News

2012年1月12日(木)

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』のゲーム序盤を紹介! 守り神に導かれた主人公はアストルティアへと旅立つ――

文:電撃オンライン

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 スクウェア・エニックスは、現在開発中のWii U/Wii用RPG『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(以下、ドラゴンクエストX)』の新情報を公開した。

 『ドラゴンクエストX』は、シリーズ初のオンライン対応作品となる人気RPG『ドラゴンクエスト』の最新作。ゲーム開始時はオフライン状態で物語の序盤をプレイし、その先はネットワークにつないで新たなストーリーを体験できるスタイルだ。オンライン時は、他のプレイヤーと一緒に冒険することもできれば、酒場でAIの“サポート仲間”を雇って1人で遊ぶことも可能で、自分のペースでプレイできるという。作成できるキャラクターは、1ユーザーにつき3人となる。

 今回は、人間としてプレイすることになるゲームの序盤について紹介する。エテーネ村から始まり、やがてアストルティアの世界全体へ広がっていく冒険。そこで語られる物語の重要な部分を、人間の住むエテーネ村や育みの大地で体験できるようだ。

■守り神の導きでアストルティアの世界へ!

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』

 『ドラゴンクエストX』のゲーム内容が発表された際、公開されたPVにも登場していたカメのような生物。あの生物は、実は“カメさま”と呼ばれるエテーネ村の守り神だ。そして主人公であるプレイヤーキャラクターは、その“カメさま”の申し子と呼ばれる存在であるという。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
▲カメさまの加護によって、平和に暮らしていると話す村の人。カメさまは、村の祭壇の近くに奉られていて、普段から姿を目にすることができるようだ。
『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
▲カメさまの申し子という特別な使命を持った主人公。しかし今はまだ、申し子としての力を発揮してはいない。力を発揮した時に、物語が大きく動き出す!?
『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
▲前回の記事で紹介したアバは、カメさまからのお告げを聞いたり、魔物の目から村を隠す結界を張ったりといった役目を果たしている。

 主人公はエテーネ村を出て、村の周辺を冒険できる。“育みの大地”と呼ばれるこの場所には、謎の石碑や壁画のようなものがあり、物語に深くかかわる重要な発見をするようだ。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
▲育みの大地を探索中に見つけた石碑には、意味深な言葉が書かれている。“姿の異なる仲間たち”とは、やはり5つの種族を指すのだろうか。
『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
▲過去の歴史的な出来事を記したと思われる壁画を発見。描かれているのは、何らかの災厄によって人間以外の者が滅んでしまった事実らしい。

 さらに“カメさま”と深くかかわる謎の神殿では、5つの種族となって冒険をする“アストルティア”への旅立ちの日を迎えることになる。5つの種族の像が置かれたこの神殿は、まさに冒険のターニングポイントとなる場所だ。

『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
▲ここからは、PVで“カメさま”の登場したシーンの続き。カメさまの身体から神殿へと光が放たれ……そして神殿では、主人公がアストルティアへの冒険へと導かれる。この神殿から、ネットワークでつながるアストルティアの世界へと足を運ぶことになるのだろう。

(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※画面は開発中のもの。実際の製品の画面とは異なる場合がある。

データ

▼『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Wii
■ジャンル:RPG
■発売日:2012年8月2日
■希望小売価格:6,648円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Wii U
■ジャンル:RPG
■発売日:2013年3月30日
■希望小売価格:6,648円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。