News

2012年2月26日(日)

“愛美チャレンジ”がまさかの展開に!? 本日開催された“アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版”をレポート

文:電撃オンライン

 本日2月26日に、東京・池袋にあるオートサロン アムラックス東京で、『アイドルマスター』とのコラボレーションイベント“アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版”のステージが開催された。

 イベントには、中村繪里子さん(天海春香役)、平田宏美さん(菊地真役)、浅倉杏美さん(萩原雪歩役)、沼倉愛美さん(我那覇響役)の4人が出演。TVアニメ内で765プロのアイドルたちが繰り広げた“生っすか!?サンデー”を、“生”で行うという内容が展開した。

 イベントが始まると、まず出演者たちが、“「生っすか!?」と適当なタイミングで投げかけるので、毎回「サンデー!」とコールを返してほしい”と客席のプロデューサーたちにお願い。早速コールの練習を何度も行い、テンションが上がったところで最初のコーナーに突入した。

“アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版” “アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版”

 最初のコーナーは、劇中で響が行っていた“響チャレンジ”にちなんだもので、その名も“愛美チャレンジ”。だが、元気よくコーナー名を読み上げた出演者の中で、1人だけきょとんとした顔を浮かべる人物が。どうやら、当人である沼倉さんは他の3人とは違う台本を渡されていたようで、普通にトークコーナーが始まると思っていたらしい。サプライズが見事に成功し、半笑いを浮かべる沼倉さんに、中村さんから歩数計が手渡される。チャレンジの内容は、“ステージが終わるまでに歩数計のカウントを1,000にする”というもの。「ステージ上では、響のように走れないから」という理由でこの内容に決まったそうだが、出演者たちがトークする横で歩数計を身に付けて走ったり踊ったりする姿はかなりシュールだ。沼倉さんは戸惑いながらもチャレンジを承諾。しかし歩数計を付けると思ったよりノリノリで、“愛美チャレンジ”がスタートした。

“アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版” “アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版” “アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版”

 沼倉さんがけん命に歩数計のカウンターを増やす横で、ステージは次のコーナーに。PS3用コンテンツ『アイドルマスター グラビアフォーユー!(G4U!) VOL.5』を使い、2人1組のペアでステキな1枚を撮るという対決コーナーだ。コントローラを握る側が目隠しをして、もう片方が指示を出すというスイカ割りのようなルールになっていた。チーム分けは、平田さん&沼倉さんと、中村さん&浅倉さん。先攻は平田さんチームだ。キャラクターは、BD5巻のジャケットにちなんで律子と千早が選ばれた。

 このチームは、平田さんが指示を出し、沼倉さんがコントローラを担当。最初からかなりいい構図になるが、律子の胸元を激写しようと平田さんが欲張った結果、カメラはあらぬ方向へ旅立ってしまう。だが、プロデューサーたちからのサポートもあり、かなりカワイイ1枚を収めることに成功!

“アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版” “アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版”

 後攻は、中村さんチーム。浅倉さんは「繪里子さんを信じてますから!」と熱い視線を中村さんに送り、自らコントローラ役を志願する。しかし、「まず、千早の正面に回り込んでください!」という中村さんの適当な指示で、いきなり千早が画面から消えてしまう。奮闘する浅倉さんだったが、残念ながらその後千早が再び画面の真ん中に姿を見せることはなく、窓をナナメに写した1枚ができあがってしまう。

“アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版” “アムラックス×アイドルマスター 生っすか!?サンデー出張版”

→写真の判定の結果は――!?(2ページ目へ)

(C)NBGI/PROJECT iM@S
(C)窪岡俊之 (C)NBGI

1 2

関連サイト

『アイドルマスター』特集ページにアクセス!

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。