News

2011年12月17日(土)

PS Vitaが本日ついに発売! SHIBUYA TSUTAYAのカウントダウンには平井一夫氏が登場

文:電撃オンライン

 SCEは、新たな携帯型ゲーム機・PlayStation Vitaを本日12月17日に発売した。

 PS Vitaは、PSPの後継機に位置づけられたハード。前面には5インチのマルチタッチスクリーン有機ELディスプレイを、背面にはタッチパッドをそれぞれ搭載している。ジャイロセンサーや加速度センサーもある。Wi-Fiモデルと3G+Wi-Fiモデルが用意され、価格はWi-Fiモデルが24,980円、3G+Wi-Fiモデルが29,980円(各税込)。

 東京都内のSHIBUYA TSUTAYAでは、早朝から多くのユーザーが駆けつけて7:00の発売をカウントダウン。店舗には、SCEの代表取締役会長・平井一夫氏や、同代表取締役社長兼グループCEOのアンドリュー・ハウス氏も登場し、ユーザーとともに発売を祝った。

PS Vita

 ハウス氏はあいさつで、ここにいるユーザーがPS Vitaを世界で初めて手にすることができる幸運な方々と述べ、続けて「必ず満足していただける」と自信をのぞかせた。また平井氏は、究極のポータブル・エンターテインメントとはどうあるべきかを議論して設計したハードウェアであることを説明し、さまざまな遊び方を提供してきたいと抱負を語った。

PS Vita PS Vita
▲登壇した平井氏(写真左)とハウス氏(写真右)。ちなみにハウス氏は、あまりに興奮しすぎて昨日は眠れなかったそう。今日の発売日を心底楽しみにしていた様子だった。
PS Vita PS Vita
▲5分前にスタートしたカウントダウン。時系列で、PS Vitaの情報が発表された各種カンファレンスの模様が映される。平井氏は、当時のことを振り返っていた。
PS Vita
▲7:00に販売がスタート。先頭に並んでいた会社員の男性に、ハウス氏がPS Vitaを手渡した。男性は「眠いのと、寒いのと、緊張したのと、うれしいので、頭が真っ白です」とコメント。
PS Vita PS Vita
▲次々と販売されていくPS Vita。SHIBUYA TSUTAYAでは1Fの他、B2Fでもレジがフル稼働していた。▲開店前に配られた整理券は約130人分だったそう。ちなみに記者が、開店直後に並んだ時には156番。PS Vitaロゴ入りの使い捨てカイロもいただいた。本体やメモリーカードを含め、在庫は潤沢。


 本日は、多くの家電量販店で7:00以降、順次販売がスタート。東京の新宿では7:00ちょうどに開店する量販店が多かったようだ。また秋葉原のヨドバシカメラでは、8:00に販売が始まった。

PS Vita PS Vita
▲新宿でもっとも盛り上がっていたのは、ヨドバシカメラ新宿西口本店 ゲーム・ホビー館だ。120人以上が、開店前に新ハードを求めて列を作った。
PS Vita PS Vita
▲朝7:00になると同時に販売がスタート。本体とソフトに加えて、本体カバーや保護フィルムを購入している人が多く見られた。1Fフロアに加えて、2Fフロアも使って販売しており、大きな混乱はなかった。

 なおPlayStationプラットフォームの公式サイトであるPlayStation.comでは、『電撃PlayStation』による特別企画として、12月&1月のソフトガイドを掲載中だ。PS Vita本体を購入した人、購入を検討している人は、ぜひソフト購入の参考にしてほしい。

データ

▼『PlayStation Vita(Wi-Fi)』
■メーカー:SCE
■発売日:2011年12月17日
■希望小売価格:24,980円(税込)
 
■『PlayStation Vita(Wi-Fi)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『PlayStation Vita(3G+Wi-Fi)』
■メーカー:SCE
■発売日:2011年12月17日
■希望小売価格:29,980円(税込)
 
■『PlayStation Vita(3G+Wi-Fi)』の購入はこちら
Amazon.co.jp
▼『電撃PlayStation Vita』
■発行:アスキー・メディアワークス
■発売日:2011年12月17日
■特別定価:590円(税込)
 
■『電撃PlayStation Vita』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 08月15日~08月21日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。