News

2012年2月3日(金)

『アーマード・コア V』PS3版がランキングトップ! 『バイオハザード』シリーズ最新作も2位と健闘

文:電撃オンライン

 1月期最後のソフト販売ランキング(集計期間:2012年1月23日~29日)は、フロム・ソフトウェアの人気メカアクション『アーマード・コア』シリーズの最新作、『アーマード・コア V』のPS3版がトップでした。オンライン要素の強化により遊びの幅が大きく広がった今作。販売実績は推定18.0万本(店頭消化率90%前後)で、2006年に発売された『4』の販売実績(発売週4.1万本/累計12.8万本)を大きく上回ると同時に、週末には品薄店が続出するなど、非常に活発な動きを見せました。

 続く2位には、カプコンの人気サバイバルホラー『バイオハザード』シリーズの最新作、3DS『バイオハザード リベレーションズ』が初登場。3年ぶりの完全新作となる今作の販売実績は、推定15.8万本(店頭消化率75%前後)。PS3で発売された『バイオハザード5』の初週実績36.1万本(累計56.0万本)にはおよびませんでしが、昨年6月に3DSで発売された『バイオハザード マーセナリーズ 3D』(発売週6.0万本/累計14.0万本)の累計販売数を上回るセールスを記録しました。

 3位には、2007年にDSで発売された『テイルズ オブ イノセンス』をPS Vita用にフルリメイクした『テイルズ オブ イノセンス R』がランクイン。販売実績は5.3万本、店頭消化率は70%前後となりました。この他の新作では、PS3『アイドルマスター アニメ&G4U!パック Vol.4』とPSP『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』がトップ10内に初登場。旧作では、『マリオカート7』『モンスターハンター3(トライ)G』『スーパーマリオ 3Dランド』の3DSタイトルが引き続き順調に販売実績を伸ばしています。(アスキー総合研究所)

順位

前週

機種

タイトル名

メーカー

発売日

推定
販売数

累計
販売数

1

-

PS3

アーマード・コア V

フロム・ソフトウェア

12/01/26

180,225

180,225

2

-

3DS

バイオハザード リベレーションズ

カプコン

12/01/26

158,012

158,012

3

-

PSV

テイルズ オブ イノセンス R

バンダイナムコゲームス

12/01/26

52,989

52,989

4

1

3DS

マリオカート7

任天堂

11/12/01

31,944

1,430,120

5

2

3DS

モンスターハンター3(トライ)G

カプコン

11/12/10

29,133

1,177,686

6

3

3DS

スーパーマリオ 3Dランド

任天堂

11/11/03

26,411

1,293,400

7

-

X360

アーマード・コア V

フロム・ソフトウェア

12/01/26

20,508

20,508

8

-

PS3

アイドルマスター アニメ&G4U!パック Vol.4

バンダイナムコゲームス

12/01/26

17,040

17,040

9

4

3DS

リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産

セガ

12/01/19

14,365

44,013

10

-

PSP

機動戦士ガンダム 木馬の軌跡

バンダイナムコゲームス

12/01/26

8,917

8,917


(アスキー総研調べ)

※本データに関するお問い合わせはアスキー・メディアワークスまで。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。