News

2012年1月25日(水)

【電撃モンハン3(トライ)Gプレイレポート】男塾先輩の狩猟日記“新米ハンターの受難3”

文:電撃Nintendo

『モンスターハンター3(トライ)G』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
MH3G20110125

※このプレイレポートは、「電撃MH3(トライ)G」サイト担当の男塾先輩による、汗と涙と感動の狩猟日記になる……予定です。ほぼ毎日更新でお届けしております。

『MH3(トライ)G』から『モンハン』デビューした超絶マイペース女・ひよこ。そんな彼女と初めて一緒にプレイすることになり、ファミレスにて合流。最初のクエストはクルペッコの狩猟に決まったのだが……。

「あ、大丈夫。始めちゃっても。もぐもぐ」

 注文した和風なんちゃら御膳を食べながら、器用に操作しているけど、いや、絶対無理だって! その殻付きのカニのやつなんか、絶対に手を使わないと食えないから! 食うか操作するかどっちかにしようよ……と進言してみるも、「大丈夫大丈夫、余裕っすよー」と下っ端ヤンキーみたいな口調で言ってきたので、こっちももう思考を止めることにした。まぁ…やってみよう……。クルペッコは孤島なので、特別なアイテムはいらない。そもそもひよこは、まだどんなアイテムがあるのか、使いどころはどこなのか、などなど知らないことが多すぎる。という意味でも、このクエストは最初に説明する手間が省けていいんじゃないかな。何より、純粋に彼女の立ち回りを見てみたいのだ。このから揚げを口いっぱい頬張っている女の実力を……。

 クエストスタート。支給用アイテムBOXからアイテムを調達。

「すごい! アイテムいっぱいある! 全部もらっていいの?」

 いや、応急薬も携帯食料も今回は持てるだけ持っていっていいけどさ、それ他の人とやるときはダメだからね。ニコニコしながらアイテムを調達していくひよこ。しかし、弾丸とかビンとかは今回必要ないだろ、どう考えても。

「あれ? アイテムこれ以上持てないって。どういうこと??」

 それだけいろいろ持っていったら空きもなくなるだろ……どれどれ。……おまえ、前回までに調達したアイテム、預けてないじゃん……どう考えても使えないアイテムばっかりだよ……。次の瞬間、すごく嫌な予感がしたのでステータスをチェック。やっぱり……食事もしてないよ、コイツ……。眉間に手を当てて、落ち込んでいる俺にひよこが「まぁ人生いろいろあるよね」と知った風なことを言ってきたので、そっとクエストリタイアボタンを押しました。人生はいろいろあるんだけどさ、リセットボタンはないんだから、その時その時を精一杯生きないとダメなんだよ。今回はさ、俺も悪かったよ、説明不足だった。そういう申し訳ない気持ちと、何事もなかったように米をモグモグ食べてるひよこの顔を見て、こいつを立派なハンターにしようと心に誓ったのでした。とりあえず一度酒場に戻って、アイテムの預け方、食事の仕方を教える。「最初に言ってよー」とか言ってきたので、無言でヤツの芋の天ぷらを奪い、食べた。これで完璧だ。アイテムも回復薬などの必要なアイテムをチョイス。食事をして体力をアップ。砥石を持ってなかったので、こちらも用意。準備は万全の……はず。

「よし、あらためまして、クエストスタート」

 先ほどと同様に支給用アイテムボックスからアイテムを調達するひよこ。まぁ、今回は荷物に余裕があるから弾丸とかビンとか持っていくがいいさ。このホクホク顔、ちょっとだけイラっとしたが、俺ももう大人なので、雲1つない青空を思い浮かべて気持ちを落ち着けた。エリアを移動すると、真っ先にハチミツを採取するひよこ。最初のころはハチミツが足りなくなるからね、うん大事。その後、キノコ、薬草、カラの実などを採取し、ジャギィなどを狩り、ご満悦のご様子。いや、これからが本番だからね。

 そんな、すっかりひと仕事終えた感満載のひよこの前にクルペッコが降臨。「おー! おー!」と、文字で説明するとテンションが高くなったと思われがちだが、口に食べ物を入れているので、喉につかえて苦しい人にしか見えません、ありがとうございます。そんな冷ややかな目で見る俺をよそに、クルペッコが空から陸上へと降りてくると同時に、ひよこが双剣で突っ込んでいった! え、なにこの無鉄砲ガール。というかなんでこんなに自信たっぷりなんだろう……。まぁ、案の定クルペッコの回転攻撃で吹っ飛ばされてますが。

「体力いっぱい減った! どうしようもうだめだ!」

 早いよっ! 

 とりあえず俺が引きつけてるから、その隙に離れて回復しなさいと言うと、エリアチェンジしてどこかに消えたよ……えー……。

「ちょっと荒ぶる気持ちを落ち着けるために旅に出てきます」

 戻れ、いいから戻れ。このままだと俺が1人で狩ってしまう。というわけでエリアに戻ってきたひよこ。体力も回復しているので第2ラウンド開始。双剣で突っ込んでいった! 回転攻撃で吹っ飛ばされた! 学習能力ないのかオマエは! 

「どうしようもうだry」

 ……とりあえずモンスターの動きをよく見るところから始めようか。クルペッコで気をつけなきゃいけないのは、この回転攻撃と火打石を使った攻撃なので、まずはこの2つの予備動作をチェックしよう。俺自身、クルペッコと初めて対峙したときはトリッキーな動きにほんろうされたっけ……。火打石を使った連続攻撃も、予備動作をしっかり見れば怖くないからな。なんてことをアドバイスしているそばから、クルペッコの火打石攻撃によって、ひよこ力尽きる。

「落ちてしまった……。でも、わかった気がする」

 この時の「わかった」が何を指していたのかわからないくらいの光の速さで、ひよこ再び力尽きる。

「なるほど、ふむふむ」

 とりあえず何かを掴みかけているような……気がするけどポーズのような気もする。あと1回力尽きたらクエスト失敗。緊張感が走る。約1名、タマゴ焼きを頬張っている女がいるが。ちょいちょい攻撃は与えているはずなので、もうすぐ狩猟できる気はする。だからがんばれ! ひよこ!

「この追尾してくる攻撃は、走り回っていればきっと当たらない」

 お、いい読み。クルペッコが飛んでくる方向にさえ気を付けていれば攻撃は回避できる。2回クエストに失敗したものの、ちゃんとモンスターの動きを見ていたのは関心だな。ここは素直に褒めておこう。

「そうそう、よく見てたな。えら……」

【クエストに失敗しました】

 

 ……ん?

 終わり? え?

「当たっちゃった。てへぺろ♪」

 この後、3回ほど挑戦してようやくクルペッコを狩猟。「わかった」「見える」「完全に見切った」などとひよこ語録が飛び出した今回のプレイで、彼女はどれだけ成長できたかはわからないが、人と一緒にプレイする楽しさに目覚めてくれたようで、まずはよかった。ふらっとハンターの仕組みやギルドカードの集め方など、興味津々。村クエストもがんばって進めてみると言い残し、彼女は風のように去って行った。

 テーブルには追加で頼んだデザート2個の食器だけが、寂しく残っていた。よく食べる女だったな……まぁ、嫌いじゃないぜ。

つづく。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2009, 2011 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『モンスターハンター3(トライ)G』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月10日
■希望小売価格:5,524円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター3(トライ)G 拡張スライドパッドパック』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月10日
■希望小売価格:6,657円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『モンスターハンター3(トライ)G スペシャルパック』
■メーカー:カプコン
■対応機種:3DS
■ジャンル:アクション
■発売日:2011年12月10日
■希望小売価格:19,810円+税

関連サイト

関連記事

電撃Nintendo

最新号紹介

  • 電撃Nintendo 2019年4月号

    電撃Nintendo 2019年4月号

    2019年2月21日発売
    特別定価:680円(税込)

    【特集1】
    大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
    【特集2】
    ヨッシークラフトワールド
    【NINTENDO】
    毛糸のカービィ プラス
    ファイアーエムブレム0(サイファ)
    【推しゲー】
    スーパーロボット大戦T
    SDガンダム ジージェネ クロスレイズ
    【連載】
    はじめよう! ファイアーエムブレム0(サイファ)
    ポケモン情報局
    インディーズ&ダウンロードタイトル最前線
    【ゲームレビュー】
    毛糸のカービィ プラス ほか
    【新作ソフトカタログ】
    Winning Post 9/DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet/妖怪ウォッチ4/チームソニックレーシング/フォーゴットン・アン/Travis Strikes Again: No More Heroes/チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!/ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター/ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ/ファイナルファンタジーVII/ファイナルファンタジーIX/ドラゴンズドグマ:ダークアリズン/ゾイドワイルド キング オブ ブラスト/釣り★スタ ワールドツアー/レミロア~少女と異世界と魔導書~ ほか

    >> 詳細はこちら