News

2012年3月14日(水)

ネットを通じた協力プレイ&対戦プレイの魅力が満載! PS Vita『サムライ&ドラゴンズ』CBTレポ後編

文:電撃オンライン

『サムライ&ドラゴンズ デラックスパッケージ版』の購入はこちらから

Amazon.co.jp

 どうも、ライターの原常樹です。PS Vita用ソフト『サムライ&ドラゴンズ』のクローズドベータテストレポートの後編をお届けします。

 さて、レポート前編では、ゲームの基礎的な流れを紹介しました。後編では、本作品が“オンラインゲーム”であるがゆえの魅力について語っていきたいと思います。

■領土を拡大するのも楽じゃない!?

 前編では、国の発展、ダンジョンの探索、そして魔獣カードを手に入れるという流れを紹介しました。「では、具体的にゲームの目的は何なのか?」と疑問に思うプレイヤーも多いかもしれません。ズバリその答えは、「舞台となる大陸に散在するデブリズタワーを占拠すること」です。ゲーム期間の終了時に、どのプレイヤーよりも多くデブリズタワーを占拠しているプレイヤーが勝者になる、という仕組みなんですね。もちろん、まったりプレーするのも領主の自由ではありますが、本当の意味でこのゲームで勝ちたければ、“魔獣を使って軍備を増強し、ドンドンマップを占拠していく”という必要があるわけです。

 対外戦略の要となる兵士は、前回のレビューでも説明した通りダンジョンでゲットした魔獣カード。基本的に、彼らに割り振られている兵士数は少なめですが、これは資源を使うことで増強することができます。

 魔獣にはそれぞれコストがあり、強い魔獣ほどその値が高くなっています。最初は1部隊につき2体のモンスター、それも合計4.5コストまでしかモンスターを配置できないため、下手に3.5コストや4コストの魔獣を1体置くと、それ以上のモンスターを置けなくなるというリスクもあります。実際、筆者もベータテストでは、1.0コストの魔獣が手に入れられなかったため、3.5コストの魔獣を部隊に組み込むのは諦めました(涙)。

 また、魔獣はそれぞれ獣族、不死族といった具合に7つの種族にカテゴライズされており、街に“ラボ”を建設して研究をするまでは、その種族の魔獣をデッキに編成することができません。そりゃ、わけのわからん魔獣を自分の配下にできないのは当然ですが、研究するにもそれなりの資源がかかるワケで……。さらに魔獣を雇うことができたとしても、その数に応じて「自動的に糧が減っていく」というのもミソ。大部隊を編成すればするほど、その消費量も激しくなっていきます。

 先立つモノがない者は戦争をする資格はない──そんなリアルな国取りシチュエーションがここにはありました。

『サムライ&ドラゴンズ』 『サムライ&ドラゴンズ』
▲強い魔獣をゲットしても、そのまま部隊に反映させられるわけではありません。武将族や魔族を扱うには、しっかりした研究施設が必要に。トホホ。

 ……とまぁ、難しそうなことを言ってきましたが、実は近隣のレベルの低い土地を占拠するぐらいであれば、ダンジョンで拾ってきたばかりのカードで急増の部隊を組んでも問題ありません。

 具体的に土地を占拠する条件は“自分の領地と隣接(斜め可能)をしていること”、そして“部隊を派遣してその土地にいる魔獣軍団を撃破すること”。レベル1の土地にいる魔獣は弱いので、よほどのことがなければ占領できるでしょう。

 まずはこの辺りを足がかりにしつつ、派遣した魔獣に戦闘経験を積ませてレベルアップ(もちろん、ステータスも上がります!)をさせていくのがセオリーになりそうでした。ちなみに、土地のレベルが上がると一気に魔獣も強くなります……。「オレの部隊、強くなったぜ!」とレベル3の土地にドヤ顔で自慢の部隊(300体ほど)を送り込んだら返り討ちにあった時は、さすがに呆然となりました(笑)。

『サムライ&ドラゴンズ』 『サムライ&ドラゴンズ』
▲プレイヤーが支配できる領地の数は時間経過で増えていきます。いきなりバシバシと侵略できるわけではありません。地道にコツコツ侵略しましょう。

 慣れれば領地拡大は難しい作業ではなくなるのですが、その作業を続ければ当然ながらいつかは周りのプレイヤーとぶつかることになります。そうなった場合は、持っているすべての戦力をぶつけ合っての総力戦になるはず。幸いにもクローズドベータテスト期間中は、筆者の周りのプレイヤーは穏健派の方々ばかりで戦争が起こらなかったのですが、正式サービスがスタートしたらこの辺りは避けられないでしょう。

 当面の戦争を回避したいのであれば、近隣のプレイヤーと同盟を締結するなどの対応策が必要になってきます。実際、今回のプレーでは『電撃PlayStation』の同盟に所属したのですが、同盟メンバーの1人が『週刊アスキー』同盟に襲われるという事態が発生! さらに他の同盟メンバーが部隊を派遣して、ともに戦うというオモシロイ(?)シチュエーションが!!

 「これは自慢の部隊を派遣して活躍チャンス!」とばかりに援軍を試みたんですが、実際に部隊の準備をしていると“到着までに54時間”というとんでもない表示が……。そんなに時間がかかったらベータテストの期間自体が終わっちゃうじゃないか──とついツッコミを入れたくなりました(笑)。

 そう、部隊を派遣するにしてもどこにでも一瞬で行かせることができるわけではないんです。遠く離れたプレイヤーに部隊を送るためにはそれなりの時間がかかってしまうんですね。同盟を組むのであれば、ある程度近場でないと不便かも……。友人と一緒に始めたい人は、ある程度、スタート位置をすり合わせておいたほうがいいのかもしれません。

→次のページでは、マルチプレイの楽しさをお伝えします!(2ページ目へ)

(C)SEGA (C)柴田ヨクサル/集英社
※『サムライ&ドラゴンズ』はオンライン専用タイトル。

1 2

データ

▼『サムライ&ドラゴンズ デラックスパッケージ版』
■メーカー:セガ
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:アクション
■発売日:2012年5月24日
■希望小売価格:3,800円+税

Amazon.co.jp で詳細を見る

▼『サムライ&ドラゴンズ』無料ダウンロード版
■メーカー:セガ
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ACT
■発売日:2012年3月29日
■価格:基本無料(ゲーム内課金)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。