CoD MW3』の全体的な難度のバランスのよさを特に感じました。「こんなヌルいゲームじゃ物足りねぇ!」という人には、敵の弾が数発かすっただけで瀕死状態に陥る“ベテラン”難易度も用意されています。高難度プレイはクリア状況に応じてシルバーやゴールドのトロフィーが用意されているので、とことんゲームを突き詰めてプレイしたい人にオススメです。

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』
▲ADSを行うごとに自動的に照準が合うエイムアシスト機能を含め、ゲーム中に必要な操作はその都度テロップで表示されます。
『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』
▲難易度ルーキーでは、敵の攻撃頻度が低下するうえにプレイキャラの耐久力が大幅に上昇。接近してナイフキルも簡単にできます。

→2ページ目へ

(C) 2011 Activision Publishing, Inc. Activision, Call of Duty and Modern Warfare are registered trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners. All rights reserved.

1 2 3 4

データ

▼『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3(字幕版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年11月17日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3(吹き替え版)』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月22日
■希望小売価格:7,600円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/14~04/20)

  1. 1

    【MHW】神修正!歴戦イビルジョーが超楽に狩れる!龍結晶の地へマップ変更した「脈打て、本能」【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】先取情報!期間限定で竜玉救済イベントクエスト登場か?「暴動とは斯くの如し」と第二弾大型アップデート実装内容アンケート結果【モンハンワールド】

  6. 6

    【Minecraft】青鬼でコラボしてみた#4【らっだぁ×我々だ!】

  7. 7

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】

  9. 9

    【モンスト】もう引き際が分からない!再びラミエル狙いでガチャ!

  10. 10

    【モンスト】出るか出ないかはある種50%!新限定ラミエル狙いでガチャ!