News

2012年2月14日(火)

『ラ・ピュセル』10周年記念キャンペーン開幕で新川社長が当時を振り返る! 豪華読者プレゼントも!!

文:電撃オンライン

『ラ・ピュセル†ラグナロック』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

■あのタイトルを振りかえる! 電撃オンライン出張版

『ラ・ピュセル』

 日本一ソフトウェアの公式サイトで展開中のコーナー“あのタイトルを振りかえる!”。これまでに発売した同社のタイトルを、当時の開発スタッフが改めて振り返るというコーナーだ。なんと、この電撃オンライン出張版が実現! 日本一ソフトウェア代表取締役社長・新川宗平氏に、『ラ・ピュセル』について振り返っていただいた。また、電撃の編集者も『ラ・ピュセル』について振り返っているので、あわせてご覧いただきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●新川社長が『ラ・ピュセル』を振り返る!

――当時の苦労話

 『ラ・ピュセル』が発売されてからもう10年も経ちますか。いや、時間が流れるのは早いものですね。『ラ・ピュセル』の開発が始まったのは、ちょうど『マール王国』シリーズの3作目『天使のプレゼント』が終わったころで、次は新作にしようと意気込んでいた時でした。初めて手掛けるシミュレーションRPGで苦労の連続でしたが、今改めて振り返ると、『ディスガイア』シリーズの基礎になったシステムもたくさんあり、『ラ・ピュセル』があったからこそ、今の日本一ソフトウェアがあるんだなぁとしみじみ思います。『ディスガイア』シリーズから入ってきてくださった方は、ぜひ一度、この『ラ・ピュセル』も試してみてください。『ディスガイア』シリーズにもないシステムもいくつかあり、私自身、ゲームシステムとしてはいまだに気に入っています。

――今だからできる裏話

 誰も信じてくれないでしょうけど、最初の企画はなんと“シューティングRPG”だったんです。教会をカスタマイズして要塞にするとか、いろいろとブッ飛んだ内容でした。その後、『魔界戦記ディスガイア』『ファントム・ブレイブ』と立て続けに新作を開発したわけですが、いずれも最初はシューティングRPGからの企画スタートでした。うーん、あれがそのまま発売されていたら、今ごろ日本一ソフトウェアはどうなっていたんでしょうかねぇ……?

『ラ・ピュセル』
▲日本一ソフトウェア代表取締役社長・新川宗平氏

●電撃の編集者が『ラ・ピュセル』を振り返る!

 オリジナルのPS2版が発売されたのは2002年1月31日ということで、実に10年以上が経過。ヒロインのプリエ役の声優・中原麻衣さんもデビューまもないころ(当時からかわいかった!)で、そんな経験が浅い新人声優さんに「ヤキブター!」など意味不明なかけ声をアフレコさせる日本一ソフトウェアさんに惚れ直したものでした。

 そしてRyojiさんが描くプリエの“バディ”! 最初にイラストを見た時「ムッチムチなんてレベルじゃねーぞ」みたいに思ったりしたものですが、ゲームになって、日本一ソフトウェアさんお得意のドット絵に落とし込まれて、さらに中原さんの声が付いて画面内で生き生きと動き出すと、「この“バディ”があってこそのプリエだよな~」と納得したものでした。

 ゲームの要である戦闘についても『ディスガイア』の前身ともいえるもので、連携、浄化といったシステムに当時新鮮な驚きを感じ、そしてハマったことを覚えています。ハチャメチャなキャラクターと、同じくハチャメチャだけどどこか優しいストーリー、斬新なゲームシステムなど、今に続く日本一ソフトウェアのテイストの礎を築いたと言っていいのではないでしょうか。同社を語る上で外せない作品だと思います。(電撃PlayStation ねぎとろ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 “ラ・ピュセル”の一員として、悪魔払いにはげむS・RPG。頭を使うけど難しすぎないというよくできたシステムの上に、アイテム育成や合成などのやりこみもたっぷりあります。よく動き、よく遊べ、よく笑えるというのは、いまや日本一ソフトウェアの十八番(おはこ)となっていますが、それはこの作品から始まったと言っても過言ではない! と思います。

 物語は、聖女を目指すプリエを中心にのんきに展開していきますが、徐々に“聖女と悪魔”という少々シリアスなストーリーになっていきます。王道でもあり、フックも効いているシナリオで、遊んでいて気持ちがいいのが印象的でした。また、グラフィックのよさに加えて、音楽もすごくいい。S・RPGというと構えてしまう人もいるかもしれませんが、チュートリアルも用意されているので、世界観や見た目で入った人でも楽しめるかと。

 今回、このテキストを書くにあたり、ひさびさにPSP版をプレイしましたが、何年たってもおもしろいものはおもしろいですね。まだ本作を遊んだことがない人は、まずはPlayStation Storeで配信中の体験版をプレイしてみてはいかがでしょうか。それでおもしろければ、店にダッシュするか、ダウンロード版もありまっせ!(電撃オンライン kbj)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ラ・ピュセル』
▲作曲家・佐藤天平氏

 なお、本家の“あのタイトルを振りかえる!”コーナーでは、『ラ・ピュセル』のサウンドを手掛けた作曲家・佐藤天平氏のコメントが2月下旬に公開予定。ファンは、そちらもお楽しみに!

→次のページでは、キャンペーンや読者プレゼントの
情報をチェック!(3ページ目へ)

(C) 2002-2009 NIPPON ICHI SOFTWARE INC.

データ

▼『ラ・ピュセル†ラグナロック』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:SRPG
■発売日:2009年11月26日
■希望小売価格:4,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ラ・ピュセル†ラグナロック(限定版)』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:SRPG
■発売日:2009年11月26日
■希望小売価格:6,980円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『ラ・ピュセル†ラグナロック』ダウンロード版
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PSP
■ジャンル:S・RPG
■発売日:2010年2月25日
■価格:3,800円(税込)
※2月14日~3月5日の期間限定で3,000円(税込)となる。

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。