News

2011年12月13日(火)

いよいよアニメ『アイドルマスター』もクライマックスへ! アニメPの鳥羽氏にいろいろ聞いてみました

文:電撃オンライン

――鳥羽さんのお気に入りのアイドルはいますか?

 春香ですね。最初にプロデュースしたのが春香なんです。やっぱりゲームの『アイマス』は、最初の子が一番大変じゃないですか。システムを理解して、レッスンをして、ランクを上げたり。春香に低いテンションで「ありがとうございまし…た……」って言われたり(笑)。プレイ時間も春香が一番長いと思いますよ。それに、僕はもともと真ん中だったり、ニュートラルな立ち位置のキャラが好きなんですよ。

――では、アニメの制作を通じて好きになったアイドルは?

 アニメでは、亜美真美のキャラがより立ったかなと。第9話がメインでしたけど、それ以外での亜美真美もいい味出しているんですよね。アニメでは2人のよさが出るシーンがちょこちょこあって。あとは、第11話でうまく春香が描けてよかったですね。やらなきゃいけないことが多くて、難しい話だったんです。春香自身を描きつつも、春香を通じて千早を描くというところまで、うまくできました。千早は直接カメラを当てると、描くのが難しいんですよ。特に現状で直接的に千早を描くのは、本当に難しい。アニメの『アイマス』は、青春群像劇のようなものなんですよね。部活モノ、学園モノに近いというか。そういう意味で印象に残っているのは、第5話の布団で寝ているシーン。今はとても楽しいけど、これからどうなるのかわからない。青春群像劇で描かなきゃいけない、モラトリアム期間と呼ぶべきシーンがあそこだったと思うんです。

――あのシーンでの、春香の“先”を予見させるセリフが気になりました。

 あの第5話のシーンを境に、竜宮小町の話があって、美希の話があって、第13話のライブへとつながって、そして、第14話からアイドルたちが売れた後の話になっていきました。実は大事なシーンなんです。

――誰か1人を軸に話を作ろうと考えていたことは?

 それももちろん考えましたけど、誰かを主役にしてしまうと『アイマス』っぽくないんです。アニメの『アイマス』は、アイドルたちが集まる765プロがどうなるかという、“765プロの物語”にしようと思いました。

――そう考えると、人数が多くてもお話の軸が1つに絞れますね。

 そうですね。だから意外と誰かにスポットを極端に当てた回が少なくて、全員登場する回が多いのもそういうことです。今回はこの子が話を動かしているけど、最初と最後は765プロの事務所で終わる。というようなことですね。

『アイドルマスター』 『アイドルマスター』
『アイドルマスター』 『アイドルマスター』

――曲の使いどころは、どうやって決めているんでしょう。

 曲は脚本の段階で決め込んでいます。なるべく毎回挿入歌を入れて、エンディングはストーリーやキャラに合った曲にしようと。新曲は、シチュエーションに合わせた曲だったり、キャラが今までの持ち歌でなかった方向性の曲とかですね。あずさの『晴れ色』などはそうですね。『神SUMMER!!』『MOONY』など、季節物は新曲がいいかなと思って。『ハニカミ!ファーストバイト』は、あずさ回だったので、ウェディング曲を竜宮小町に歌わせたら楽しそうだな、と。あとは節目のタイミングで新曲を使いたくて、第13話のライブ用に『マリオネットの心』『自分REST@RT』を用意しました。この2曲はコンペを行ったりして、とにかく力を掛けて作りました。

――どちらもいい曲ですよね。『自分REST@RT』の観客席のコールも、ネットなどで話題になりました。

 コールの入れ方はサウンドディレクターの中川浩二さんに指示をお願いしました。休むところがあんまりないですけど、ライブでみんな一緒にやろうって(笑)。そのための曲ですよね。誰の持ち歌でもなくて、全員でライブで盛り上がれる曲。美希の『マリオネットの心』とは対極ですよね。『マリオネットの心』は『relations』を越えるのを目標にして曲を作りました。長谷川さん(美希役の長谷川明子さん)自身にも『relations』を越えてもらおうと思い、収録に臨んでもらいました。とにかくこの2曲で観客が盛り上がり、765プロ全体を応援するというシーンを見せて第14話につなぎたかったんです。『マリオネットの心』で空気が変わって、『自分REST@RT』で完全なピークに持っていくという。

――曲をシナリオに絡めているのがいいですよね。第3話で雪歩とプロデューサーが指切りして、『ALRIGHT*』につなぐところとか。

 ファンの皆さんは『アイマス』の曲を聴き込んでいて、歌詞も深く理解していると思います。「ここでこの曲だろう!」というのは感覚的なものでしかないんですけど、そういう感覚を皆さんとマッチングできてよかったです。

――ダンスの映像も気合いが入っていますよね。

 それは期待されているものなんで、大変だとしてもやらなきゃって。でも、力を使うならここ一番じゃないと、どれだけすごいダンスシーンでも、飽きられちゃうんですよね。ダンスを見るだけならゲームでも見られる。だからアニメの場合は、ドラマと結びつく形で、ドラマのカタルシスに合わせてダンスが見られるという構図を作らないと、もったいないんです。

 そういう意味でも、第6話と第13話で見せたのはドラマがあってこそ。第6話の場合は一歩先に進んだ竜宮小町が踊って、当事者の4人と、その他の9人がどう思うかを描くために、あのダンスを見せているんです。第5話までのゆるい状況に、第6話でカツを入れる。第13話では、第11話から合同ライブへ向けてのレッスンを見せて、みんながバラバラになりそうなシーンも描いて、当日もトラブルが起きて、いざライブがはじまっても盛り上がらなくて……と、たくさんのドラマを積んだ後で、一番問題を起こした美希が『マリオネットの心』で名誉挽回の活躍を見せる。そして、『自分REST@RT』につながるという、前半最大の盛り上げのための流れ、ダンスシーンでした。

『アイドルマスター』 『アイドルマスター』
『アイドルマスター』 『アイドルマスター』

――2ndオープニングの『CHANGE!!!!』については?

 内田哲也さんに曲を頼むというのは、早い段階で決めていました。打ち合わせの中で錦織監督が曲のイメージを出して、それに内田さんが応えるという形でした。『READY!!』はとにかくキャッチーさを、『CHANGE!!!!』は勢いを出したいというのはありました。

――映像も見入ってしまう出来で、春香がステージ衣装に変わるところでは「おおっ」と声が出ました。

 あの辺からの流れは、絵コンテで監督の細かい指定がありましたね。『READY!!』は1本まるまるで、ドラマになっています。ステージ前からはじまって、ステージに立って踊るアイドル、そして、それを見守る人がいる。『CHANGE!!!!』は、すでに売れている子たちの勢いのある状況を伝えようと思って。踊っているのもステージの上じゃなくて、イメージシーンのような演出なんですよね。ステージで踊るのは、1クール目のオープニングや本編で何度か見せたので。

――たくさんの小ネタが取り入れられているのも驚きました。

 小ネタは、みんなで出し合っています。第15話の生放送では、中の人ネタもやったり。好みが分かれる部分かもしれませんが、作っている現場は楽しんでやりました。第14話のラストで少し重いことをやったので、第15話で一休みして、第16話からまた仕切り直そうかなと。第14話の“ぷちどる”チャームも、最初は普通のアイドルのマスコットの予定だったんですけど、それを「ぷちどるにしたい!」と言ったのは錦織監督でした。

→みんなと同じ1人の“765プロのプロデューサー”でもある(4ページ目へ)

(C)窪岡俊之 (C)NBGI
(C)NBGI/PROJECT iM@S

■TVアニメ『アイドルマスター』
【放送局】TBS、MBS、CBC、RKB、BS-TBS
【放送日時】
 ・TBS……毎週木曜25:25(翌1:25)~
 ・MBS……毎週木曜26:30(翌2:30)~
 ・CBC……毎週木曜26:00(翌2:00)~
 ・RKB……毎週火曜26:25(翌2:25)~
 ・BS-TBS……毎週土曜25:00(翌1:00)~

データ

▼アニメBD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』
■発売元:アニプレックス
■発売日:2011年12月29日
■価格:8,190円(税込)
 
■アニメBD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼アニメDVD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』
■発売元:アニプレックス
■発売日:2011年12月29日
■価格:7,140円(税込)
 
■アニメDVD『アイドルマスター(3) 完全生産限定版』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスター2 眠り姫(1)』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年12月17日
■価格:通常版 599円、ドラマCD付特装版 1,785円(各税込)
 
■『アイドルマスター2 眠り姫(1)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスター2 The world is all one !!(1)』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年11月26日
■価格:599円
 
■『アイドルマスター2 The world is all one !!(1)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスター2 Colorful Days(1)』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年10月27日
■価格:599円(税込)
 
■『アイドルマスター2 Colorful Days(1)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『アイドルマスターオフィシャルマガジン まるごとアイマス For You!』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年10月27日
■価格:1,950円(税込)
 
■『アイドルマスターオフィシャルマガジン まるごとアイマス For You!』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

『アイドルマスター』特集ページにアクセス!

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。