News

2011年12月16日(金)

多数の英傑が集結することのよさと大変さとは!? 『無双OROCHI2』開発者インタビュー

文:電撃オンライン

『無双OROCHI2』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■違和感のないアクションを目指した社内コラボ

――社内コラボで他タイトルから参戦しているキャラがいますが、どうやって決めたのか教えてください。

中臺:やはり、アクションが楽しくなることを念頭に置きました。それと、アクションしていて見た目に違和感がないかです。

『無双OROCHI2』

――ジャンヌ・ダルクは、原作では激しいアクションをしませんが、どのようにしてアクションを考えたのでしょうか?

中臺:ジャンヌは本当に一から作りました。逆に言うと、自由になんでもやれたキャラでもあります。その上で、キャラとして映えるアクションにしています。

――武器が今の形に決まったのはなぜでしょうか?

中臺:実は私の一存です。

鈴木:え!? そうだったの?

中臺:ジャンル・ダルクの衣装の中に、百合という象徴があります。それを武器の中にどうしても入れたかったので、槍のデザインとして作っています。私は『ブレイドストーム 百年戦争』の制作にかかわっていたため、そういうところにこだわりが……。

――そういえば、中臺ディレクターはこれまでにどのような作品にかかわっているのですか?

中臺:1つ前が『トリニティ ジルオール ゼロ』で、その前が『ブレイドストーム 百年戦争』。その前になると『真・三國無双』の『3』や『4』ですね。あとは、『封神演義』やその続編の『封神演義2』を作っていました。

鈴木:もともとは“ω-Force”(オメガフォース:同社の開発チーム)ではなく、『封神演義』シリーズに携わっていたんです。途中から『無双』シリーズに参加し、その後でオリジナル作品を主に制作してきました。

――『ジルオール』の世界は、地球上のどの時代にも存在しませんが、どのような形でつながっているのでしょうか?

『無双OROCHI2』

鈴木:理屈はありません(笑)。ユーザーからも「他のシリーズはともかく、ネメアはどこから来たの?」という質問があるのですが、あれはネメアというキャラクターとアクションを持ってきたいという形で、コラボに入れました。世界観でいえば、こじつけに近いです。

――社内コラボでは他にどのようなものが候補にあったのでしょうか?

鈴木:いろいろとありましたが、実はネオロマンスシリーズも候補に挙がっていました。

――オメガフォースの庄知彦さんが、以前にCEDECで公演した際、「ネオロマンス無双はやろうと思えばできると思う」と口にしてましたが、今後、ネオロマンスのキャラが『無双OROCHI』に出ることはあるのでしょうか?

鈴木:現時点で明言するのは難しいですね。個人的には、やるつもりはないです。

⇒5ページ目ではアクションを語る!

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

データ

▼『無双OROCHI2』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月22日
■希望小売価格:7,429円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『無双OROCHI2 TREASURE BOX』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月22日
■希望小売価格:12,190円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『無双OROCHI2』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月22日
■希望小売価格:7,429円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『無双OROCHI2 TREASURE BOX』
■メーカー:コーエーテクモゲームス
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月22日
■希望小売価格:12,190円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。