News

2011年12月12日(月)

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』アップデート! ゲージ自動増加やXファクター連発などやりたい放題の“HEROES&HERALDS”を試遊

文:電撃オンライン

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 本日12月12日に、PS3/PS Vita/Xbox 360用ソフト『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』のメディア向け体験会が開催された。

 今回の体験会でお披露目されたのは、12月17日に発売されるPS Vita版と、12月19日に実施される無料大型アップデート“HEROES&HERALDS”の2つ。新妻良太プロデューサーのプレゼンと、関係者によるデモンストレーションの模様をお届けする。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲新妻プロデューサー

 最初は、PS Vita版の話題。先日電撃オンラインにも掲載したPS Vita版ならではの操作方法などをおさらいする内容だった。新しい情報としては、まずリプレイ機能への対応。世界中からアップロードされた対戦動画をチェックできる。もう1つは、PS3版とPS Vita版の連動機能“アルティメットコントローラー”。この機能は、PS3版をPS Vitaで操作可能にするもの。タッチパネルをタップするだけで必殺技などが出せるようになる。必殺技は4つまで好みのものをセット可能だ。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲リプレイをアップロード! 他の人がアップした動画も観戦できる。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲PS3版との連動機能として、PS Vita本体の画面に4つまで必殺技を登録可能。タッチして簡単に必殺技を繰り出せるようになる。

 続いての話題は、本日の目玉である新モード“HEROES&HERALDS”。これは、HEROESかHERALDSのどちらかの陣営に所属した後、通信対戦で勢力を争う新モード。1週間ごとに区切りられており、終了時点で貢献した度合いによって、後述する“カード”などがもらえるという。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲どちらかの陣営に所属し、1週間戦い抜く新モード。ギャラクタスたちを世界各地でヒーローが迎え撃つ、という設定になっている。

 このモードの大きな特徴は“サポートカード”。対戦前に1枚のメインカードと、2枚のサブカードの“デッキ”を作り、これにより対戦時にさまざまな効果を受けられる。カードの効果は、空中ダッシュを全キャラクターに付与するものや、ブロッキングを使用可能にするもの、スーパーアーマーを付与するもの、飛び道具をすり抜けられるようにするものなど、かなりとがった性能のものが用意されている。

 なおカードは、対戦するとランダムで1枚もらえる。レアリティも設定されており、レア度が高いものの方がより強い効果を発揮するようだ。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲さまざまなカードが登場! 同じカードを複数デッキに組み込むこともできる。イラストはスタッフの描き下ろしだそうだ。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲サポートカードによる効果は、ゲームを根底から覆すほど強力。デッキとキャラクターの組み合わせで、いろいろな戦略が考えられるだろう。

 その後は、開発者による“HEROES&HERALDS”のデモンストレーションに移る。対戦を行ったのは、NEO_Gさんと番長さんだ。NEO_Gさんのデッキは、ブロッキングに特化したデッキ。カードの効果には“レベル”が設定されており、ブロッキングもレベルが上がることで受付時間などが延びるようになる。また、攻撃を食らっている最中にもブロッキングを入力することで、ダメージを抑える“ダメージブロッキング”が発動可能だ。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲画像左がNEO_Gさん、右が番長さん。2人で本作のバトル周りの調整などを行っているそうだ。

 対する番長さんのデッキは“ハイパーコンボゲージ特化”。ゲージの自動増加と、ストック数アップなどの効果により、最初から4ゲージたまった状態でスタートするという、通常のプレイではあり得ないバランスブレイクな状態になっていた。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』 『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲NEO_Gさんのデッキは、ブロッキングが成功するたびにゲージと攻撃力が増加。また、最後の1人が倒された時にゲージを5本消費して体力を全回復するというフェニックスのような効果がセットされている。▲番長さんのデッキは、メインとサブにゲージの自動増加のカードを突っ込み、常にゲージを確保。モリガン、ゼロ、バージルという強力な自分強化のハイパーコンボを持つキャラクターを使い、それを連発するスタイルを取っていた。

『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
▲結果は、番長さんの圧勝。当たり前だが、ハイパーコンボゲージが枯渇しないのは強い! 幻影剣中にゲージが回復するので、実質使いたい放題だ。

 「常時幻影剣が出ているバージルなんて最強じゃないですか!?」と番長さんに話を伺ったところ、「飛び道具をすり抜けるカードを使えば、ウソのようにラクになります」とのこと。幻影剣も飛び道具扱いだそうで、弾幕を張るキャラクターはこれで対策ができるとのことだ。

 この他にも、“毒付与”デッキや、Xファクターの回数を増やして連発するデッキ、1人になった時に体力が急速回復するデッキなど、さまざまなものが紹介された。またカードの効果も、リオレイアに毒付与効果、サスカッチに投げ強化、ミサイルにレアカードのドロップ率アップなど、キャラクターにマッチした能力が設定されていた。いろいろなカプコンゲームのキャラクターのカードが登場するので、これを集めるだけでも楽しいだろう。

 なお、“HEROES&HERALDS”でのオフライン対戦はできない。今回はトレーニングモードのダミーを“2P操作”にすることで、疑似的に対戦が行われた。

TM & (C) 2011 Marvel & Subs.
(C)モト企画 (C)CAPCOM CO., LTD. 2011, (C)CAPCOM U.S.A., INC. 2011 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS3
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2011年11月17日
■希望小売価格:4,752円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2011年11月17日
■希望小売価格:4,752円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:対戦格闘
■発売日:2011年12月17日
■希望小売価格:4,571円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』ダウンロード版
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS Vita(ダウンロード専用)
■ジャンル:FTG
■発売日:2011年12月17日
■価格:4,300円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。