News

2012年2月14日(火)

『ラ・ピュセル』10周年記念キャンペーン開幕で新川社長が当時を振り返る! 豪華読者プレゼントも!!

文:電撃オンライン

『ラ・ピュセル†ラグナロック』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 2012年1月31日で10周年を迎えた、日本一ソフトウェアのS・RPG『ラ・ピュセル』。電撃オンラインではお祝いの意味を込めて、特別企画“あのタイトルを振りかえる! 電撃オンライン出張版”や読者プレゼントをお届けする。

 『ラ・ピュセル』は、数々のやり込み要素が楽しめるシミュレーションRPG。2002年1月31日に1作目にあたるPS2『ラ・ピュセル 光の聖女伝説』がリリースされ、2004年10月21日にはBest版のPS2『ラ・ピュセル 光の聖女伝説 2周目はじめました。』、2009年11月26日にはPSP『ラ・ピュセル†ラグナロック』が発売された。

 PSPへの移植にあたり、新規シナリオやエクストラボスが追加され、システムも改良、さらにフルボイス仕様となった。『ラ・ピュセル†ラグナロック』の概要を以下で紹介していく。

『ラ・ピュセル』 『ラ・ピュセル』 『ラ・ピュセル』 『ラ・ピュセル』

■『ラ・ピュセル』のゲーム内容をおさらい!

† プロローグ †

聖パプリカ王国に存在する二大教会
“聖女会”と“聖母神教会”。
この2つの教会は、人々の信仰の拠りどころとなっていました。

闇の王子と戦った光の聖女を女神ポワトゥリーヌと同様に信仰する“聖女会”
愛と正義と平和を教義とする“聖母神教会”

幼くして両親をなくしたプリエとキュロットの姉弟は
4年前に聖女会に入信しました。
そしてこの春、プリエとキュロットは
悪魔祓(ばら)いを専門に行うシスター“ラ・ピュセル”の資格を得て
新人ラ・ピュセルとして羽ばたくことになりました。

そんなプリエには大きな夢がありました。
それは女神ポワトゥリーヌに選ばれし奇跡代行者
“光の聖女”になることでした。

『ラ・ピュセル』

† 主要キャラクター †

プリエ(CV:中原麻衣)キュロット(CV:水橋かおり)
『ラ・ピュセル』 『ラ・ピュセル』
▲この春に悪魔祓いとしての資格を得た、16歳の新人ラ・ピュセル。光の聖女にあこがれる、行動派でおてんばな女の子だ。▲プリエの弟で、新人ラ・ピュセル。謙虚でまじめなため、いつもプリエに振り回されている。アルエットに恋心を抱いている。
『ラ・ピュセル』
▲くるくると表情が変化するドット絵も、『ラ・ピュセル』の魅力の1つ。動揺するプリエ、殴るプリエなど、ドットのキャラクターたちがイキイキと動き回る。

† 戦闘システム †

 戦闘パートでは、3Dマップ上でユニットを操作して戦う。移動はマス目単位で、キャラクターごとに行動を選択して実行していく。バトルに突入すると画面がサイドビューに切り替わり、バトンで殴るプリエ、敵にリンゴを投げつけるキュロットなど、画面上をイキイキと動き回るキャラクターたちの様子が楽しめる。

『ラ・ピュセル』

† PSP版の特徴 †

 PSP版には、PS2版にはなかった新シナリオ・魔王プリエ編が登場する。魔王プリエ編は、本編に沿った形で展開する全4話構成の書き下ろしシナリオ。光の聖女を目指していたはずのプリエが、なぜか魔王への道を歩むことになる物語だ。

 また『ディスガイア』シリーズでおなじみのラハール、フロン、エトナ、プリニーがエクストラボスとして登場。さらに、全編にわたってフルボイスとなった。

『ラ・ピュセル』

→次のページでは、“あのタイトルを振りかえる!”電撃オンライン出張版をお届け
(2ページ目へ)

(C) 2002-2009 NIPPON ICHI SOFTWARE INC.

1 2 3

データ

▼『ラ・ピュセル†ラグナロック』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:SRPG
■発売日:2009年11月26日
■希望小売価格:4,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版)』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:SRPG
■発売日:2009年11月26日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ラ・ピュセル†ラグナロック』ダウンロード版
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2010年2月25日
■価格:3,800円(税込)
※2月14日~3月5日の期間限定で3,000円(税込)となる。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。